FC2ブログ

日本人の縄文思想と稲作のルーツ

最近のDNA報告や遺跡等の物的情報から日本古代の真相に迫ります。
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

北東北に弥生時代は無かったのか

関東・東北の水田稲作開始時期


北東北に弥生時代は無かったのか(関東・東北の古代)

東北地方の弥生時代、特に水田稲作の普及について検討してきました。そして、東北、特に北東北3県(青森、秋田盛岡)は冷涼気候のため稲作定着が遅れたと推察しました。

このためなのか、北東北では縄文時代が長く続き、弥生時代が無かったとも言われております。

関連し、今回は、「北東北に弥生時代は無かったのか」について愚考します。

まず、関東と東北は縄文時代中期、5000年前頃、人口が増え、発展しました。この時期は三内丸山全盛時代で交易も活発だったことが分かっています。おそらく、関東と東北には縄文時代の交易網があり、海と陸で繋がっていたと観ることができます。

そして、弥生時代に入りますが、弥生時代の特徴として、農耕(特に水田稲作)の導入、鉄器の導入、弥生土器の導入などがあります。

東北の最初の水田跡としては、青森県の「砂沢遺跡」(2500年前)と「垂柳遺跡」(2200年前)が知られております。「砂沢遺跡」には水田を作った後に放棄された様子があり、このため、次の「垂柳遺跡」が東北最初の稲作と言われております。

これら水田稲作遺跡は、水田稲作技術が西日本より僅かに遅れて伝わっていたことを示します。しかし、冷涼気象という問題があり、実際には普及しなかったのが真相と思われます。

さらに、弥生時代の特徴として、鉄器導入があります。2500年前の「砂沢遺跡」は、鉄製農具なしでの建造は考えられませんので、鉄器はそれ以前からあったと推察されます。因みに、北九州には3000年前頃から鉄製農具のあったことが知られております。

また、畑作は縄文時代からあったことが知られておりますが、畑作に慣れていた人々は鉄製農具が導入されると、さらに、畑作がしやすくなったと思われます。弥生時代遺跡から、大麦、黍、粟等の畑作物が出土しておりますので、これらの遺物は鉄製農具を使った農耕の結果として観ることができます。

最後に弥生式土器等ですが、例えば「盛岡市の歴史」によれば次のとおりです。

弥生文化の始まり

西日本で稲作農耕が広まり弥生文化が成立すると同時に,その影響は東北北部にまで急速に及びました。青森県では,弥生時代前期・中期の水田跡が発見されるとともに,西日本に特徴的な「遠賀川式(おんががわしき)」と呼ばれる大形の壺形土器が出土しています。

盛岡では弥生時代の遺跡の発見が少なく,水田跡も見つかっていませんが,中津川地区の向田(むかいだ)遺跡からは弥生時代前期(約2300年前)の「砂沢式(すなざわしき)」とよばれる高坏(たかつき)形土器が完形で出土していて,弥生文化が早くから伝えられていたことを知ることができます。同じ時期の土器は,都南地区の手代森(てしろもり)遺跡からも出土しています。

繋(つなぎ)遺跡からは,ひとつの穴にほぼ完形の壺形土器と甕形土器が埋納された状態で発見されていて,弥生時代中期の東北南部以南に特徴的な「再葬墓(さいそうぼ)」と考えられ,人や文化の交流をうかがうことができます。
(引用終了)

この盛岡市の情報をまとめますと、弥生文化は2300年前という弥生時代中期から伝わっており、青森県の「砂沢遺跡」(2500年前)の水田跡から想像しますと、2300年前以上から、弥生文化は東北地方に伝わっていたことになります。

まとめますと、東北、特に北東北では、冷涼気候のため、水田稲作の定着は遅れましたが、縄文時代からの交易網があり、弥生文化の特徴である農耕(畑作)、鉄器、弥生土器は2500年前頃から伝わっていたのが真相と思われます。

そして、北東北の弥生時代は畑作中心であり、これが古墳時代まで続き、余剰農産物が少なく、このため古墳建造は少なかったと推察されます。

関連し、弥生時代の東北の水田稲作普及の様子を上トップ図に示しました。

なお、北東北3県の水田稲作定着時期ですが、まだ不明です。水を温めるための池等の施設は弥生時代にあったことが知られていますが、それでも不十分で、おそらく、そうした溜池技術を入れても、古墳時代の稲作栽培北限は、秋田南部、岩手南部辺りまで、しかも普及面積はわずかというのが実体だったと思われます。

そこで、拙ブログでは、移植技術が導入された時が北東北での稲作定着時期と推察していますが、おそらく、それは平安時代後期と思われます。移植では代掻きという水と土をかき混ぜ床土を柔らかくすることが必要ですが、それは同時に漏水を防ぎます。この技術を使えば、田植え後、水を温め、稲の生育を促進させることができます。

詳しくは、「田植えの始まりは平安時代後期か」を参照願います。



日本史ランキング
スポンサーサイト



[ 2019/12/10 08:58 ] 関東・東北の古代 | TB(-) | CM(0)

東北の水田稲作は福島から始まった

東北県別の古墳時代遺跡数と弥生時代遺跡数の割合


東北の水田稲作は福島から始まった(関東・東北の古代)

前回、東北に水田稲作情報が入ってきたのは2500年前と早かったが、実際の稲作開始時期は600年遅れの1850年前頃であったと推定しました。

一方、関東の中山間部においては弥生時代に畑作が多かったことを先に指摘しましたが、水田稲作の遅れた東北も同じ状況だった可能性があります。

そこで、今回は、先に検討しました「弥生時代の関東・中部地域の水田作と畑作の割合」と同方法により、東北各県について、弥生時代の水田稲作と畑作の割合について検討し、東北の水田稲作は福島から始まったことについて愚考します。

その前回の方法ですが、「古墳時代遺跡数/弥生時代遺跡数」を算出し、その値が大きいと、弥生時代の水田稲作が発展し古墳が多くなったと判断し、水田稲作の割合が多かったと判断します。逆に、その値が小さいと水田稲作の割合が少なく畑作が多かったと判断します。

データは、「文化庁の参考資料: 平成24年度 周知の埋蔵文化財包蔵地数」を使い、東北各県と隣接する北陸北部(新潟)と関東2県(茨城、栃木)を加えて検討しました。

まず、使ったデータは下表のとおりです。東北では、縄文時代遺跡数は岩手県が最大、弥生時代と古墳時代の遺跡数は福島県が最大です。

東北と隣接県の古代遺跡数

そして、各県の弥生時代遺跡数と古墳時代遺跡数の関係は下図のとおりです。この図では、東北では福島だけが飛びぬけて両遺跡が多く、北関東(栃木、茨城)並みの遺跡数となっています。このことは、福島は関東とほぼ同時代に弥生時代、そして古墳時代が始まったことを示唆します。

東北の弥生・古墳時代遺跡数

前々回、福島、栃木、茨城は言葉が似ていて、これら3県は古代から同じような地域だったことを推察しましたが、それは当たっていると思われます。

次に、県別の「古墳時代遺跡数/弥生時代遺跡数」の値の棒グラフを上トップに示しました。

この図から東北は、「古墳時代遺跡数/弥生時代遺跡数」の値が小の北東北3県(青森、岩手、秋田)、中から大の3県(宮城、山形、福島)に分けられます。

また、この結果から、北東北3県は、寒冷地のため稲作が不適地だったことが示唆されます。すなわち、稲作不適のため畑作の方が多かったと判断されます。そして、稲作適地は南東北の福島、中間は山形と宮城と判断されます。

前回、東北は1850年前頃に水田稲作が開始したと推察しましたが、福島の発展が関東とほぼ同じであったことから推察しますと、福島で稲作が始まったのは関東と同時期で2050年前頃、しかし、冷涼気候の関係から、福島を除く東北各県は稲作の定着が遅れたと見るのが妥当と思われます。

まとめますと、東北の水田稲作は、まず福島県で定着し、その流れで古墳も多く作られました。そして、北に行くにつれ、冷涼気候になっていくため水田稲作の適地でなくなり、余剰農産物は少なく、古墳建造も少なくなった、と思われます。なお、水田稲作が少ない県は、代りに畑作が多かったことが予想されます。

次回は、北東北の弥生時代について検討します。



日本史ランキング
[ 2019/12/05 09:09 ] 関東・東北の古代 | TB(-) | CM(4)

東北における水田稲作普及は冷涼気候のため遅れた

東北、北陸、関東の古代人口推移


東北における水田稲作普及は冷涼気候のため遅れた(関東・東北の古代)

すでに紹介してきましたように、水田稲作は生産性が高く、水田稲作が普及すると人口が増大することが知られております。しかし、東北においては、水田稲作が何時始まり、どのように発展にしていったのかは、ほとんど報告がありません。

関連し、今回は東北の水田稲作開始時期について愚考します。

方法は、「関東の稲作開始時期」と同じで、人口が停滞から増大する時期を稲作開始期としました。

解析のために用いた古代の東北の人口はKoyama (1978)のデータによりますが、比較に関東と北陸を加え、下表に示しました。

また、この表を基に3地域の年代と人口増加の関係を上トップに示しました。

東北、北陸、関東の古代人口

東北では、2000年前頃から人口が緩やかに増大します。そして、1500年前頃から、増大が大きくなります。

北陸も、人口は2000年前頃から人口が緩やかに増大します。しかし、増大は1700年前頃から急激になり、東北よりも少なかった人口は1700年前には逆転し東北よりも多くなります。

水田稲作で何故人口が増えるのか」について既に紹介しましたが、東北と北陸のこうした人口増大は、水田稲作が普及したためと予想されます。そこで、この人口がより急速に増加に転じる年を稲作開始期としますと、次のとおりです。

まず、上トップ図で人口が増加に転じる時期を拡大しますと下図のとおりです。

東北、北陸、関東の稲作開始時期

関東の人口増大開始時期は2050年前で、この頃が稲作開始期と思われます。関東の最古の稲作遺跡は神奈川県の「中里遺跡」ですが、これは2100年前の遺跡ですので、この予想はほぼ当たっていると思われます。

同じ方法で予想しますと、東北の人口増大時期は1850年前です。稲作はその頃に開始されたと思われますが、この時期は西日本では弥生時代晩期、邪馬台国時代前の時期に当たります。

東北の最初の水田跡としては、青森県の「砂沢遺跡」(2500年前)と「垂柳遺跡」(2200年前)が知られております。2500年前の「砂沢遺跡」では水田を作った後に放棄された様子があり、このため、次の2200年前の「垂柳遺跡」が東北最初の水田跡と言われておりますが、「垂柳遺跡」の水田も長期間使われた様子はありません。

これらのことから想像しますと、東北では、水田稲作情報は西日本より少し遅れて2500年前頃から伝わっていたが、実際に開始されたのは650年遅れの1850年頃というのが真相と思われます。そして、稲作開始後も人口上昇は緩慢でしたので、水田稲作普及は緩慢に進んだと読み取れます。

一方、北陸は1950年前頃から人口が急激に増大します。このため、東北より人口が少なかった北陸は、1700年前後に人口が逆転します。

当時の稲作は、何度も述べていますが、乾田直播栽培で、乾田(畑地)に播種し、発芽したところで水を入れる方式です。この方式は漏水問題のある中山間地や、初期生育の遅れる冷涼気候に適していません。このため、東北地方、特に北部(青森、秋田、岩手)は気性条件から稲作適地とは言えません。詳しくは「台地になぜ水田稲作が普及しなかったのか」を参照願います。

まとめますと、この冷涼気候という問題から、東北で水田稲作が開始されたのは、1850年前頃、関西と比較し500年以上の遅れ、関東と比較し200年以上の遅れがあったのが真相と思われます。

弥生時代は、稲作民族が来て稲作が急速に全国に普及していった時代と言われてきました。しかし、畑作先行の問題、冷涼気候の問題、さらには乾田直播という栽培法の問題がありました。このため、水田稲作情報は早くから東北に伝えられていましたが、実際は、緩やかに西日本から東日本、そして東北に普及していったのが真相と思われます。

なお、北方稲作には極早生品種が必要ですが、極早生種は自然突然変異でも出現することは知られておりますので、当時から極早生種はあったと理解されます。詳しくは、拙ブログ「垂柳遺跡の早生稲はどこから来たか」を参照願います。

なお、当然のことですが、東北の南部と北部では気候が違いますので、今回の情報は、東北全体を平均して観た場合の値であることは言うまでもありません。関連し、次回は、東北各県の水田稲作普及状況について検討します。



日本史ランキング
[ 2019/11/30 08:44 ] 関東・東北の古代 | TB(-) | CM(0)

大河が古代の関東を分けた

古代の関東を分断した河川と地域方言の形成


大河が古代の関東を分けた(関東・東北の古代)

前回、古墳時代の関東は、群馬グループ、茨城グループ、東京湾グループの3地域に分かれ、それぞれの中心地があったこと、そして、地域を分けたのは大河川であったと推察しました。

関連し、今回は、関東の言葉の違いから、3地域のルーツについて愚考します。

まず、私ことで恐縮ですが、私は福島県中通り(郡山)出身です。茨城県(つくば市)に住んだ時、言葉が同じと言われたことがあります。因みに「おめ、茨城出身か」なんて言われました(笑)。一方、埼玉(鴻巣市)には8年間住みましたが、茨城と言葉が違うことを感じました。

そこで関東方言について調べますと、Wikipediaでは次のとおりです。

関東地方の方言は西関東方言と東関東方言に大別するのが通例である。文法において両者は「ベー」を用いるなど共通点は多いが、音韻、アクセントは大きく異なる。西関東方言は東京式アクセントで東海東山方言や共通語に近いのに対して、東関東方言は無アクセントで中舌母音があるなど、東北方言(南奥羽方言)と連続している。「関東方言」を定義したのは方言学者の東条操[1]だが、都竹通年雄[2]や奥村三雄[3]の区画では関東方言にあたるものはなく、東関東方言は東北方言(南奥羽方言)の中に入れられている。中心都市である東京の方言で関東方言を代表させることがあるが、実際には東京方言は西日本方言的な要素を強く持つなど、周囲の伝統的な関東方言と比較すると特殊な方言である(言語島)[4]。

現代の関東地方の若年層では、旧来の関東方言に代わり首都圏方言(共通語をベースにした新方言)が圧倒的優勢である。関東方言、特に首都圏方言と共通語を混同する例が一部で見られるが、関東方言と共通語はいずれも異なる言語学的概念である。
(引用終了)

このWikipediaの記事をまとめますと、関東方言は大きく3つのグループに分けられ、それは西関東方言(上州弁)、東関東方言(茨城弁)、東京方言(江戸弁?)となる感じです。

前回の記事「関東の古代は3地域に分けられる」、そして、今回の「関東の方言は3地域に分けられる」をまとめますと、この関東方言地域分布は古墳時代の地域分類と一致します。すなわち、関東の地域性は、古墳時代、あるいは、それ以前からあったことになります。

そして、大河は人の移動妨げることは昔から知られていることですが、それらの地域性を作ったのは関東を流れる古代の大河、すなわち、利根川、渡良瀬川、鬼怒川だったと思われます。

関連し、関東方言分布と河川の関係を上トップ図に示しました。

次に、古墳時代の関東の大王について検討しますと、前回指摘のように関東全体をまとめるような大王は出現しませんでした。その理由には次のことが考えられます。

まず、古墳時代末期の7世紀に、北九州の倭国が白村江の戦い(663年)に唐に敗れて滅び、大和朝廷に取り込まれました。これは、関東と関係のあった倭国が滅び、北九州を含む西日本全体が統一されるという画期的事件でした。

そして、その直後、巨大化した王権の支配をめぐり日本を東西に分けた大戦争(壬申の乱 672)が起こりましたが、その戦いを制した天武天皇(在位:673-686年)が登場します。天武天皇は地方の豪族の支援のもとに即位し、事実上、強大であり、初めて天皇と名乗ります。

この結果、関東の各大王は、倭国という後ろ盾を失い、かつ強大な大和政権を前にして、しだいに大和政権に取り込まれていったのが真相と思われます。すなわち、関東をまとめる大王出現前に、関東は大和朝廷に取り込まれていったことになります。これらの関係を下図に示しました。

なお、白村江の戦いですが、詳しくは、拙ブログ記事「白村江の戦いの真実、日本書紀は創作」を参照願います。次回は、東北の弥生時代について愚考します。


古墳時代末期と関東


日本史ランキング
[ 2019/11/25 09:37 ] 関東・東北の古代 | TB(-) | CM(0)

古墳時代の関東の中心地愚考

関東の古墳時代の各県遺跡数


古墳時代の関東の中心地愚考(関東・東北の古代)

北九州や畿内よりも関東に古墳数が多いことを前回検討しました。しかし、日本の古墳時代については西日本中心の解析が多く、関東の古墳時代については検討が少ない印象を受けます。このためか、関東の古代については、その中心地さえも不明です。

おそらく、大王が居たところが中心地と思われますが、今回は、関東の古墳時代の大王墓と中心地について愚考します。

まず、文化庁の参考資料: 平成24年度 周知の埋蔵文化財包蔵地数によれば、関東各県の古代遺跡数は下表の通りです。

関東各県の古代遺跡数

そして、古墳時代遺跡数を上トップ図に示しました。

これらのデータから、古墳時代遺跡数が最も多いのは群馬県になります。そして、「関東の大王は太田天神山古墳に眠っている」で紹介しましたが、関東最大、全長210mの太田天神山古墳が群馬県にあります。さらに、碑文入り鉄剣が見つかったのはその近くの埼玉古墳群です。

これらのことから想像しますと、関東の中心地の一つは群馬~埼玉の平野部辺り一帯と思われます。事実、群馬~埼玉は平野部でつながっており、両県の古墳数は合わせると関東最大で、この地帯が古墳時代関東の最大の中心地だったと思われます。その意味で、関東最大の天神山古墳は象徴的存在と思われます。

次に、2位の茨城県ですが、関東で2番目に大きい全長186mの舟塚山古墳(石岡市)があります。また、その近くの南東の行方(なめかた)市の三昧塚(さんまいづじか)古墳からは八頭馬形飾金銅冠が出土しており、この冠を被った地域の王が居た可能性があります。

隣に栃木県がありますが、両県を遮るものはなく平坦な大地でつながっていることから想像しますと、茨城と栃木を合わせた古墳時代遺跡は、群馬・埼玉に続いて多く、茨城・栃木は関東第二の中心地だったと思われます。

以上、関東の中部平原地帯は東西の2地域に分けられますが、この地域を分けたのは利根川や鬼怒川の大河川だったと思われます。

次に、古墳数3位の千葉県があります。大古墳は認められませんが、芝山古墳など特徴ある埴輪出土の古墳があり、独自の勢力があったことを感じさせます。

もともと、近くの東京湾一帯は、旧石器時代~縄文時代に貝塚が全国一多いところで、長期に渡って人類の足跡のある地域です。そして、弥生時代になると、稲作に有利な平野部の多い千葉県北部に中心地が移動したと思われます。

しかし、千葉県の北側は霞ケ浦や鬼怒川の大河で分断されており、北側との交流は少なく、独自の発展をした可能性があります。このため地域としての広さに欠け、群馬や茨城のような大王は生まれなかったと思われます。

以上のことから想像しますと、関東の古墳時代は三つの勢力と中心地があったと思われます。すなわち 第一が群馬から埼玉にかけての平坦部と、第二が茨城から栃木にかけての地帯、第三が千葉県など東京湾岸地帯です。そして、これらの地域を分けたのは大河川だったと思われます。

まとめますと、弥生時代に入り、関東の平野部では1世紀頃から水田稲作が発展し、4世紀頃から古墳時代に入り、上記3地域に大王が出現しました。

関連し、これらの関係を下図に示しました。

関東の古墳時代の中心地

なお、この古墳時代の西日本と関東の関係ですが、次のようであったと思われます。

日本の先進地は倭の五王の居た北九州地域でした。そこで、関東のそれぞれ大王は北九州の倭国と関係を持ちました。その遺物が、埼玉で発見された碑文入り鉄剣、茨城で発見された八頭馬形飾金銅冠と思われます。また、後には装飾古墳が入ってきました。

なお、畿内政権ですが、確認できるのは継体王(在位:507-531年)からです。それ以前の記紀に記されている王(天皇)については王宮跡不明、王陵不明、在位期間不明、記録文字(文書)不明で、居たとも居ないとも言えない状況です。詳しくは「空白の時代があったのか」を参照願います。

そして、畿内政権が関東に影響を持つようになったのは、壬申の乱(672年)に勝利し、西日本全体を支配する大王(天武天皇 在位:673-686年)が出現した7世紀末からと思われます。

次回は、これら3地域と言葉の関係について愚考します。


日本史ランキング
[ 2019/11/20 08:55 ] 関東・東北の古代 | TB(-) | CM(0)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR