FC2ブログ
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

倭国(筑紫国)最後の政権は阿毎王権(邪馬台国と日本人)

白村江の戦と倭国滅亡図


倭国(筑紫国)最後の政権は阿毎王権(邪馬台国と日本人)

第 2部 「白村江の戦い」と天武王権 - 日本古代史の復元」に、『 日本書紀』の記す「百済救援」への疑問、という記事があります。その一部を引用しますと次のとおりです。

百済は日 本へ救援を要請する。このとき百済は日 本列島のどの王権に救援を 要請したのであろう か。 『日本書紀』は斉明天皇が百済の要請を受けて筑紫ヘ行ったと書いている。し かし百済が交流をしているのは阿毎王権である。552年に物部尾輿は物部色鹿火から王権を奪い阿毎王権(優国)を樹立する。552年 10月に百済の聖明王は阿毎王権の樹立を祝して釈迦仏の金銅 像・幡蓋・経論等を献じる。阿毎王権の天皇(物部尾輿)は 「 歓喜し、踊り跳 ね」たという。百済と阿毎王権の交流がはじまる。 その直後に百済は新羅と戦争を始める。 百済は樹立したばかりの阿毎王権に軍兵を乞う。(引用終了)

この記事をまとめますと、百済が支援を求めたのは倭国(筑紫国)の阿毎(あま?)王権に対してであり、日本書紀にある斉明天皇でない、となります。関連し、今回は、倭国(筑紫国)最後の政権は阿毎王権であったことについて愚考します。

日本歴史書(日本書紀)には、神武天皇以来、日本は万世一系の天皇政権だけがあったことになっています。

しかし、旧唐書など中国の歴史書によれば、日本には当初、北九州の倭国だけがあったが、遣隋使以降、日本には倭国と日本国(畿内政権)の2国になったことが記されています。

そして、上の引用記事では、『隋書』を引用し、阿毎王権の本拠地は筑紫の鞍手郡であり、筑紫 から豊前までの北九州全域を支配していた大国であったこと、かつ、600年 -632年 まで隋や唐は阿毎王権が 日本を代表する国であると認識して交流していたことを紹介しております。

このことは、北九州の倭国の歴史は、倭の五王のあと、磐井王の時代があり、その後、阿毎王権(552年~663年)の時代が続き、畿内政権と対立していたことを示します。そして、阿毎王権は、663年の白村江の戦いで滅びたことになります。

これらの倭国の歴史を下表に示しました。なお、阿毎王権についてはウェブ検索しますと多数の資料が出てきますが、それらの記事については今回検討しません。

また、関係図を上トップの地図で示しました。

倭国(北九州)の歴史


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/10/20 08:34 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(0)

あすか(飛鳥)には「いい都」の意味がある(日本語のルーツ)

アスカと百済人


あすか(飛鳥)には「いい都」の意味がある(日本語のルーツ)

古代地名で意味不明な読み方(読めない漢字)に百済(くだら)と飛鳥(あすか)があります。いくつかの説がありますが、いずれも納得できる説明はできておりません。

一方、拙ブログでは、百済について、「百済はマレー語のKudara(Brother=兄弟)」と読むと理解ができることを紹介しました。すなわち、マレー系民族の国であった倭国(北九州)の人々は同じマレー系民族の国の百済をKudara(Brother)と呼んでいたことから、百済は日本語読みで「くだら」になった、としました。

今回は、飛鳥(あすか)の読み方のルーツにチャレンジします。

いろいろな情報を総合すると、「飛鳥」は「飛ぶ鳥の都」がもともとの意味のようです。しかし、なぜ、それが「あすかの都」と呼ぶようになったのかが問題になります。

当時、飛鳥の都には百済滅亡と関連し、多数の百済人がやってきたことが分かっています。拙ブログでは、その百済は稲作民族のマレー系民族の国で、マレー語(百済語)が使われていたと観ています。

そこで、飛鳥も百済人の言葉(マレー語)で読むと解答が出るかもしれません。すなわち、日本人が「飛ぶ鳥の都」と呼んでいたのを、百済人が「Asukaの都」と読んでいるうちに、「Asuka(飛鳥)の都」となった可能性があります。

そこで、Asukaをマレー語(百済語)に翻訳しますと次の候補が考えられます。

「あすか」をマレー語で読むと近い言葉に「Ah suka」があります。「suka」は英語で「like」ですので、日本語に訳すと「あーいい(都)」という感じでしょうか。

そこで、百済人が飛鳥の都を「Ah suka」(あーいい都)と呼んだ理由について考察すると次のようなことが考えられます。

当時、百済では戦争が絶えず、ついには、660年、都が異民族ツングースの新羅軍に攻めこまれ滅びました。こんななか、百済を逃れ、飛鳥の都に着いた亡命百済人は、飛鳥の都は戦争がなく、なんて平和なのだろう。まさに「あーいい都」、すなわち「Ah suka」と感じたと思われます。

そして、百済人に対する日本人の思いは次のような感じでしょうか。日本に美しい仏像(仏教)をもたらし、さらには文字ももたらし、百済人は文化人だ。飛鳥を「Ah suka」と呼ぶなら、私たちも「Ah suka」と呼ぼうと日本人のリーダーは思ったのかもしれません。そうしているうちに、「Ah suka」は、現在のアスカ(Asuka)となったと思われます。

なお、小生がマレーシアでマレー語をかじったときの経験ですが、マレー語のsukaは、日本語の「好き」の語源と思いました。因みに、I like you!は、マレー語でAku suka kamu! (アクスカカム)です。sukaは日本人に身近な言葉と思いました。
以上、Asukaの呼称由来愚考でした。

関連し、百済帰化人の流れを上トップの図に示しました。また、下のマンガ絵で笑っていただければ。

アスカはAh sukaの訛り(マンガ絵)


日本史ランキング
[ 2018/10/16 14:46 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(0)

くだら寺とひゃくさい寺の違い愚考(日本語のルーツ)

百済寺の由来


くだら寺とひゃくさい寺の違い愚考(日本語のルーツ)

Yahoo知恵袋(日本史)に百済寺の読み方について質問がありました。引用しますと次のとおりです。

滋賀県東近江市にある百済寺は「ひゃくさいじ」と読みますが、奈良県広陵町の百済寺は「くだらじ」、飛鳥時代にあったとされる百済大寺は「くだらおおでら」(7世紀前半に創建された官寺)、 大阪府枚方市にあった百済寺は「くだらじ」です。

なぜ滋賀県だけ「ひゃくさい」と読むのでしょうか?推古天皇14年(606年)、聖徳太子の建立と寺伝があり、新しいわけではないようです。(引用終了)

今回は、日本語のルーツの観点から、この質問に答えます。

拙ブログでは、百済をクダラと読むこといついて、「マレー語のKudara(Brother 兄弟)」から来ていることを紹介しました。この説では、百済と倭国はマレー系民族の国で、倭国(日本)の人々は百済をKudara(兄弟)と読んでいたことになります。

一方、韓国や中国では百済を漢音読みでヒャクサイ(韓国語でペクチェ)と今でも読んでいます。

そこで、滋賀県東近江市にある百済寺について、その歴史を観ますと、前回の報告でも紹介しましたが、そこは古くから百済帰化人の多いところです。そこへ、さらには亡命移民も加わり、百済人が多いところとなり、その結果、彼らが百済寺を母国(百済)と同じく「ひゃくさい寺」と読んできた経過があると思われます。

一方、奈良県広陵町の百済寺(くだらじ)と百済大寺(くだらおおでら)ですが、日本人(倭人)の多いところですので、一般の読み方のクダラになっていると思われます。

まとめますと、百済をクダラと読むのは日本では普通のことですが、百済からの帰化人が多かった滋賀県東近江市にある百済寺は例外的に彼ら帰化人の読み方が使われてきたと思われます。この関係を上トップの図に示しました。

また、下のマンガ絵で笑っていただければ。

くだらの意味(マンガ絵)


日本史ランキング
[ 2018/10/12 11:21 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(0)

百済亡命移民は何故東国に移されたのか(邪馬台国と日本人)

百済亡命移民の受け入れ


百済亡命移民は何故東国に移されたのか(邪馬台国と日本人)

白村江の敗戦で百済が滅び、多数の百済人が日本に亡命移民したと言われます。関連し、「古代から難民を受け入れた日本人」によれば、次のとおりです。

武蔵の国の百済人入植地記録には、
666年(天智5年)……「百済人男女2千余人東国移住」
684年(天武13年)……「百済人僧尼以下23人を武蔵國へ移す」
(中略)
崩壊した百済の支配層を受け容れるため、国の司を百済人と決め、日本各地の渡来人を東国の武蔵にまとめた記録です。(引用終了)

一方、「移民渡来人ゆかりの地名 」によれば、次のとおりです。

660 百済滅亡                                         
663 白村江の戦いで、日本・百済連合軍大敗                           
666 百済人2千余人を東国に移す                                
668 高句麗滅ぶ                                        
669 近江国蒲生郡に百済人700余人を移す
 滋賀県日野町から東近江市にかけて百済人が配され、旧愛東町には名高い「百済(ひゃくさい)寺」がある。(引用終了)     

                          
以上の2報告をまとめますと、百済の亡命移民者の多くが、666年、辺境の地の東国(関東)に2千余人が写されましたが、669年に、関東から近江に700余人が移されたことになります。

今回は、何故、そのような配置になったのか、その実情について愚考します。

まず、当時の国際状況ですが、百済は唐・新羅連合軍に攻められ、660年に滅びました。また、百済支援に向かった北九州の倭国軍は663年の白村江の戦いで大敗し、倭国も滅びました。

このような状況のなか、亡命移民は当初、友好国の倭国に移ったと思われます。しかし、その倭国が663年の白村江の戦いで敗戦すると、彼らは行き場を失い、畿内政権の管理下に置かれたと思われます。

拙ブログでは、当時、日本には倭国(北九州政権)と日本(畿内政権)があったと観ていますが、以上の結果、倭国が滅び、日本(畿内政権)は残りました。

そこで、残った畿内政権の状況ですが、日本は、遣唐使を第4回(659~661年)、第5回(665~667年)と派遣しており、唐とは友好関係にありました。

また、百済滅亡の戦後処理のため、665年、唐より劉徳高という使節がきており、日本と唐の関係は友好的だった様子が伺えます。むしろ、日本は北九州の倭国が滅び、そのことから日本統一が進んだことを唐と確認した印象を受けます。

以上の状況から百済移民を考慮しますと、彼らは唐と戦った反逆者であり、都の側には置けない存在であり、このため、僻地(関東)に移されたと思われます。

しかし、唐の使節が665年に帰国し、しばらくすると状況は変わり、もとから百済帰化人の多かった近江に住むことが700人に669年に許されたではないかと思われます。この700人は学識があり、有能で、畿内政権で使えそうな人物であったことが推察されます。

まとめますと、百済滅亡の戦後処理として、亡命移民は当初、関東の僻地に移されましたが、しばらくして、状況が落ち着くと、一部の移民に近江の地での移住が認められるようになったのが真相と思われます。

なお、百済人亡命移民は数万人という説もありますが、百済が滅んだ660年の6年後の上記記録、また、百済民衆は百済の支配者層を支持していなかったこと等から見て、2千人程度というのが実情でないかと思われます。

関連し、これらの様子を上トップの図に示しました。


日本史ランキング
[ 2018/10/08 11:34 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(2)

多民族の畿内政権の優位性愚考(日本人のルーツ)

倭国全盛時代の様子(478年)


多民族の畿内政権の優位性愚考(日本人のルーツ)

前回、白村江の戦いが663年にあり、これを機会にマレー系民族の国の百済が滅び、代わりに新羅が朝鮮半島を統一した要因について愚考しました。一方、日本も同じような状況にあったことを今回は愚考します。

朝鮮半島と同じように西日本にも2種の民族が居ました。マレー系民族と日本民族ですが、マレー系民族は北九州に倭国を建設しました。一方、日本民族の中心は畿内にあり、おそらく継体王(在位 507-531)が最初の畿内政権の王と思われます。畿内政権の前は地方大王の時代で、日本を代表する政権は無く、倭国だけが外国に認められた政権でした。

これら二つの国家、倭国と畿内政権の特徴を下の表に示しました。

倭国と畿内政権の特徴

拙ブログですでに紹介しておりますが、マレー系民族の倭国は民族の違いから日本統一は行いませんでした。むしろ、倭国は同じマレー系民族の国の百済支援で忙しかった印象があります。

一方、日本民族ですが、この民族は、アイヌ系、ツングース系、マレー系の混合混血民族でした。すなわち、多様性があり日本を代表する民族です。

こうした日本民族の多様な性格は、朝鮮半島の新羅と同じで、一般民衆の支持を得たと思われます。例えば、マレー系民族ですが、倭国以外にもマレー系民族は日本各地に住んでおりました。しかし、倭国は戦争の多い国という印象があり、おそらく、民衆の倭国に対する人気は弱かったと思われます。

このため、マレー系民族の倭国が滅んだ後、日本各地に居たマレー系民族内でその再建に協力しようとする者は現れなかったというのが真相と思われます。

こうした流れの中で、マレー系民族の倭国は、滅んだ後、日本(畿内政権)に取り込まれていき、日本民族の一部となっていったと思われます。この結果、倭国で使われていたマレー系言語は消えました。

関連し、上トップ図は倭国全盛時代の倭王「武」の時代(478年頃)の様子です。倭王「武」は478年に六国諸軍事暗闘大将軍として中国南朝から認められました。この結果、朝鮮半島南部の任那、伽耶は倭国の管理下に置かれ、かつ新羅は倭国の属国となっていました。

一方、下の図は倭国が滅びるとき(663年頃)の様子です。白村江の戦いに大敗し、倭国王は唐軍の捕虜となり、倭国が滅びました。

倭国滅亡のときの様子(663年)


日本史ランキング
[ 2018/10/04 11:19 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(0)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR