2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

技術立国日本のルーツは縄文時代に(縄文思想と日本人)

三内丸山遺跡と海洋交易

拙ブログでは、日本の技術立国のルーツは縄文時代にまで辿ることができると指摘しております。今回は、そのことについて、少し詳しく考察します。

縄文土器が2万年前頃から発現しますが、人類世界最初の土器であったと評価されています。それは、余った木の実など収穫物の保存を可能にし、また食物の煮炊きを可能にするという画期的な発明です。このため、縄文社会は世界最初の定住社会、あるいは海洋交易社会というものを作りだしました。

世界最古の文明のあけぼのとして、7千年前頃のエジプトやユーフラテスの遺跡が知られていますが、縄文文化というのは、それらよりもはるかに古いことになります。

有名な縄文時代の三内丸山遺跡(5000年前)の調査によると、中国の遼東半島の円筒式土器や北海道の網走の黒曜石まで出土していることが分かっており、縄文時代の日本は広い地域がつながっていたことが分かっています。

北海道の網走から運ばれた黒曜石は、切り味鋭く、魚を切り裂くのに使われたと言われます。ということは刺身のルーツも、ここにあるかもしれません(笑)。

私が最も驚くのは、直径が1mもある栗の木が何本も切り取られ、見晴らし台の柱として利用されていたことです。こんな太い木を当時の技術でどのように切り取ったのか、興味は尽きません。

そして、当時、その最高峰の木材加工技術を使い、世界最大の船が造られ、広い海洋交易が行われたと思われます。

また、その遺跡からは、山ブドウから作られたブドウ酒のようなものもあったことも知られています。さらには、三内丸山の側には広大な栗林が作られ、冬の食糧確保を可能にし、他地域から運ばれた装飾品も多数出土しており、縄文社会が豊かであったことが証明されています。

そして、縄文時代の遺品で私が最も感心したのは、魚の骨から作られた針です。これは長野県の栃原岩陰遺跡から発掘されたものですが、長さ5㎝、幅2㎜の針に1㎜程度の糸を通す穴が空けられていたのです。その精巧さには感心しました。この辺に現在の技術立国の日本の姿がすでに見える感じがします。

そして、その世界最初の土器文化を作った好奇心旺盛な縄文フロンティア精神は、近代にあってはヨーロッパ文化を吸収し、技術立国の日本を作り上げた、と想像することに無理は感じられません。

なお、上の地図は山内丸山縄文遺跡を中心とする交易の様子です。


日本史ランキング

スポンサーサイト
[ 2017/08/20 06:45 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(0)

上からの命令に頼る日本人の性質は変わったか(縄文思想と日本人)

新聞記事ドナルドキーン2017年8月12日

先日(2017年8月12日)の東京新聞2面に「色あせぬ72年前の忠告」と題し、ドナルド・キーン氏の「東京下町日記」が掲載されていました。

上の写真は今回の東京新聞の記事ですが、ドナルド・キーン氏は、戦争中は日本人捕虜の通訳の仕事で日本通になられた方で、彼の記事は、「日本人論」と関連し、いつも興味深いと思っているところです。

その記事では、「日本人が上からの命令に頼る性質を清算しなければ、ある一つの独裁政権から別の独裁政権に移行する可能性がある。連合軍からの布告がなければ何もできないようでは、日本国民が政治的自立に向かって歩き出すとは思えない」。と、通訳仲間テッド氏からの72年前(終戦直後)の手紙(忠告)を紹介しておりました。

前置きが長くなりましたが、今回は、その記事にあります「上からの命令に頼る日本人の性質」と拙ブログのテーマ「縄文思想」の関係について愚考します。

いきなり結論ですが、「上からの命令に頼る日本人の性質」のルーツ、これも「縄文思想」に由来すると思われます。「縄文思想」のベースは自然との共生ですが、この考えは対立よりも共生です。悪く言いますと自然にまかせるのが良い、その結果、自分であまり考えない、ということだと思います。この自分であまり考えない性質が「上からの命令に頼る日本人の性質」になっているのだと思います。

そして、ウソを平気で言う政府の政治家など、憂うる日本の現状をこの記事は示唆していたと思われます。

一方、その記事では、「(東条英機元首相について)、人々は「もう誰も元首相を相手にしない」と蔑視した。だが戦争初期には熱狂的に支持しながら、終戦後に罵声を浴びせることに苦言を呈する、冷静な人も少なからずいた」、という指摘もありました。

この「冷静な人も少なからずいた」ですが、先日の東京都議会選挙結果から判断しますと、この「冷静な人」が増えており、日本人の気質がいい方向に変わっているような気がします。

なお、下の写真は記事と関係ありませんが、自然との共生を目指した我が無農薬菜園の様子で、果樹キウイの木の様子で、10月が収穫期です。

無農薬菜園のキウイ2

無農薬菜園のキウイ1


日本史ランキング

[ 2017/08/18 07:17 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(2)

自然との共生思想は西洋文明に飲まれなかった(縄文思想と日本人)

無農薬菜園のメロン7月

前回(2日前)、日本における自然との共生思想(縄文思想)はアイヌ系の人々によって縄文時代に確立した思想であることを考察しました。今回は、その思想が西洋文明に飲まれなかったことについて考察します。

日本に江戸時代という安定した平和な時代がありました。この時代は、森が守られ、都会の人糞などの有機物は堆肥という有機肥料に加工され畑や水田に施用され、循環型の有機農法の時代、すなわち自然との共生の時代であったことが知られています。

一方、このとき、ヨーロッパの城壁都市内では人糞の処理場がなく、例えばパリのようなところでも、人糞を道路に播いて処理していたこと、この匂いが嫌になり国王ルイ14世が郊外に住むようになったという話もあります。

そして、明治時代になって自然と対立するヨーロッパの思想が多く入ってきました。しかし、それは日本人の自然との共生思想を変えることはできませんでした。

例えばヨーロッパ思想の中心となっているキリスト教です。多くの日本人知識人が西洋文明の影響を受けました。そして、私の海外経験ですが、その西洋と肩を並べる技術力の高さのせいか、日本人の多くはクリスチャンだと思っている人が多い感じがします(笑)。

しかし、クリスチャンになった人はわずかです。日本人の多くは、従来の神社宗教を受け入れていて、それは変わりませんでした。拙ブログでは、そのベースは縄文時代以来の自然との共生思想であると愚考しているところです。

自分探しに世界中を歩き、そして、マダガスカルきた日本人青年とお会いしたときのことですが、世界の宗教について話をしたことがあります。

そのとき私は、「日本人は、例えば、森の木を伐採するなど自然を壊すことに祟り(たたり)があるのではないかと怖れる。このため、許しを得ようと地鎮祭みたいなものを必ず行う。」と日本人の宗教心について語りました。

すると、彼は、「理屈で分からないことを怖れる自然な気持ち、それが本当の宗教だ。文明国でありながら本当の宗教心があるのは日本人だけかもしれない。」、と言ってきました。

まとめますと、日本に西洋文明が導入され、日本人はそれを改良し活用しましたが、思想までは変えませんでした。それは、日本の縄文思想(自然との共生思想)は、自然であり、変える必要はなかったためと思われます。

なお、上と下の写真は、自然との共生思想をベースに、すなわち、できるだけ自然を壊さない農法で楽しんでいる我が菜園のメロンとスイカ収穫直前の様子です。我が菜園では、無農薬、無耕起、無堆肥、無畝立て、無追肥、無石灰、無ビニールマルチで野菜果樹を作っています。

無農薬菜園のスイカ8月


日本史ランキング
 
[ 2017/08/16 07:31 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(0)

自然との共生思想を持ちこんだ人々(アイヌ系と日本人)

マダガスカルの森1

日本に森が多く残っていることについて、鎮守の森、水田と森の関係などからみて自然との共生思想がベースにあったことを指摘しました。今回は、自然との共生思想について、誰が持ち込んだのか整理してみました。

Y染色体ハプログループの解析から眺めますと、日本には、アイヌ系、マレー系、中国系、モンゴル系の人達が来たことが分かっています。

そこで、その自然との共生思想の民族ルーツですが、日本に最初に居住したアイヌ系の人達の影響が大きいのではないかと思います。

アイヌ系の人達の自然との共生思想は有名で、これが縄文時代から引き継がれてきたことは周知の事実です。また、この思想はアメリカ先住民族にも引き継がれていることを拙ブログで紹介したことがあります。

一方、マレー系の人達については、マダガスカルの例ですが、至る所に禿山(はげやま)を作ったことから自然との共生思想は弱いことを前回紹介しました。また、中国にも禿山が多いのは有名です。またモンゴルには森はほとんどありません。

これらのことから推察しますと、アイヌ系を除くそれらの民族は、現在では65%近くあり多数派ですが自然との共生思想を持っていない感じがします。しかし、日本へは、小人数で少しずつ来た関係から、先住民のアイヌ系の言葉と習慣になじみながら生活し、森を中心とした自然との共生思想になじんでいったため自然との共生思想を持つに至ったと推察されます。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、マダガスカルの森の様子です。マダガスカルに禿山が多いことを指摘しましたが、森も少し残されています。残された森の多くは国立公園として野生動物保護区に指定されています。

マダガスカルの森2

また、下の写真は、その森で作られた柑橘類などのジュース等加工品の売り場です。とても人気のある自然食品の売り場でした。

マダガスカルの森3売り場


日本史ランキング
[ 2017/08/14 06:52 ] アイヌ系と日本人 | TB(-) | CM(0)

「お岩木山よ見えたかおとう」とマダガスカルの山(縄文思想と日本人)

マダガスカル高地の山3

マダガスカルの山(森)と日本の山の違いについて以前に紹介しました。そして、日本では山が大切に保存されていること、これは自然との共生をベースにしている縄文思想と関連していることを紹介しました。

昨日(8月11日)は「山の日」でしたが、それとも関連し、今回は、「お岩木山よ、見えたか、おとう」というフレーズについて愚考します。

私がマダガスカルで単身赴任生活をしたときのことですが、アパートで演歌を歌いながらストレス解消していました(笑)。吉幾三作詞作曲の「津軽平野」をよく歌いましたが、そのなかに、「お岩木山よ、見えたか、おとう」というフレーズが出てきます。

これは、「お岩木山よ、見えたか、(出稼ぎから帰ってきた)おとう」という内容と思います。冬の出稼ぎから帰ってきたおやじが、汽車からおりて、お岩木山に向かって、「春になり、津軽の故郷に無事帰ってきたよ、これから農作業で忙しくなるね」、とお岩木山に挨拶している様子でないかと思います。

これは、まさに、日本人の山への信仰、そのものでないかと思います。外人には分からない心境かもしれません。そして、このように、日本人は、あるときは自然(山)と一体となり、あるときは感謝し、生きて来たのではないかと思います。

関連し、以前にも紹介しましたマダガスカルの山ですが、上と下の写真は、それらの様子です。高原に居るためか、山らしい山はなく、ほとんど手の届くところにある感じです。よく見ると、山全体が畑になっていて、神々しいものは感じられません。

そこでまとめますと、日本には多くの美しい山がありますが、その美しさと同時に、山は命の水を貯める力などがあり、自然との共生思想とあいまって、山への信仰が自然と育まれてきたのではないかと、マダガスカルの山を見て感じたしだいです。

簡単ですが、今回はこれで失礼します。

マダガスカル高地の山1

マダガスカル高地の山2


日本史ランキング
[ 2017/08/12 08:16 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(0)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR