FC2ブログ

日本人の縄文思想と稲作のルーツ

DNA情報などの最新情報から日本人のルーツや古代の真相に迫ります。
2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05

人口変動から邪馬台国は九州にあったと思われる

近畿、中国、九州の古代人口変動図


人口変動から邪馬台国は九州にあったと思われる(西日本の古代)

古代の人口について検討してきました。今回は、これらのデータを用い、邪馬台国の場所について愚考します。

まず、使ったデータを下表に示しました。縄文時代晩期(BC900年)はKoyama(1978)、弥生時代(200年)は前々回の拙ブログ推定、古墳時代(500年)は前回の拙ブログ推定、そして、奈良時代は前回紹介の鬼頭宏(1996)の推定を用いました。

近畿、中国、九州の古代人口

地域は、邪馬台国があった場所と言われている九州と近畿(三重を含む)、そして、古墳時代人口が多かった中国を取り上げました。

まず、各地域の人口変動散布図を上トップに示しました。この図から、邪馬台国の時代(3世紀前半)、人口は九州で約45万人、近畿で約25万人ですので、明らかに九州で多くなっています。

また、邪馬台国時代あたりから九州の人口は増加が緩やかになっていきますが、これは魏志倭人伝にあります倭国の大乱の結果、すなわち、戦争で人口増加が止まった結果と思われます。

九州では、その後、倭国が興り、5世紀には倭の五王時代を迎え、倭国の全盛期を迎えます。しかし、663年の白村江の戦いに唐軍に敗れ倭国は滅亡しますが、そうした様子が人口変動からも伺えます。

一方、近畿ですが、3世紀頃の邪馬台国時代の人口増加は緩やかです。6世紀前後から急に増え、九州の人口を抜きります。6世紀は、初めて畿内政権が確立した時期、すなわち継体王が現れた時期と拙ブログでは観ていますが、この勢いから日本の中心地は九州から近畿に移ったと観ることができます。

なお、中国ですが、邪馬台国時代は近畿よりやや多い人口です。古墳時代は吉備国を中心に近畿よりも勢いがあったと思われますが、中国地域は6世紀に近畿に抜かれ、近畿に取り込まれていった感じがします。

まとめますと、邪馬台国時代の3世紀、九州の人口は、どの地域よりも圧倒的に多く最大です。かつ、魏志倭人伝にあります倭国の大乱が人口変動からも読み取れます。そうした古代の人口動態は、邪馬台国は近畿よりも九州にあったことを示唆していると思われます。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2019/04/16 07:09 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(4)

古墳時代の人口は遺跡数に比例する

古墳時代遺跡数と人口の関係


古墳時代の人口は遺跡数に比例する(西日本の古代)

前回、40年前に推定された弥生時代人口推定が、その後の遺跡発見から合わなくなってきていることを指摘しました。一方、古墳時代については、人類が明らかに関与した古墳というものがあり、人口推定はしやすいと思われますが、その報告は見つかりません。

そこで、今回は、古墳時代遺跡数から人口推定が可能なのかを検討してみたいと思います。

方法は、「文化庁の参考資料(古墳時代遺跡数)」、前回推定した弥生時代(200年)人口、そして、「鬼頭宏(1996)が推定した奈良時代(725年)人口」を用い、推定します。

まず、基礎資料となるこれらのデータを下表に示しました。

古墳時代人口推定のための基礎資料

次に、これらのデータを用い、弥生時代(200年)から奈良時代(725年)人口増加率を計算し、その人口増加率から古墳時代(500年)に当たる人口を推定しました。その結果を下表に示しました。

古墳時代人口推定計算結果

弥生時代から古墳時代は急激な人口増加があったときで、異民族が移入したのではないかという説もありますが、年当たり人口増加率は最大でも1.0026で0.3%以下です。水田稲作導入による自然増加と観ることができます。

次に、これら推定した古墳時代人口と古墳時代遺跡数の関係を上トップ図に示しました。全地域(上図左側)で観ると、関東地域は離れた場所にあり、遺跡数は多いが人口は少ない特徴があります。おそらく、関東地域は横穴など小規模古墳が多いため、そのような関係になっている可能性がありますが、この問題は後ほど検討したいと思います。

そこで、関東を除いた地域で表示すると上図右側のとおりで、遺跡数と人口の間に強い正の相関関係が認められます。すなわち、古墳時代人口=遺跡数X100人の関係になります。

この結果は、古墳時代遺跡数から人口が推定できることを示します。おそらく、推定のために用いたデータ、すなわち、前回訂正の弥生時代の人口推定、および鬼頭宏(1996)の奈良時代(725年)人口推定が妥当であったことを示すものと思われます。

まとめますと、横穴古墳など小規模古墳の多い関東地域を除きますと、その他の地域は、古墳遺跡数×100人で、おおよその古墳時代人口が分かると結論されます。


日本史ランキング
[ 2019/04/10 07:24 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(4)

40年前に推定された弥生時代人口は少な過ぎる

弥生時代の地域別人口(新旧)


40年前に推定された弥生時代人口は少な過ぎる(西日本の古代)

古代の人口については、小山修三(English論文1978、中央公論社1983)の古代遺跡数に基づいて推定した数値があります。この人口推定は、古代の状況を考察する上で重要で、多くの人が利用しておりますが、作成年が40年前のもので、最近の遺跡資料ではどうなのか、再検討が必要と思われます。

一方、古代のデータとして「文化庁の参考資料:平成24年度 周知の埋蔵文化財包蔵地数」が出ております。この資料は、日本古代の情報が包括的に含まれており、たいへん重要な資料と思われます。

そこで、今回は、小山の人口推定と「文化庁の参考資料」を比較し、その弥生時代の人口の推定が古代遺跡数と合っているか検討します。

まず、小山のデータはWikipediaの「近代以前の日本の人口統計」を引用し、文化庁資料と共に下表に示しました。

弥生時代遺跡数と人口

小山の弥生時代人口推定値は、弥生時代遺跡数×56とした数値となっています。その関係を下図に示しました。おそらく、1遺跡当たり56人に相当するという考え方と思われます。

弥生時代遺跡数と人口の関係

同じ計算法で「文化庁」の弥生遺跡数を使い推定した値を上の表に入れました。北海道と沖縄を除いた数値ですが、この計算結果では、弥生時代の総人口は188万人となり、小山の推定の59万人を越え、3倍近い数値となっています。

そして、「文化庁」のデータから推定した人口と小山(1978)の推定した人口を上トップに示しました。この図では、これまで近畿の人口が最大と推定されておりましたが、最近のデータでは、九州が最大となります。これは、弥生時代は九州から始まった。そして、その結果、集落が生まれ、我が国最初の国家も九州に登場したことを強く示唆するものと思われます。

まとめますと、40年前の小山(1978)の推定は、遺跡数に基づくものですが、その後の発見で遺跡数が大幅に変わっています。当時は大和政権のあった近畿を中心に調査していたため、近畿のデータが突出して大きく出ていたと思われます。

以上のことから、弥生時代の人口推定は改定すべきものと思われます。


日本史ランキング
[ 2019/04/04 10:11 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(2)

これからの記事アップ予定について

ブログ記事まとめ2019年3月31日


これからの記事アップ予定について(ごあいさつ)

拙ブログ訪問、ありがとうございます。

さて、前回まで、「アメリカ先住民族と日本人」について検討してきました。その結果、記事アップ回数が今回で249回となり、次回は250回目の区切りを迎えます。また、拙ブログは、2017年4月に始まりましたので3年目に入ります。 

これまで、「日本人の縄文思想と稲作のルーツ」というタイトルで、日本人のDNAのルーツ、日本人の縄文思想という精神面のルーツ、水田稲作という基幹農業のルーツ、そして関連する古代社会の様子について検討してきましたが、当初予定していた内容は書き終わった感じがします。

その意味で、このブログは1ラウンド終わりました。そこで、これからは、言い残したところを少しずつ、時間をかけ、資料に基づき記事を仕上げていく予定です。このため、これからは、記事アップは随時(1週間に1回程度)にする予定です。

一方、訪問してくださる皆様のブログ訪問ですが、従来どおり、原則として毎日とします。そして興味深い記事には勝手なコメントを残させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

なお、これまで拙ブログの主な内容は上トップの表のとおりです。さらに見たい記事については、拙ブログ左側にあります関連のカテゴリをクリックしますと今までの記事を見ることができます。

また、下の写真は、我が菜園のクコの実11月の様子です。クコは不老長寿の実と言われ、中国人の徐福が古代に探しに来た実ではないかという噂もあるようです。我が家でも利用しておりますが、カゼひかずで、その効果はある感じがしています(笑)。

クコの実

クコは日本に自生している果樹ですが、自然との共生という縄文環境が好きなのか、自然のなかで見つけた自生株を株分けし、菜園で育て楽しんでおります。拙ブログも、このように実っていけば幸いですが(笑)。

なお、クコの実に関心のある方は、拙ブログの姉妹ブログであります「野菜を食べやさい」 のカテゴリ欄の「クコと健康」をクリックしますと、今までの記事を見ることができます。


日本史ランキング
[ 2019/03/31 09:09 ] ごあいさつ | TB(-) | CM(4)

パプアニューギニア系の人々と日本人

マレーシアのオランアスリ作偶像


パプアニューギニア系の人々と日本人(アメリカ先住民族と日本人)

アメリカ先住民族と日本人の関係について愚考してきました。拙ブログでは、アメリカ先住民族は旧日本人であったという説を支持しています。

これに当たらない民族は、北米北極海のエスキモー、北米インデアン、南米アマゾンに住むヤノマミ族と思われます。エスキモーについてはカナダに2000年前頃から移住してきた民族、北米インデアンはケット人に由来する民族で、どちらもルーツはシベリアであることを紹介してきました。

一方、南米ヤノマミ族のルーツですが、拙ブログでは「アメリカ先住民族とパプアニューギニア系の人々」として紹介したことがあります。

パプアニューギニア系の人々は、日本人の中にも容貌の似た人々が認められること、我が国の古人骨のDNAからパプアニューギニア系の人が見つかっていること、「サンカ」と呼ばれる自然と共生している人々が最近まで西日本に居たこと、等から想像しますと、日本にもパプアニューギニア系の人々が居たと思われます。そして、彼らはアイヌ系の人々に混じって南米に移住したのではないかと思われます。

パプアニューギニア系の人々で興味深いのは、日本人と気性の合う民族であるということかもしれません。

例えば、作家の本田勝一氏が極限の民族紹介で、パプアニューギニア高地人と暮らしたことを50年前頃報告しておりましたが、原始的な生活ながら、仲良く生活できたことを紹介しておりました。

また、最近では、俳優の西田敏行氏が南米のヤノマミ族と暮らしたことを映像で紹介しておりましたが、「ここに来ると本当に安心する」というようなことを話していました。

これらのことは、自然との共生を愛する縄文思想のようなものが日本人のなかに流れていること示唆します。

パプアニューギニア系では、さらに、オーストラリアの先住民族のアボリジニーなど似た仲間は世界中に認められます。小生の知っているなかでも、ボルネオのペナン族、マレーシアのオランアスリ、さらにはマダガスカルにも最近まで居たことが分かっています。

マダガスカルの場合、近代化の流のなかで、森を離れ、多民族と混血し、今では見なくなってしまったようです。まさに、日本の「サンカ」と同じ運命をたどったと思われます。

以上のことから想像します、パプアニューギニア系の人々は、アフリカのマダガスカル、アジア、オーストラリア、そして南米まで移住したことになります。海を渡っていますので航海の得意な民族だったと思われますが、いつしかジャングルに溶け込み森の人になった感じを受けます。

関連し、パプアニューギニア系の人々の世界移住を下図に示しました。

さらに、小生がマレーシアに居たとき入手したオランアスリの偶像を上トップ図に示しました。いつも子供たちが怖いと言っていました(笑)。

パプアニューギニア系の人々の世界移住


日本史ランキング
[ 2019/03/27 07:51 ] アメリカ先住民族と日本人 | TB(-) | CM(2)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR