2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

万葉仮名のルーツは百済で使われていた漢字(日本語のルーツ)

呉と百済と倭国3世紀


万葉仮名のルーツは百済で使われていた漢字(日本語のルーツ)

拙ブログでは、マレー語の発音は日本語の発音とほぼ一致し、かつ、日本語の発音のルーツは万葉仮名にあることを指摘してきました。そして、日本語は、先住民族のアイヌ系言語をベースに、後に来たマレー系民族の発音様式が万葉仮名を利用する過程で取り入れられた、と推察しております。

すなわち、万葉仮名=日本語発音=マレー語発音になりますが、今回は、その万葉仮名(漢字)のルーツは、百済で使用された漢字にあることについて愚考します。

まず、万葉仮名は最初の日本文字ですが、仏教経典などと一緒に百済から6世紀頃導入されたと言われております。

百済は3世紀頃から中国に朝貢していたことが分かっています。このとき、中国は漢が滅びた後の魏・蜀・呉3国時代ですが、百済は、そのルーツからも地理的関係からも南方の呉の国と関係が深かったことが推察されます。

これらのことから想像しますと、3世紀頃、百済は中国の呉の国に朝貢する過程で漢字を導入し、それを万葉仮名風に地名や人名に使っていたと思われます。このような漢字の使い方は、中国が外国の地名や人名に使ってきた方法でもあります。

関連し、『三国史記』によれば百済近肖古王の治世(在位:346年 ~ 375年)に百済学者の高興が百済に文字を伝え、百済で初めて記録が残されるようになった、と言われております。

さらに、百済部寧王(在位:502年~523年)は、仏教に帰依し、512年と521年には中国南朝の梁に入朝して、仏教の導入を熱心に進めたことが知られております。そして、武寧王のあとを継いだ聖王(在位:523~554)も仏教に熱心で、百済は仏教建築文化の先進国となり、新羅や日本の建築文化にも大きな影響を与えたことが知られております。

漢字には南方系の呉音読みと北方系の漢音読みがありますが、以上の関係から、百済の万葉仮名は南方系の呉音読みとなります。そして、拙ブログでは、その百済の地名や王名の万葉仮名の読み方は百済人のルーツのマレー系民族の言葉であることを検討してきました。

さらに、拙ブログでは、中国の江南地域の「中国の福建省の数え方」は、イー、ジー、サン、シー、ゴ、ラ、チーであり、日本語にとても近いこと、これらの言葉のルーツは中国江南地方で使われてきた呉の国の発音(呉音)にあることも紹介してきましたが、この数え方のルーツも百済にあったと推察されます。

関連し、これらの関係を上と下の地図に示しました。

梁と百済と日本と仏教

まとめますと、百済人はルーツがマレー民族でありますので、伽耶(カヤ=マレー語で豊かという意味)などのマレー語の地名等を万葉仮名風に漢字で表したと思われます。そして、それら百済の万葉仮名が仏教と共に日本に導入されたとき、日本でも同様に使うようになったのだと思われます。すなわち、万葉仮名のルーツは百済の万葉仮名にあったと結論されます。

そして、万葉仮名を長い間使っているうちに日本語の発音は万葉仮名風になり、結果として発音はマレー語風、漢字は呉音読みになったと推察されます。

以上、万葉仮名のルーツ愚考でした。

なお、このような日本語のルーツに関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリーの「日本語のルーツ」をクリックしますと今までの記事を見ることができます。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/02/23 08:43 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(0)

伽耶はマレー系民族の国(邪馬台国と日本人)

伽耶は日本のルーツ(書籍)


伽耶はマレー系民族の国(邪馬台国と日本人)

澤田洋太郎氏が「伽耶は日本のルーツ」(改定新版 2006)を発表しております(上の写真参照)。そして、伽耶は、鉄も産し、古代においては重要な鉄の供給源であったこと、さらには、王冠とか古代遺跡の埋蔵品では日本の古代遺跡と同じものが産出しており、日本と密接な関係があったことを紹介しております。

一方、拙ブログでは前回(4日前)、日本および朝鮮半島を含む東アジアの稲作地帯においてマレー系民族が現在も多数住んでいることを最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)から指摘しました。

関連し、今回は、伽耶はマレー系民族の国であったことについて愚考します。

まず、伽耶ですが、伽耶も稲作を行っていたことは明らかですので、百済や倭国と同じくマレー系民族の一地域と判断されます。そして、伽耶をマレー語のkayaにすると、カヤ=kaya = rich=豊か、です。「伽耶は日本のルーツ」(改定新版 2006)では、伽耶は稲を産し、鉄を産し、たいへん豊かな地であった、とありますので、この言葉からも伽耶はマレー系民族の国であったと思われます。

そして、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)から推察しますと、これまでの拙ブログの検討から、朝鮮半島と日本の民族と言語の状況は下表のような感じになります。

伽耶、百済、倭国の民族と言語
すなわち、伽耶はマレー系民族をベースに新羅からきたツングース系民族との混合民族、百済はマレー系民族をベースに中国系やツングース系の混合民族、そして、日本の倭国(北九州)はマレー系民族をベースにアイヌ系と新羅由来のツングース系民族との混合民族であった、と推察されます。

以上のことから、百済、伽耶、倭国(北九州)はマレー系民族を主体とした国ですのでマレー語が使われていた、と推察されます。古代において、朝鮮半島では日本人と現地人の区別はなく、言葉が通じていたという推察記事が散見されますが、それは、このようにマレー系民族が居た事情のためと思われます。

まとめますと、伽耶は、百済や倭国と同じマレー系民族を主とする国家であり、同じ民族の地域として古代においては積極的に交流し、このため争いは少なく、むしろ、ツングース系の高句麗や新羅に対しては共同して対応していた、と思われます。関連し、その様子を下の地図で示しました。

伽耶、百済、倭国と主要民族(地図)


日本史ランキング
[ 2018/02/19 08:29 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(2)

3000年前に稲作民族は来たのか(稲作と日本人)

中国内外のマレー系の割合(図)


3000年前に稲作民族は来たのか(稲作と日本人)

弥生時代は菜畑水田遺跡を代表に3000年頃に始まったと言われております。そして古代稲関連の報告を概観しますと、稲作民族が来て水田稲作を始め、弥生時代が始まったという記事が圧倒的に多い感じがします。そこで、今回は、3000年前に稲作民族が来た可能性について愚考します。

前回、縄文時代の稲と弥生時代の稲が同じ種類であったことについて報告しました。一方、拙ブログでは、5000年前の三内丸山遺跡時代は、朝鮮半島と中国大陸(遼東半島)と交流があったことを紹介してきました。そして、その交易の中心民族には、アイヌ系の後に住み着いたマレー系民族が積極的に関係していたことを指摘してきました。

何度も指摘していることですが、最近のDNA研究で、日本にはアイヌ系35%、マレー系30%、中国系とモンゴル系の混血のツングース系が30%、その他が5%ということが分かっています。

そして、5000年前の日本の民族を概観しますと、先住民族のアイヌ系が日本全国に、その後、1万年前頃からマレー系民族がきていたと拙ブログでは推察しております。マレー系は稲作民族であり、かつ海洋系民族です。おそらく、東北の山内丸山にもマレー系の人達は居て、そこのマレー系の人々は海洋民族の特性を生かし中国と海洋交易をし、一方、西日本にいたマレー系の人々は稲作民族の特性を生かし陸稲を作り、同じ民族として交流があったと思われます。

すなわち、それらのマレー系民族が、山内丸山遺跡に中国産の物品を残し、西日本に稲の遺跡(プラントオパール)を残したことになります。

そして、弥生時代が始まったと言われる3000年前のことですが、江南地方の水田稲作技術、そして鉄の農具が知られるようになると、それらの情報と農具がマレー系民族によって西日本を中心に伝わり、2500年前頃から弥生時代に向かっていったと思われます。

最近のDNA研究で、江南地方、さらに北に位置する山東半島、そして朝鮮半島にマレー系民族が現在も多数住んでいることが分かっていますが、3000年前当時も、それらの地域にマレー系の人々が多数住んで居たことが予想されます。そして、マレー系の民族は海洋系の民族ですのでお互いに交流交易をしていたことが予想されます。

関連し、稲作発祥の地と言われる中国とその周辺におけるマレー系民族の割合を上の地図に、そのベースとなるDNA情報を下表に示しました。

中国内外のマレー系の割合(表)

一方、北九州で水田が作られ始めた3000年前と稲が作られ人口が増え始めた2500年の間には500年という期間がありますが、この期間に弥生人が来て人口が急速に増加した様子は、遺跡の数から当時の人口を推定した小山(1984)のデータからは見えません。

また、縄文時代から弥生時代にかけて、住居は多くのところで高台から低地に少しずつ移動していったことが知られていますが、これは、低地で稲を作るため移動していったためと推察されています。

まとめますと、マレー系の民族は、縄文時代から日本各地で陸稲を作っており、その人達が、3000年前~2500年前の間に、大陸から鉄器を導入して水田稲作を始めた可能性が高いと判断されます。すなわち、マレー系民族は、もともと陸稲栽培などをして住んでおり、鉄器の農具を得て水田開発のため少しずつ低地に移動していった、と考える方が普通と思われます。


日本史ランキング
[ 2018/02/15 08:14 ] 稲作と日本人 | TB(-) | CM(2)

稲を持ち込んだのはマレー系の民族だ(稲作と日本人)

縄文時代の稲遺跡(表)


稲を持ち込んだのはマレー系の民族だ(稲作と日本人)

これまでの古代稲の報告を概観しますと、稲作民族が来て水田稲作を始め、弥生時代が始まったという記事が圧倒的に多い感じがします。関連し、今回は、その稲作民族はマレー系の民族であったことについて愚考します。

拙ブログでも紹介していることですが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ解析)から、現在の日本民族は、アイヌ系が35%、南方系のマレー系が30%、中国系とモンゴル系の混血混合民族の北方系ツングース系が30%、その他5%です。この中で稲作民族というのはマレー系だけです。マレー系民族が稲導入に積極的に関わったことは間違いないと思われます。

そして、マレー系民族が稲を持って何時頃から日本に来たかを検討しますと、それは、縄文時代に稲遺跡のある場所になりますが、それは上の表のとおりです。

まず、1.2万年前の鹿児島県の火山灰土地層から稲のプラントオパールが発見されております。この1.2万年前というのは、マレー系民族が住んでいたインドネシア当たりのスンダランドの多くが海に沈んで行く時期で、この頃、新天地を求めて移住を始めた時代とも言われます。また、稲について言えば、中国で最古の稲遺跡が江南地方で発見されている時代でもあります。

鹿児島県の1.2万年前の稲遺跡が本当なのか、研究者は慎重な対応をしていることが、その報告書「九州先史時代遺跡出土種子の年代的検討(平成14年度研究 プロジェクト報告)」に認められます。

しかし、拙ブログでは、それはありうることで、さらに研究が進み、西日本の多くのところで同時期の稲のプラントオパールが発見されれば定説になると思っております。

一方、岡山県の6000年前の遺跡ですが、これは多くの研究者の支持が得られているようで、6000年前以前に稲が持ち込まれ、栽培されたことは間違いないと思われます。

そして、その縄文時代の稲と弥生時代の稲の関係について検討しますと、例えば、4000年前の熊本の遺跡の籾の圧痕ですが、弥生時代の稲と変らないことが確認されています。すなわち、稲については縄文時代も弥生時代も同じものであったことになります。そして、それを使っていたのは、稲作民族のマレー系以外に考えられないことになります。

DNA研究、Y染色体ハプログループ解析とは?

 参考までに、DNA研究におけるY染色体ハプログループ解析について、初めての人のために紹介しますと、次のような感じです。
 男性か女性を決める染色体にXとYがあります。XYが男性、XXが女性になるわけですが、Y染色体は男性にだけあり、父親から男の子供に引き継がれることになりますので、そのY染色体をたどると父親のルーツが分かることになります。
 このY染色体は、巨大なDNA配列の塊からできており、かつ、そのDNAの配列から種類を細かく分類できますので、人類の祖先のDNAを分類するのに最適と言われております。
 たとえば、Y染色体ハプログループがD型ですと、それはアイヌに多い型ですので、その人の男親のルーツはアイヌ系となります。そして、このD型という分類は、10万年経過しても、マイナー変化はありますが、D型のままで変わることはありません。


日本史ランキング
[ 2018/02/11 08:20 ] 稲作と日本人 | TB(-) | CM(6)

古代水田稲作で最も重要な農具(稲作と日本人)

アフリカの焼畑用ナタ(蛮刀)


古代水田稲作で最も重要な農具(稲作と日本人)

アジアの天水田では、雨期に雨水を貯め、その水で稲作を行いますので、立派な畦を作るのが普通です。一方、私は、ナイジェリア西隣側にありますベナン国(もと奴隷海岸)でアフリカ稲の開発のために2009~2011年の2年間従事しました。そのとき、アフリカ大陸の伝統的天水田を見ましたが、畦がないのには驚きました。

アフリカの天水田に何故畦が無いのか考えますと、畦を作るための鋤などの農具がないこと、歴史的に畑作が中心のため稲は陸稲が中心であり、水田を作る発想が弱かったことが考えられます。関連し、今回は、古代水田稲作で最も重要な農具について愚考します。

まず、上と下の写真は、大陸アフリカの焼畑農耕民の農具で、木を伐採するための蛮刀(Cutlass)と除草用の小さなアフリカ鍬(African how)です。彼らが持っている農具はこれらだけです。

アフリカ鍬、小さい

一方、私は、マダガスカルで2015~2017年に稲開発に従事しましたが、ここは棚田を中心とした伝統稲作が盛んで、アジアから移住したマレー系の人々が水田稲作をしていました。そして、農具ですが、マダガスカルの農民は鋤(すき)を持っていました。その様子を下の2枚の写真で示します。

マダガスカルの鋤と利用2

マダガスカルの鋤と利用1

この写真では、鋤1本で、水田を耕していることが分かります。彼らは、この鋤1本を使い、少しずつ水田を耕し、水を入れ、代掻きを行い、田植えをしていました。アフリカの焼畑は、焼いた後、掘り棒で穴を開け、そこに播種し、雨で発芽した後は、簡単な除草を行うだけの作業ですが、マダガスカルと大きな違いがあります。

おそらく、この鋤があるかないかが大陸アフリカ稲作とマダガスカル稲作の違いだと思います。そして、マダガスカルはアフリカではなくアジアだ、と言われるのも、この農具の差ではないかと思われます。

まとめますと、水田稲作に最も重要な農具、それは土を掘り返すための鋤と思われます。この農具は、前回も紹介しましたが、古代には、このような農具を用いて水田の畦作りや水路の造成等を行っていたと思われます。


日本史ランキング
[ 2018/02/07 08:04 ] 稲作と日本人 | TB(-) | CM(8)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR