FC2ブログ

日本人の縄文思想と稲作のルーツ

朝鮮半島由来「ツングース系王家」は、3世紀に奈良纏向遺跡で始まり、巨大古墳を多数建造したが、アイヌ系「継体天皇」によって6世紀に滅ぼされた。関連し、日本書紀の歴史改竄に迫ります。
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

朝鮮半島と日本列島の古代国家発展の類似


マレー系とツングース系の移住と古代国家


朝鮮半島と日本列島の古代国家発展の類似(記事まとめ)

日本の歴史は、縄文時代から弥生時代、そして古墳時代へと発展しました。

この発展過程には、南方系の稲作民族のマレー系と北方系畑作民族のツングース系の渡来が重要な役割を果たしました。

因みに、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)によれば、日本人は、アイヌ系が35%、マレー系が30%、ツングース系(中国系+モンゴル系)が25%、その他が10%です。詳しくは「最近のY染色体DNA情報と従来知見の修正」を参照願います。

関連し、日本の古代、特に弥生時代~古墳時代は、マレー系とツングース系の民族がベースになって発展したことを、朝鮮半島の古代国家との関連で、今回は愚考します。

まず、日本ではマレー系民族が南方から持ち込んだ高生産性の水田稲作が3000年前から始まりました。しかし、水田稲作には水路造成や水を貯める畔造成が必要であり、それを拡大するためには鉄製農具が不可欠でした。しかし、鉄製農具は不足し、普及は遅れました。

そこへ、2300年前頃、朝鮮半島由来のツングース系民族が鉄製農具を持ち込みました。この結果、水田造成や水路造成が可能になり、北九州地域は急速に食料が増え、人口が増大し、地域リーダーの首長が生まれました。

そして、北九州地域には、首長を統合した小国家が生まれ、小国家連合の邪馬台国が生まれ、次いで、北九州地域は倭国に発展して行きました。

一方、ツングース系民族は、満州地域(中国東北部)でモンゴル系と中国系の混合混血から発生した新民族です。言葉はモンゴル系、生業は、初期は半農半猟で、しだいに南に移住し、朝鮮半島の主要民族となりました。詳しくは「北方系民族故郷の満州とツングース」を参照願います。

その後、彼らは、鉄の産地「慶州(もと新羅の首都)」の鉄製農具を持って弥生時代の2300年前頃から多数移住してきました。移住した場所は縄文人の少ない近畿地域等の西日本中心でしたが、この結果、縄文時代に人口が少なかった地域で農業が発展し、人口が急速に増大しました。

この人口増大を、Koyama(1986)の地域別人口変動で見ますと下表のとおりです。

各地域の縄文~古墳時代人口

この表では、縄文時代晩期人口が、近畿、中国、四国で少ないことが分かります。因みに、これら3地域の合計は、隣の東海や九州よりも少ない人口となっています。

次に、縄文時代晩期の人口に対し弥生時代人口増加程度を「弥生時代人口/縄文時代晩期人口」で見ますと、近畿、中国、四国は29.4~60.2倍、その他の地域は0.8~16.7倍と、両地域に大きな差異が認められます(上表参照)。

この近畿、中国、四国地域の弥生時代人口増加は次のように考えることができます。

すなわち、これらの地域は縄文時代人口が少なかったが、弥生時代に朝鮮半島からツングース系民族が移住し、鉄製農具で農業を行い、人口が増加した。一方、その他の地域は、縄文時代の採集経済の影響が大きく、かつ鉄製農具の導入が遅れ、人口増大が少なかった。

一方、弥生時代から古墳時代の人口増加ですが、近畿、中国、四国地域は引き続き増加が大きい傾向が認められますが、その他の地域も増加が認められ、極端な差は無くなっています。

以上のことをまとめますと、弥生時代、ツングース系は、縄文時代に人口が少なかった地域に居住し、鉄製農具の有利さから人口が増大し、3世紀には近畿地域で主役になったと思われます。その結果、近畿地域で初めてツングース系王家が生まれ、その王宮跡が奈良の「纏向遺跡」と思われます。

次いで、ツングース系王家は4世紀には、近畿のほか、東海、中国地域の一部を支配し、さらに5世紀には、瀬戸内を通過し、四国、九州地域の一部まで支配しました。これらの支配地域は、上の表で、もともと縄文人が少ない地域で、ツングース系が移住し人口が増大した地域でした。

まさに、弥生時代、古墳時代の主役は、北九州地域を除けば、ツングース系民族だったと思われます。

まとめますと、朝鮮半島にはツングース系とマレー系の2系統の流れをあることを拙ブログでは紹介してきましたが、その2系統の流れは、そのまま日本にも持ち込まれとものと思われます。

すなわち、日本の古代は、西の北九州では南方系のマレー系を中心とした小国家が誕生し、東の近畿地域ではツングース系の王家が誕生しました。

関連し、マレー系とツングース系の移住と5世紀頃の古代国家の関係について上トップ図に示しました。


日本史ランキング
スポンサーサイト



[ 2020/08/10 07:52 ] ブログの概要(記事まとめ) | TB(-) | CM(0)

日本のツングース系王家と新羅との関係


朝鮮半島と日本列島の5世紀の状況


日本のツングース系王家と新羅との関係(古代史の問題)

古墳時代の奈良・大阪に巨大古墳を多数建造したのは、弥生時代に渡来してきた朝鮮半島由来のツングース系民族の王家であったことを検討してきました。この歴史は、朝鮮半島由来の鉄と古墳の流れから考えますと、当然のことと思われます。

一方、日本に影響を及ぼした朝鮮半島のツングース系国家の代表は、鉄産地の慶州を中心に展開した新羅と判断されます。

関連し、今回は、同じルーツを持つ新羅と日本のツングース系王家の関係について愚考します。

まず、Wikipedia(新羅)によれば、4世紀以降の新羅の状況は次のとおりです。

周辺諸国と新羅[編集]

377年の前秦への遣使が高句麗と共同で(高句麗の影響下で)行われたことに見られるように、新羅の登場は高句麗と密接にかかわっている。初期の新羅は高句麗に対し相当程度従属的な地位にあった。382年に新羅は再度単独で前秦への遣使を行っているが、これもその地理的条件から見て、高句麗の承認があって初めて可能であったものと考えられる[3]。同時に新羅は建国初期から倭人の脅威にも晒されていた。『三国史記』「新羅本紀」は建国初期からたびたび倭人の侵入があり戦いを繰り返していたことを記録している[26]。また、西隣の百済、それに同調する伽耶諸国とも対立しており、それらに対して倭が軍事支援を行っていたとも伝えられる[15]。

4世紀末から5世紀にかけてこうした状況は『三国史記』や『日本書紀』のような歴史書、韓国で発見された中原高句麗碑などの発掘史料、そして何よりも広開土王碑など多くの史料によって良く示されている。広開土王碑は新羅を高句麗の属民として描くとともに[15]、この時期に朝鮮半島で行われた大きな戦いを記録している。それによれば高句麗は古より百済を「属民」としていたが391年に倭国が百済を「臣民」としたために出兵し倭軍を撃退した[27]。その戦いの中、400年頃には新羅の王都が倭軍に占領されたために高句麗が新羅に出兵し、倭軍を蹴散らし「任那加羅」まで追ったという[27]。この広開土王碑文の解釈を巡っては様々な議論があるが、『三国史記』や『日本書紀』にこれらと対応すると見られる記録として、新羅が高句麗と倭の両方に王子宝海(卜好)と美海(未斯欣)を送ったことが伝えられる[15][28]。また、中原高句麗碑は高句麗が新羅領内で人夫を徴発していたことを記録している[15][註釈 1]。同碑文は高句麗王と新羅寐錦(王)の関係を兄弟に擬制し、高句麗王を兄とした明確な上下関係を表現している[15]。

新羅が国力を増し、高句麗からの自立を図るようになるのは5世紀の半ば頃からである[30]。450年、新羅が高句麗の辺将を殺害するという事件が起きた[31]。これによって高句麗が新羅征討を計画したが、新羅が謝罪したため一旦問題は収まった[31]。しかし、454年には高句麗が新羅領に侵入して戦闘となり、翌年には高句麗と百済の戦いで百済へ援軍を送るなど新羅は次第に高句麗に対する自立姿勢を明確にしていった[30][31]。

(引用終了)

引用が長くなりましたが、新羅の歴史をまとめますと次のとおりです。

新羅建国は4世紀後半(377年)で、そのことが中国(前秦)への遣使や高句麗広開土王碑文から確認できます。そして、建国直後の5世紀前半は、北は高句麗、西は百済、南は北九州倭国から圧迫され、高句麗の属国となり自立できずにいたが、5世紀後半以降に自立発展していった。

一方、日本におけるツングース系王家の歴史ですが、まとめますと次のとおりです。

3世紀に奈良の纏向遺跡に始まり、4世紀には発展し多数の巨大古墳を建造した。さらに5世紀前半には頂点に達し、東海~西日本~九州の一部(大分当たり)を支配し、世界最大とも言われる大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を大阪に建造するに至った。

そして、5世紀以降の日本のツングース系王家と新羅との関係ですが、以上の両国の歴史から、次のように考えることができます。

まず、5世紀前半は、日本(近畿)のツングース系王家の黄金時代ですが、新羅の方は周囲の圧迫が強く、日本を支援する余裕はなく、このため関係は弱かったと判断されます。

そして、5世紀後半になると関係は逆転し、新羅は自立化し、領土を拡大し、一方、日本のツングース系王家は多数の巨大古墳建造が祟り、民衆は離反し、弱体化していった時代と判断されます。

一方、5世紀後半は、北九州倭国の全盛時代で、倭王「武」が、宋書によれば478年に、朝鮮半島南部を支配する「六国諸軍事 安東大将軍 倭王」の将軍号を得たとあります。このことから、北九州倭国は強く、奈良・大阪のツングース系王家は北九州倭国と戦う力は無かったと推察されます。

なお、倭王「武」について、詳しくは「倭王武は百済の武寧王になった」を参照願います。

ツングース系王家黄金時代の5世紀前半の応神天皇ですが、先に紹介しましたように、新羅と血縁関係があったことを記紀は示しております。しかし、あるのは同じツングース系という血縁関係だけで、支援関係とかの実質的な強い繋がりは無かったというのが真相と思われます。

以上のことから、日本のツングース系王家は、5世紀前半に黄金時代を迎えましたが、その歴史は新羅に残ることはありませんでした。

そして、日本のツングース系王家は、巨大古墳建造に対する民衆の怒にあい、継体天皇(在位:507-531年)に滅ぼされ、その関係の書物は焚書にあい、王陵の名前等も分からなくなってしまったと推察されます。

関連し、日本のツングース系王家は、外国との強い関係をもっていなかったため、滅亡が早まったとも判断されます。例えば、王家は、北陸出身のアイヌ系の継体天皇に滅ぼされましたが、継体天皇の力は強大ではなく、外国の支援があれば持ちこたえたかもしれません。

また、民衆を疲弊させた巨大古墳建造ですが、新羅から儒学者が来ていたら、民衆を疲弊させる巨大古墳建造はストップしていたかもしれません。

関連し、新羅、百済、北九州倭国、近畿ツングース王家の5世紀の様子を上トップ図に示しました。


日本史ランキング
[ 2020/08/05 13:56 ] 古代史の問題 | TB(-) | CM(0)

馬とツングース系王家


馬の考古学(書籍)


馬とツングース系王家(古代史の問題)

奈良・大阪に、3~5世紀、多数の人員を動員し巨大古墳を建造したのは、朝鮮半島から弥生時代に移住してきたツングース系民族出身の王家であったことを指摘してきました。

彼らが、日本の中心地だった奈良に王家を作ることができたのは、鉄製農具を持っていて、食料生産で有利で、かつ、近畿には先住民族が少なかったため移住し易かったことが指摘されます。

今回は、戦闘用に用いる乗用の馬を導入したのも彼らだったことについて愚考します。

まず、書籍「馬の考古学」(右島和夫監修 2019)(上写真参照)によれば、「箸墓古墳(桜井市箸中)で、4世紀初め「木製輪鎧(わあぶみ)」が出土しています。

これは馬に乗るための足受けの馬具で、その頃から乗用の馬は居たことになります。さらには、当時の用途を考えると、その馬具は戦闘用だった可能性が高くなります。

一般に、古代の戦闘では、騎馬軍団という言葉がありますが、歩兵に対し騎馬軍団が圧倒的に有利と言われます。

因みに、朝鮮半島北部では2200年前頃から馬飼育が知られ、3世紀には高句麗が騎馬軍団を持ち、朝鮮半島の支配地域を南部まで広げたと言われます。このため、朝鮮半島南部の国、当時「三韓」と呼ばれていましたが、同じく馬を飼育し、対抗したことが上記「馬の考古学」に紹介されています。

また、スペイン人のピサロですが、鉄砲だけでなく、騎馬軍団の力で、少数ながら広大なインカ帝国の支配した話は有名です。

そして、上記書籍では、5世紀に、河内(大阪)の山すそに牧場があり、馬を飼育していたこと、関連する馬具の生産工房があったこと等も紹介しています。

当然のことですが、馬飼育、馬具生産は日本では新しいことであり、関係の人々は朝鮮半島の者、すなわち、ツングース系の人々だったことになります。

また、関連し、馬を乗せ運ぶことができる準構造船が登場したのも5世紀頃だったことが紹介されています。

以上のことは、ツングース系王家は、4世紀後半には朝鮮半島の国々と同じように、騎馬軍団を持ち、かつ準構造船を持ち、それらの装備を使い、5世紀には東海~西日本の大半を支配するような大王家に発展したと思われます。

世界最大と言われる大仙陵古墳を初め多数の巨大古墳が5世紀前半に大阪に建造されましたが、騎馬軍団と準構造船はその原動力となったと思われます。そのときが、まさに、ツングース系王家の黄金時代だったと思われます。

関連し、5世紀前半に、内陸部の奈良(大和)から海岸部の大阪(河内)に王家の中心地が移動したのは、そうした馬と準構造船を使い、広い支配地を管理するために便利な場所、かつ、王家(大和)の場所に近い場所を選んだためだったとも推察されます。

関連し、5世紀のツングース系の馬と支配の様子を下図に示しました。

馬と準構造船とツングース系王家(5世紀)


日本史ランキング
[ 2020/08/01 07:00 ] 古代史の問題 | TB(-) | CM(2)

仁徳天皇「かまどの煙」のパラドックス


大仙陵古墳の歴史パラドックス



仁徳天皇「かまどの煙」のパラドックス(古代史の問題)

日本の巨大古墳について検討してきました。そして、巨大古墳を建造した朝鮮半島由来ツングース系王家は、その巨大古墳建造のため民衆の怒りにあい、新勢力のアイヌ系の継体天皇(在位:507-531年)によって滅ぼされ、王家の歴史が不明になってしまったことを指摘してきました。

一方、世界最大の大仙陵古墳に葬られていると言われる仁徳天皇ですが、日本書紀(720年完成)では110歳まで生きた伝説の人物となっており、実在の人物ではないとも言われております。

また、仁徳天皇は、民衆のかまどから煙が出ていないのを見て、心を痛め税金を3年も免除したという美談が残されており、庶民のための政治を行った天皇として評価されています。しかし、巨大古墳建造で民衆が疲弊したことから考えると、これもそのまま信じることはできない内容です。

前置きが長くなりましたが、関連し、仁徳天皇と「かまどの煙」のパラドックスについて今回は愚考します。

まず、仁徳天皇のかまど伝説ですが、「仁徳天皇|民のかまど~庶民のための政治を行った天皇」によれば次のとおりです。


天皇となった仁徳天皇は、民のための政治を進めていきます。

治水や灌漑設備に力を注ぎ、大阪府寝屋川付近にある茨田堤に堤防を作りました。

難波堀江を作ったのも仁徳天皇であり、この工事こそが日本で初となる大規模な土木工事だったとされています。

さらに新たな農耕地も開拓を進め、新たに作られた田んぼは四万余頃だとされています。

しかし民のための治水や開拓を進めていたある日、仁徳天皇はあることに気づきます。

その日、高い山から四方を眺めて町の様子を見ていた天皇は、民家から炊飯のための煙が出ていなかったのです。

煙が出ていなかった理由について、仁徳天皇は心を痛めます。

そこで仁徳天皇は民へ課していた税金を3年も免除しました。

その間、高津宮に雨漏りが起こるも、修理をせずに我慢したのです。

税金を免除してから3年後、再び仁徳天皇が山から周囲の街を見下ろすと町の家々からは炊飯のための煙がもくもくと立ち上がっていました。

そんな町の様子を見て、仁徳天皇はこんな歌を詠みました。

 高き屋に のぼりて見れば けむり立つ 民のかまどは にぎはひにけり

このエピソードは「民の竈(かまど)」と呼ばれる故事の逸話となっていますが、実は平安時代に仁徳天皇を思って誰かが詠んだ歌なのだとか。

(引用終了)

以上が仁徳天皇かまど伝説ですが、このことと年齢問題を含めて検討しますと、次のことが考えられます。

以上の引用記事では民衆が苦しんだ理由に、農耕地の開拓等の話が出てきますが、巨大古墳建造の話は出てきません。民衆から見ると、農耕地と違い、いくつもの巨大古墳建造は最も不要な事業で、民衆が疲弊したのはこちらの方で、おかしなことです。

そして、仁徳天皇が、110歳まで生き、天皇在位期間が87年間と日本書紀で言われておりますが、実在する多数の巨大古墳との関係から観ると、おかしなことです。

因みに仁徳天皇が眠っていると言われる大仙陵古墳は5世紀前期の時代です。

前回紹介しましたが、仁徳天皇陵以前の100年間(4世紀後~5世紀前)に208mを超える巨大古墳が大阪で6基建造されています。仁徳天皇が110歳まで生きたとなると、100年間、王墓建造は必要なくなります。すると、この時代に建造された巨大古墳は何のために建造されたのか分からなくなります。

以上のことから想像しますと、仁徳天皇の「かまど伝説」美談は、上記引用文が最後に指摘しているように、平安時代の創作だった可能性が高くなります。

そして、これは「歴史のパラドックス」でないかと思われます。

すなわち、「仁徳天皇」は、世界最大の巨大古墳建造で民衆を疲弊させ支持を失った5世紀の大王と推察されますが、500年後の平安時代に「庶民のための政治を行った天皇」として評価され、さらには、その陵墓は現在は世界遺産として評価されてしまいました。さらには、その年齢から存在自体も不明という指摘もあります。

関連し、パラドックスに満ちたそれらの歴史的経過を上トップ(表)に示しました。


日本史ランキング
[ 2020/07/28 08:20 ] 古代史の問題 | TB(-) | CM(4)

初期天皇と実在する巨大古墳との関係愚考


大阪に建造された古墳(陵墓)の巨大化


初期天皇と実在する巨大古墳との関係愚考(古代史の問題)

奈良・大阪の巨大古墳は朝鮮半島をルーツにしたツングース系の王家が建造したものであったこと、その結果、民衆が疲弊し怒り、その王家はアイヌ系の継体天皇(在位:507-531年)によって滅ぼされ、さらには、それらの陵墓(古墳)や王墓名もわからなくなってしまったことを検討してきました。

関連し、今回は、古事記と日本書紀(記紀)の天皇名と実在する巨大古墳の関係について愚考します。

まず、実在する最初の奈良(大和)巨大古墳は3世紀中期の箸墓古墳です。これを最初の畿内の大王としますと記紀情報では神武天皇がこれに当たります。

次の4世紀は奈良の巨大古墳の時代です。

次の5世紀は大阪と奈良の巨大古墳時代です。

そして、6世紀になると、実在が確認できる継体天皇が現れます。

これらを一覧表にまとめますと、下表のとおりです。

記紀情報と古代古墳合体(推定)

この表から、歴代天皇と大規模古墳の関係が分かります。すなわち、大規模古墳のほとんどが王墓になると思われます。

因みに、3~5世紀の奈良・大阪における208m以上の巨大古墳は24基あります。これらを、建造時期、場所、墳長を短から長の順に並べ、歴代天皇との関係を事例的に当てはめますと、下表のとおりです。

歴代天皇と陵墓(当てはめ事例)

この表は歴史的事実関係とかなり一致します。すなわち、初代の神武天皇陵墓は3世紀建造の箸墓古墳になります。そして、応神天皇と仁徳天皇が実在とすると、彼らは5世紀前半の王に相当し、それらの王墓名と一致します。

関連し、5世紀前半の大阪の6基の古墳ですが、次第に巨大化していきます。この様子については上トップ図に示しました。この図では、大仙陵古墳建造まで、古墳は巨大化していきました。これらのことは、ツングース系王家の発展を示すもので、5世紀前半はツングース系王家の黄金時代であったと思われます。

しかし、最後の武烈天皇ですが、6世紀初頭の天皇であり、あてはまる巨大陵墓はありません。拙ブログでは、継体天皇と争い、滅ぼされたものと推察しています。日本書紀によれば、武烈天皇は18歳没となっており、その可能性は高くなります。

以上のことから、8世紀に編纂された記紀は、おそらく、こうした3~5世紀の巨大古墳をもとに、王名と王墓を創作、または、継体天皇がこれらの大王の末裔であるように歴史改竄したと思われます。

まとめますと、巨大古墳と天皇家の関係は、初代の神武天皇の陵墓を箸墓古墳としますと、その後の経過は、天皇の人数と巨大古墳(陵墓 208m以上)の数は一致します。

そして、これらの古墳は歴史的に偉大な産物であり、後の大和王家の歴史書(日本書紀)は、現王家はこれらの古墳を残した王家の末裔として記述し、歴史改竄したものと思われます。

なお、箸墓古墳(前方後円墳 全長276m)を卑弥呼の墓とする説がありますが、それはあり得ません。もともと魏志倭人伝には卑弥呼の墓は「径百余歩の墓に葬られた」と記述され、直径30m~50mの円墳または方墳と推定され、全長が200mを超えるような前方後円墳ではありません。

このため、当然のことですが、箸墓古墳(前方後円墳)を卑弥呼の墓とする説に対しては、多くの研究者が否定しています。



日本史ランキング
[ 2020/07/23 07:11 ] 古代史の問題 | TB(-) | CM(0)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR