fc2ブログ

日本人の縄文思想と稲作のルーツ

日本人は、アイヌ系35%、マレー系30%、半島由来ツングース系25%、その他10%の混合混血民族です。DNA分類の結果、ヤマトにはツングース系王家が創られ、その後、アイヌ系の現天皇家に滅ぼされたと推察されます。万世一系を主題にした日本書紀は創作になります。関連し、今回は邪馬台国の真相に迫っています。
2023 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312023 04

蘇我家ルーツは百済愚考


蘇我氏のルーツは百済


蘇我家ルーツは百済愚考(西日本の古代)

奈良最大の古墳、かつ、6世紀後半最大の古墳として知られる丸山古墳について、その埋葬者は6世紀後半最大の権力者(蘇我稲目)であることについて検討してきました。

一方、蘇我氏のルーツについては、百済由来説が出ておりますが、Wikipediaによれば、 この説は否定されています。

しかし、最近、現天皇家のルーツはアイヌ系の継体王(在位:507-531年)であることが分かりました。彼は、巨大古墳建造で民衆を苦しめたツングース系王家を滅ぼし、新たにアイヌ系王家を開始しました。そして、蘇我家は、その新たな政権で財務を担当した新豪族であったことから見ると、見方は変わってくるのではないかと思われます。

関連し、今回は、蘇我家のルーツについて、さらに愚考します。

まず、「蘇我氏渡来人説とその否定」について、Wikipedia(蘇我氏)によれば、次のとおりです。


門脇禎二が1971年に蘇我氏渡来人説を提唱した[78][79]。門脇が提唱したのは応神天皇の代に渡来した、百済の高官、木満致(もくまち)と蘇我満智(まち)が同一人物とする説で、鈴木靖民や山尾幸久らの支持[80][81]を得た一方、加藤謙吉や坂本義種らが批判[82][83]したように、史料上の問題点が多い。文化や政治の源流を何でも朝鮮諸国に求めると言った20世紀後半の風潮の中で提唱されており、根拠が不十分であるという指摘がある[84]。現在では蘇我氏渡来人説は否定されている。(引用終了)

このWikipedia記事をまとめますと、蘇我氏百済由来説は「根拠が不十分」ということで、完全な否定ではないようです。

そこで、継体王が507年にアイヌ系新王朝を開始し、同時に百済と外交したという情報を核に、蘇我家渡来人説を最検討しますと、つぎのようになります。

まず、継体王を支えた豪族として、物部氏や大友氏が知られております。彼らは軍事面を担当し、大連(おおむらじ)という役職をえています。彼らは、ツングース系王家との戦いで軍部の面で戦果をあげたのではないでしょうか。

一方、蘇我家は財務を担当し、唯一の大臣職と言われております。当然のことながら、財務には算術的能力や文書能力が必要です。そのような新王家を支える文官人材は、おそらく、宮使い経験の無かったアイヌ系豪族にはなかったことが推察されます。

こうしたなか、蘇我家は、当時、朝鮮半島で最も文化的であった百済で似たような文官職にあり、財務担当者として継体王に請われて来たのではないでしょうか。関連し、継体王は、最初に文字を導入した王としても知られており、百済から五経博士が来ていたことが知られております。

以上の経過から、蘇我家は、五経博士に先んじて日本に来て、始まったばかりのアイヌ系王朝の財務大臣という職を得て、国の政治に関わったものと理解するのが妥当と思われます。アイヌ系の継体王朝は始まったばかりで、その財務大臣に異を唱えるアイヌ系豪族はなく、その地位を生かして勢力を伸ばしたものと思われます。

さらに、継体王時代、蘇我氏は蘇我高麗(こま)の時代で、その2代目の稲目は二人の娘を妃に出した豪族です。おそらく、蘇我氏は百済系美男美女の家系で、娘も美女だったので、そういうことができたのだと思われます。

拙ブログでは、百済をマレー系稲作民族の国として観てきましたが、マレー系美女についても検討してきました。例えば「丸顔、博多美人のルーツ」や「倭人の素顔が見つかった(傾国の美女西施はマレー系)」参照願います。(下図参照)

西施とマダガスカル華僑少女

関連し、その時代、百済大王として部寧王が知られております。ブログ仲間の「KOREA駐在おやじの韓国紹介」の記事に「部寧王像」が出ていましたが、紹介させていただきますと、次の写真のとおりです。

武寧王像(「KOREA駐在おやじの韓国紹介」からの引用)

凛々しいハンサムな武人の顔立ちです。おそらく純系のマレー系ではなく、中国人との混血と推察されます。

蘇我高麗が部寧王のようなハンサムであったか確定できませんが、蘇我高麗が、百済出身で、この像のような顔立ちだとすると、その2代目の稲目もハンサム、その娘は百済美人として天皇家の妃となった可能性があります。

また、蘇我高麗(そが・こま)という名前もマレー系百済出身の感じがします。例えば、「ソガ」に近い言葉に「サガ」(美しいもの、英雄)があります。また名前の「コマ」は後の朝鮮半島の高麗国と同じです。

蘇我家は、高麗→稲目→馬子→蝦夷→入鹿(滅亡)となりますが、蝦夷(えみし)の名前をどう解釈するかがポイントとなります。蘇我家は馬子・蝦夷の時代が絶頂期と言われますが、おそらく、蘇我氏は、もともとは百済出身であるが、多数派のアイヌ系(蝦夷系)の名前を持つことによって、より支配を広げようとしたのではないかと推察されます。

まとめますと、蘇我家は、財務に優れ、文字(万葉仮名)を使い、かつ、王妃を出し、天皇家(大王)を支え、勢力を伸ばしました。これらのことは、当時のアイヌ系新王家を支えたアイヌ系豪族にはなかったもので、蘇我家のルーツは百済という観方は妥当と思われます。

関連し、上トップ図に蘇我家のルーツについて示しました。


日本史ランキング
[ 2022/04/07 08:06 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(4)

ヤマトのツングース系王家滅亡の衝撃と北九州倭国


北九州倭国とヤマトの関係(6世紀)


ヤマトのツングース系王家滅亡の衝撃と北九州倭国(西日本の古代)

現天皇家のルーツはアイヌ系であることがDNAから分かったこと、ヤマトのツングース系王家はそのアイヌ系の継体王(在位:507-531年)によって6世紀初頭に滅ぼされたこと、その影響は関東および東九州地域にも及んだこと、すなわち、これらの地域では、ツングース系からアイヌ系や隼人の豪族に支配者が変わっっていったことを検討してきました。

一方、北九州地域については南方系稲作民族のマレー系主体の倭国が実在したことを検討してきました。

関連し、今回は、ヤマトの巨大古墳建造王家滅亡が北九州地域(福岡、佐賀、長崎、熊本)へ及ぼした影響について愚考します。

まず、北九州の100m以上の大古墳の建造についてWikipediaの古墳一覧を参考にまとめますと下表のとおりです。

北九州各県の100m以上の大古墳

マレー系倭国のあった北九州地域にも3~6世紀後半の間に大古墳が建造されています。マレー系倭国が建国されたのは4C以降と思われます。詳しくは「日本書紀と空白の4世紀の関係愚考」を参照願います。

すなわち、4C以降の大古墳建造の主体は、ツングース系王家とは関係ない可能性があり、単に大古墳は権力の象徴として建造された可能性があります。例えば、ヤマトのツングース系王家が滅びた後の6Cにも建造が行われていますが、これら大古墳は北九州倭国の王の墓と見ることができます。

例えば、北九州最大の岩戸山古墳は筑紫君(つくしのきみ)磐井の墓と言われております。筑紫君磐井は、北九州地域を支配した王(倭国王、筑紫の君)とも言われておりますが、528年の磐井の乱を起こしたことで有名です。

磐井の乱は、北九州倭国と近畿の大王となった継体王(在位:507-531年)の戦いで、決着はつかなかったと拙ブログでは観ています。詳しくは「倭国の磐井王と畿内の継体王と百済の部寧王の関係」を参照願います。

一方、ヤマトのツングース系王家がアイヌ系継体王によって滅ぼされたのは6世紀初頭と思われますが、その時の北九州倭国の王は倭王「武」でした。拙ブログで何度も紹介していることですが、倭王「武」は朝鮮半島の南部をも支配した大王でした。

この結果、その朝鮮半島南部の「新羅」から倭国に朝貢があったことが新羅の歴史書に記されています。この朝貢は、新羅と倭国王との関係を示すもので、そのことが上述の「磐井の乱」の一因となったことをほのめかすことが日本書紀にも書いてあります。

また、宮崎のツングース系王家滅亡に関し、倭王「武」が関係したことは前回紹介のとおりです。

以上のことから6世紀の北九州の状況を検討しますとは、北九州には倭国があり、ヤマトのツングース系王家滅亡の後も健在だったと判断されます。

そして、ツングース系王家がアイヌ系継体王によって滅ぼされた後、残された対立者はヤマトの継体王と北九州の倭国であり、それが倭国とヤマトの対立(磐井の乱)の背景だったと思われます。

まとめますと、継体王によってヤマトのツングース系王家が滅ぼされました。一方、北九州では倭国が続いていました。継体王の次に目標は北九州倭国を滅ぼし日本を統一することだったと思われます。しかし、このときの倭国王は筑紫君磐井で、その戦いは決着がつかなかったと判断されます。

なお、北九州倭国が滅んだ時期は、白村江の戦い(663年)で大敗した直後でした。詳しくは「白村江の戦いにおける海戦の真相」を参照願います。

関連し、北九州倭国とヤマトの継体王との関係を上トップ図に示しました。


日本史ランキング
[ 2022/02/24 09:06 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(0)

吉備国はツングース系王家の本家だった


吉備、ヤマト、日向の古墳時代


吉備国はツングース系王家の本家だった(西日本の古代)

先に、出雲地域には、四隅(よすみ)と呼ばれる古墳が3世紀に多数建造され、かつ、日本最大の青銅器をもった王家が現れたことを検討しました。このことは、出雲に朝鮮半島由来のツングース系王家があったことを示唆します。

しかし、その後は100m超える大古墳建造は2基だけ、またそれらの古墳は2世紀離れた5世紀の建造時期で、これらのことから推察しますと、出雲の王家は移住したのではないかと思われます。その理由として、山陰地域は狭く、農業生産が少なく、出雲王家の人たちは、より広い展開を求め、他地域へ移住した可能性が高くなります。

その移住先の第一の候補は隣の山陽地域(特に、岡山県)と北陸地域が有力です。岡山については、弥生時代遺跡数が中国地域で最大であります。一方、北陸の流れは関東に続いていることは、これまで検討してきたとおりです。

関連し、今回は、山陽の中心地だったと思われる吉備国(岡山)の古代について愚考します。

まず、Wikipedia によれば、吉備の古代は次のとおりです。


吉備は古代、畿内や出雲国と並んで勢力を持っていたといわれ、巨大古墳文化を有していた。また、優れた製鉄技術があり、それが強国となる原動力であったとされる。『古事記』中巻、孝霊天皇の段などに兵庫県の加古川以西が吉備であると捉えられる説話があり、加古川を国境としていた時期があると考えられている。

弥生時代後期の後半に(2世紀初めから3世紀中頃まで)、この地方独特の特殊器台・特殊壺が作られ、綾杉紋や鋸歯紋で飾られ、赤く朱で塗った大きな筒形の土器だった。これは部族ごとの首長埋葬の祭祀に使われ、弥生墳丘墓(楯築弥生墳丘墓)から出土している。また最古級の前方後円墳(箸墓古墳・西殿塚古墳)からも出土しており、後に埴輪として古墳時代に日本列島各地に広まった。また吉備は弥生時代からの塩の生産地だった。

この時代は日本では豪族が朝鮮から鉄素材を入手していたが、新羅の援助を受けていた吉備では鍛鉄技術が進み、入手した材料から鉄製品が作られた。古墳時代に入ると吉備では鉄鉱石を採掘し、中国地方ほかで製鉄も始まったが、弥生時代に製鉄がすでに始められたと考える説もある[2]。

古墳時代、吉備地方の現在の岡山平野南部は内海となっていた(吉備穴海、もしくは吉備内海と呼ばれる)。4世紀からこの内海の近くに多数の前方後円墳が造られた。『記紀』や神社伝承においても崇神天皇による四道将軍の遠征によって彦五十狭芹彦命・稚武彦命兄弟や鴨氏族が吉備に進出したことが記録されている。・・・
(引用終了)

また、山陽地域の100m以上の大古墳の墳長と建造時期は下表のとおりです。

山陽地域の墳長100m以上の大古墳

以上の情報とこれまでの拙ブログ情報から山陽地域古代状況についてまとめますと次のとおりです。

まず、吉備には、縄文時代の陸稲栽培が知られており、これは、稲作民族のマレー系の人びとが持ってきたものと思われます。また、弥生時代になると塩の生産地であったことが知られております。弥生時代後期には、その時代最大の墳丘墓を持つ「楯築遺跡」が知られております。これは独特の巨石が用いられております。

稲、塩、巨石についてはマレー系の人びとの影響が感じられます。詳しくは「弥生時代最大墳丘墓のある岡山県の「楯築遺跡」と邪馬台国」を参照願います。

弥生時代後期、そこへ、出雲由来のツングース系が侵入し、製鉄を始め、初期のツングース系王家を創り、巨大古墳の建造が始まったと推察されます。

100m以上の山陽地域の大古墳ですが、兵庫に3基、岡山に6基、広島と山口は0基です。兵庫の3基はすべて200m以下ですが、岡山には300m以上が1基、200~300mが2基、100~200m以上が3基であり、岡山は山陽地域の中心地だったと思われます。

そして、ヤマト王権との関係ですが、古墳建造が3~6世紀に連続的に建造されていることから推察しますと、争いは無かったことが予想されます。

また、ヤマトの古墳には、吉備国ルーツの埴輪(円筒埴輪)が多数発見されていますので、おそらく、吉備国の人たちがヤマトに運んだものと思われます。

以上のことから、まとめますと、中国地域の古代は次のようであったと思われます。

まず、吉備国はマレー系の人びとが居て、塩生産や稲作で繁栄し「楯築遺跡」を作りました。

一方、出雲では、朝鮮半島由来ツングース系民族が侵入し、稲作で繁栄し出雲王家が創られ、四隅古墳や青銅器生産で2~3世紀に繫栄しました。しかし、農耕地は狭く、近隣の北陸や山陽地域に移住しました。

ツングース系は長身であり戦いに強く、先住民族のマレー系を追い払い、王家を創り、大古墳の建造を開始したと思われます。

そして、その仲間は、さらにはヤマトまで移住し、近畿のツングース系をまとめ、強大なヤマト王権を作ったと推察されます。そして、吉備はツングース系王家の本家だったが、本家がヤマトに移転した後は分家として栄えたと推察されます。

一方、日向(宮崎)にも大古墳があります。それら古墳出土の円筒埴輪は吉備国由来と推察されますので、宮崎の古墳も、吉備国の末裔の建造だったと思われます。なお、この宮崎の古代については次回検討予定です。

以上、総合しますと、出雲から始まったツングース系は、隣の吉備国、そして、さらにはヤマトや宮崎に展開し、最後は、本家はヤマト、吉備と日向(宮崎)は分家という関係ができあがったと思われます。

関連し、ヤマトのツングース系王家の発展経過を上トップ図に示しました。


日本史ランキング
[ 2022/02/10 10:28 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(4)

出雲国はヤマトのツングース系王家の始まり愚考


出雲四隅古墳のルーツは高句麗


出雲国はヤマトのツングース系王家の始まり愚考(西日本の古代)

前回、日本の神話と古代史の関係について検討しました。

日本神話が最も多く残されているのが出雲と言われます。そして、出雲大社があり、なんとなく古代には出雲王国があった印象があります。

関連し、今回は、出雲について、それらの遺跡を検討し、出雲は、近畿に強大な王国を創ったツングース系王家の始まりであったこといついて愚考します。

まず、出雲国の有名な遺跡ですが、3世紀(弥生時代末期あるいは古墳時代始まり)建造の四隅突出型墳丘墓(方墳)があります。四隅の敷石配置が美しい特徴があります。

Wikipediaによれば、四隅突出型墳丘墓は、総数103基で、島根県39基、鳥取県28基で、山陰地方を中心に建造されました。最大のものは、島根県出雲市の大型墓西谷3号墓(最長辺約50メートル)になります。すなわち、これら方墳の中心地は出雲だったことになります。

また、弥生時代末期に製造された大量の銅鐸と銅矛が島根県の荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)で発見されました。

これら、方墳と青銅器のルーツは、当時、強大だったツングース系民族の高句麗という説が一般的です。すなわち、当時、この地域を支配していたのは高句麗由来のツングース系民族だったと思われます。

因みに、方墳ですが、大陸の王墓の様式で秦の始皇帝陵や高句麗広開土王陵は有名です。詳しくは「前方後円墳のルーツはツングース系の方墳」を参照願います。

続いて、出雲の古墳時代ですが、古墳(前方後円墳)で最大のものは墳長110mが1基、次に100mが1基で、100mを超える古墳は2基だけです。また、それらの建造時期は5~6世紀です。すなわち、四隅が作られた3世紀の後の4世紀に、この地域を支配した巨大な大王は見当たりません(下表参照)。

山陰地域の大古墳

因みに、5世紀は、ヤマト(奈良・大阪)に200mを超える巨大古墳が多数建造されていた時代で、これらヤマトの巨大古墳と比較しますと、出雲には小豪族が居たに過ぎない地域になっていた感じがします。

その理由は、おそらく人口の少なさにあったと思われます。拙ブログでは、出雲国(島根・鳥取)の古代人口を遺跡数から推定したことがありますが、継体王(在位:507-531年)時代、出雲の人口は12万人、一方、吉備は16万人、北九州倭国は24万人です。

詳しくは「継体王時代の各王国の人口と力関係」を参照願います。

そこで、古代の出雲をどうとらえるかですが、次のような感じかと思われます。

まず、弥生時代、出雲は、北九州と同じく大陸の隣にあり、朝鮮半島から多くの人が入ってきました。その民族は高句麗(朝鮮半島)由来のツングース系で、3世紀には四隅古墳や青銅器が作られ先進地域となり、小さな出雲王家が創られました。しかし、稲作に適した平地は少なく発展は停滞しました。

そこで、出雲王家は新たな発展を目指し、平野部の多い稲作に適した隣の吉備(岡山)に向かいました。吉備では、先住民族のマレー系と戦いました。強大な高句麗の子孫、かつ高身長のツングース系にとって低身長のマレー系との戦いに勝つのは難しくないことだったと思われます。

なお、吉備のマレー系については、「岡山県の稲作民族ルーツ愚考」および「弥生時代最大墳丘墓のある岡山県の「楯築遺跡」と邪馬台国」を参照願います。

そして、ヤマトの纏向遺跡や巨大古墳遺跡の陶器には吉備の影響が強いことから推察しますと、その後、彼らの子孫は、先に住んでいたツングース系の仲間と共同し、近畿の支配者となり、その中央部のヤマト(奈良)に強大なツングース系王家を作ったのではないかと思われます。

まとめますと、高句麗(朝鮮半島)由来のツングース系民族は、出雲に小王家を創り、次に隣の吉備に移り、最後にはヤマトを支配し、近畿で最初のツングース系王家を創ったと思われます。すなわち、ヤマト王家のルーツは3世紀の出雲にあったと思われます。
関連し、これらの関係を上トップ図に示しました。


一方、出雲については、古事記や日本書紀、さらには出雲風土記に多くの記事が認められます。これをどう見るかですが、このことについては次回、検討したいと思います。


日本史ランキング
[ 2021/12/16 18:47 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(10)

我が国最初の都は大宰府愚考


倭の五王時代の都は大宰府


我が国最初の都は大宰府愚考(西日本の古代)

これまで、倭国滅亡(663年)と壬申の乱(672年)を経て、関東および東北地域を除く日本がヤマト朝廷によって統合されたことを検討してきました。関連し、今回は、ヤマト朝廷と北九州倭国の都について愚考します。

拙ブログでは、現天皇家の始まりは継体天皇(在位:507-531年)と観ています。その理由は、記紀に記載されている天皇について、継体天皇以前の王については、王宮場所、王墓の場所が確認されていないこと、天皇として存在した物的証拠が巨大古墳以外にないためです。

このため、巨大古墳を残した王家は歴史的に抹殺されたと拙ブログでは観ています。その理由は簡単で、いくつもの巨大古墳建造のために疲弊した民衆の怒りが大きく、その王家は抹殺されたためと思われます。詳しくは「巨大古墳建造とツングース系王家の盛衰」を参照願います。

そして、継体天皇以降の王宮場所を示しますと下表のとおりです。Wikipediaの報告をまとめたものですが、王宮遺跡が確認されていない場所もあります。そして、王宮が固定されている年数は少なく、一代の王が何度も王宮を変えている場合も見受けられます。

古代の王宮場所(継体天皇以降)

これらのことから、26代の継体王から39代の弘文天王までは小さな王宮であったと推察されます。これは、王権はあっても支配地は小さく、このため、平城京のような大きな都建設はできなかったためと推察されます。

そして、中国に習い条里制をもった都がヤマトに現れるのは40代の天武天皇からで、藤原京が初めてです。

天武天皇が壬申の乱の後、巨大な支配地域と力を持つようになったことを先に検討してきました。藤原京は、その巨大な権力を持った天武天皇が676年に建造を始め704年に完成させたものですが、それが我が国最初の都と言われております。その意味で、天武天皇は名実共にヤマト政権の大王になったと理解できます。

一方、ヤマト政権と並んで政権をもっていた北九州の倭国の都について検討しますと、それは大宰府と言われております。また、大宰府の条里制は藤原京のモデルになったとも言われております。

そのことに詳しいブログ仲間の記事「太宰府は、倭国の都だった! 太宰府遺構が物語ること」によれば、その都の建造時期は5~6世紀で、条里制に基づいて作られていました。5世紀は倭の5王の時代で、倭国全盛時代であり、それは歴史的事実とも合致します。

まとめますと、畿内政権の本格的な都は、8世紀初頭の藤原京(704年完成)ですが、倭国は、それより250年早い5世紀に条里制に基づく都(大宰府)を建設したことになります。

関連し、5世紀の様子を上トップ図に示しました。

なお、倭国の都「大宰府」が歴史から消えた理由に言及しますと、少なくない研究者が指摘していることですが、ヤマト政権を我が国唯一の政権と見せるため、国史である日本書紀で倭国の歴史を抹殺したためと思われます。

このことは、継体天皇が奈良・大阪にあったツングース系王家の歴史を抹殺したことと同じことです。そして、ツングース系王家が残した巨大古墳ですが、それらは現ヤマト朝廷が残したものとして日本書紀で扱われております。

日本書紀は、ヤマト王朝が我が国唯一の王朝であったというストーリイを創るため歴史改竄したものと思われます。

日本の古代史は戦前と変わっていない」と言われます。この日本書紀の歴史改竄は日本古代史解明の阻害になっていることは明らかです。そうした指摘を歴史学会は無視してきましたが、21世紀になっても科学が無視されているのは驚きです。

関連し、日本書紀の歴史改竄の最大の事例です。現天皇家は、万世一系なら朝鮮半島由来のツングース系になるはずですが、実際はアイヌ系であることが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)で明らかになっています。詳しくは「天皇家のルーツはアイヌ系の継体王」を参照願います。



日本史ランキング
[ 2021/02/26 11:01 ] 西日本の古代 | TB(-) | CM(0)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
「天皇家はアイヌ系」についてまとめています。詳細(目次)は下のとおりです。どうぞよろしく。

レインボー

Author:レインボー
現在は邪馬台国の真相についてまとめています。

天皇家はアイヌ系(目次) はじめに 1. 日本民族のルーツ 2. 古墳王家は何故滅びたのか 3 古墳王家はアイヌ・マレー系連合に滅ぼされた 4.日本書紀は創作 5.日本語と日本人宗教のルーツ 終わりに
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR