fc2ブログ

日本人の縄文思想と稲作のルーツ

Categoryブログの概要(記事まとめ) 3/5

日本の古代国家には2系統があった

日本の古代国家には2系統があった(記事まとめ)拙ブログでは、北九州には1世紀には奴国に始まるマレー系民族の倭国があったこと、一方、北九州以外の西日本には、6世紀にアイヌ系が主体と思われる継体王による畿内政権が生まれたことを検討してきました。また、「古代の朝鮮半島には2種の民族が居た」ことについても紹介してきました。関連し、今回は、記事まとめとして、朝鮮半島と同じように「日本の古代国家には2系統があった...

  •  2
  •  -

各民族はいつ頃日本に来たのか

各民族はいつ頃日本に来たのか(記事まとめ)最近のDNA情報を基に日本人のルーツについて3回に渡って検討してきました。今回は、まとめとして、それぞれの民族がいつ頃来たのか愚行します。まず、人類の起源はアフリカですが、Y染色体ハプログループ調査の結果、CグループとDグループは、最初にアフリカを出たグループと言われています。日本には10万年以上前から人類の足跡が知られておりますので、C1a1(パプア系)とD1a(アイヌ...

  •  2
  •  -

邪馬台国の場所と民族

邪馬台国の場所と民族(ブログの概要)前回は、「稲作民族のルーツと水田作の普及」について、記事まとめを行いました。その続きになりますが、今回は、「邪馬台国の場所と民族」について、カテゴリ「邪馬台国と日本人」を基に記事まとめをします。拙ブログでは、邪馬台国の場所は北九州、その民族は稲作民族と言われるマレー系民族であることを指摘してきましたが、その理由は次の6点です。1. 邪馬台国は稲作が発展した弥生時代末...

  •  10
  •  -

稲作民族のルーツと水田作の普及

稲作民族のルーツと水田作の普及(ブログの概要)前回、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)による日本人のルーツについて検討し、アイヌ系が35%、マレー系が30%、ツングース系(韓国系:中国系とモンゴル系混血)が30%、その他5%であることを指摘しました。今回は、カテゴリ「南方系と日本人」および「稲作と日本人」を基に「稲作民族のルーツと水田作の普及」について「記事まとめ」をします。まず、それぞれの民族...

  •  0
  •  -

日本人の容貌とルーツ

日本人の容貌とルーツ(ブログの概要)今回は「日本人の容貌とルーツ」について、カテゴリ「日本人のルーツ」を基に「記事まとめ」をします。まず、日本人のルーツですが、Y染色体ハプログループ分類によりますと、アイヌ系(Y染色体ハプログループD)が35%、マレー系(O1b)が30%、中国系(O2)が20%、モンゴル系(C)が10%、その他5%と言われます(下表参照)。日本人と関係の深いと言われる韓国人ですが、満州(中国東北部...

  •  4
  •  -