2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

まとめ1、日本人のルーツは、アイヌ、マレー、ツングースの混血(日本人のルーツ)

韓国人、関西人、関東人のY染色体ハプログループ分類


まとめ1、日本人のルーツは、アイヌ、マレー、ツングースの混血(日本人のルーツ)

前回紹介しましたように、今回は、まとめ1.日本人は、アイヌ、マレー、ツングースの混血、について紹介します。

最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)は日本人のルーツを明らかにしました。父(男子)から息子(男子)に伝えられるY染色体がありますが、この染色体の分類により、父のルーツが分かることになりました。例えば、Y染色体ハプログループがDですと、父親のルーツはアイヌ系となります。

その分類の結果、日本人はアイヌ系が35%、マレー系が30%、中国系が20%、モンゴル系が10%、その他が5%であることが分かりました。

また、関東と西日本で内容が異なり、アイヌ系は関東で48%、西日本で27%で、東日本にアイヌ系が多いことが分かりました。アイヌ系が縄文文化の栄えた東日本で多いことは、アイヌ系は先住民族で、かつ縄文文化の担い手だったことと一致します。これらのDNA情報の文献を上の表で示しました。

一方、中国系とモンゴル系ですが、朝鮮半島では、中国系が40%、モンゴル系が20%と日本の2倍いることから、彼らは、日本に来て半分に薄まったと観ることができます。すなわち、日本人の半分は韓国系と思われます。また、彼らは、ツングース系民族と分類されますが、ツングースは、Y染色体ハプログループ分類から、モンゴル系と中国系の混合混血民族で、モンゴル語に近い言語を持ち、畑作系民族と分類されています。

マレー系は、インドネシアにルーツがあり、航海術に優れ海洋系民族、かつ稲作民族と評価されていますが、彼らは、朝鮮半島に30%、中国南部やベトナムにも多いことから、稲作を広げながら大陸東岸を北上し、日本、特に北九州に多く移り住んだと思われます。また、彼らは、稲作だけでなく、海洋民族として、照葉樹林文化の伝播などにも関与したと観られます。

これら民族の割合を、上の表を用い、円グラフで示しますと、下の図のとおりです。

まとめますと、日本人のルーツは、アイヌ、マレー、ツングース(中国系とモンゴルの混合混血民族)の混血集団です。この集団から、どのように日本語や日本人が形成されてきたのかについては、次回からの報告で紹介します。

なお、このようなDNA情報について関心のある方は、拙ブログ左側にある検索欄に「Y染色体ハプログループ」と入れ、クリックしますと関連の記事を見ることができます。

因みに、上の表と下の図は、過去記事「関西人のDNAとルーツ」を利用したものです。

韓国、関西、関東の民族


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/06/15 07:33 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(4)

東北の縄文人は縄文カレンダーで寒冷時代を乗り切った(日本人のルーツ)

縄文時代の人口変動、東北、北陸、関東


東北の縄文人は縄文カレンダーで寒冷時代を乗り切った(日本人のルーツ)

北海道と東北にあるストーンサークルは縄文時代の遺跡ですが、その用途については、祭のモニュメント説、有力者の墓地説などが挙げられていますが、明確でない感じがします。一方、拙ブログでは、縄文カレンダーであったことを、昨年8月8日に紹介しました。そして、縄文人は、そのカレンダーを使い、厳しい寒冷化の時代を乗り切ろうとしたことを検討しました。

今回は、東北地方の人口変化から、このことを、さらに検討します。

まず、小山(1984)の遺跡の数から推定した古代人口データを用い、東北、北陸、関東の人口変動を示しますと、上の図のとおりです。

寒冷化は、4200年前と3500年前の2回に渡って襲ってきますが、この結果、人口が一番減ったのは関東地方です。関東地方は、寒冷化前の5000年前は東北の2倍近い人口の9.5万人近くがありましたが、寒冷化後の3000年前は0.8万人まで著しい低下をしております。関東地方は縄文時代にあっても東北よりも暖かだったと推察されますが、意外なデータでした。

次いで、人口が減ったのが北陸で2.5万人から0.5万人に減少しています。一方、東北の減り方は4.7万人から4.0万人ですので、減り方が緩やかです。このことは、東北の人々は、寒冷化にあっても移動することなく、生き延びたことを示しています。

では、東北の縄文人は、どのようにして生き延びたのか。ストーンサークルは東北に集中していることから推察しますと、おそらく、ストーンサークルという正確なカレンダーを持ち、主食となる栗や鮭などの食料の確保を適期に収穫し、冬の寒さに備えたのだと思われます。

一方、関東ですが、東北と比べると、寒冷化がきても、相対的に暖かかったと思われます。しかし、カレンダーはなく、計画性はなく、極端な冷年には耐えることが出来なかったのが真相かと思われます。

まとめますと、ストーンサークルは、作られた時期は寒冷化気候のときであること、それは寒冷化の厳しかった北海道と東北に集中していることから推察しますと、1年を食料確保のため計画的に暮らすことを目的としたカレンダーであった、と考えるのが妥当かと思われます。


日本史ランキング
[ 2018/01/06 08:23 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(6)

神社と日本人のルーツ愚考(日本人のルーツ)

マダガスカル石海岸の夕暮れ


神社と日本人のルーツ愚考(日本人のルーツ)

神社信仰は日本独自の精神文化の象徴とも言われます。世界宗教の範疇で言えば、3大宗教とは別のもので、多神教あるいは原始宗教の一部と分類されます。今回は、神社のルーツについて、日本人のルーツ、すなわち、アイヌ系、マレー系、ツングース系、それぞれの神社との関りについて、2回に分けて愚考します。

まず、拙ブログで何度も紹介していることで恐縮ですが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)から、日本人のルーツは、最初に来たアイヌ系が35%、次いで南方から来たマレー系が30%、最後に朝鮮半島から来たツングース系が30%、その他が5%と分類されます。

まず、アイヌ系と神社の関りですが、縄文時代に自然との共生をベースにした社会を作りました。そして、あらゆる自然のものに怖れをいだき神的なものを感じる世界観を持つようになりました。その世界観は、次にきたマレー系民族とツングース系民族にも広がり、現在の日本人の精神世界となっていったと思われます。

そこでは、それらの中でも人が特に怖れをいだくもの、例えば神々しい山、巨大な岩などに強い神の存在を感じ、そこを祈りの場所にしていき、そこが神社の場所になっていった、と予想されます。

ブログ仲間に「神秘と感動の絶景を探して」がありますが、そこではそのような縄文時代からある場所に神社があることを紹介しております。

次にマレー系の民族ですが、彼らは神社のなかでもその入り口となる鳥居を導入したと思われます。このことは、照葉樹林文化導入と関係しておりますが、次回紹介したいと思います。

最後に、ツングース系民族ですが、彼らは、中国文化の影響を強く受けていますので、神社の境内に、その中国にあるような立派な様式を求めたのではないかと思います。孔子廟のようなものを真似たものと思われます。

まとめますと、神社の祖型は縄文時代にあり、祈りの場がまずでき、そこへ簡単な鳥居が作られ、最後に、稲作の導入で富が増えると拝殿が作られ、現在の神社になっていった、と思われます。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、先日紹介のバオバブの林の近くのマダガスカル西海岸の夕暮れと昼の様子です。夕暮れは神秘的と思われます。

マダガスカル西海岸の昼


日本史ランキング
[ 2017/12/03 08:18 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(4)

何故日本人は遺骨への思いが強いのか、そのルーツ愚考(日本人のルーツ)

クコと実11月下旬


何故日本人は遺骨への思いが強いのか、そのルーツ愚考(日本人のルーツ)

先日(2日前)、洗骨の習慣がマダガスカルとフィリピンのマレー系の人々にあることを紹介しました。一方、日本人ですが、その洗骨の習慣が沖縄地方に最近まで残っていたと言われます。今ではその洗骨の習慣は無くなりましたが、戦後の遺骨収集の執念等を見ますと、日本人は遺骨に対する思いが強い民族かと思われます。

一方、「遺骨は抜け殻にすぎない。お墓は不要」という記事がダイヤモンドオンラインにありました。その記事では、「よく「死者の霊を弔う」といいます。日本人は遺骨=霊という思いが強いですが、仏教では霊の存在について「ある」とも「ない」とも言っていない。」と指摘しております。

この記事から推察しますと、日本人は、仏教徒と分類されますが、それと関係なく遺骨=霊という思いが強い民族かと思われます。その思いがどこからきているのか、今回は、そのルーツについて日本人のルーツとの関りから愚考します。

日本人のルーツについては、何度も指摘しておりますが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)の結果から推察しますと、アイヌ系が35%、マレー系が30%、ツングース系が30%、その他5%です。

アイヌ系については、自然との共生思想があり、死ぬと肉体は自然に還り魂(たましい)はあの世に行くだけで、遺骨へのこだわりは強くありません。

また、ツングースについては、そのベースはモンゴル系ですが、現在はチベット仏教を受け入れ輪廻を信じていて、遺骨へのこだわりはありません。また、日本に来たのはツングース系なかでも韓国系と言われますが、現在の彼らは儒教思想が強く、死んだら儒教的聖人や偉人になるのが理想であり、遺骨へのこだわりはないと言われます。

ということは、日本人のルーツで遺骨へのこだわりがあるのは現在では、先日から紹介しておりますマレー系の人々だけになります。

マレー系の人々は、古代においては倭国(九州王国)建設や百済王国建設に関わり、日本の中心であった時代があることを拙ブログでは指摘してきました。その時代、遺骨はその人の本体だというマレー系民族の考えが古代に広まり、遺骨=霊となり、日本人の遺骨へのこだわりとなっていったことが予想されます。例えば、骨を拾う、というのは昔からある言葉です。

その後、仏教式葬式が主流となり、その思いは表には出てこなくなりました。しかし、戦後、外国で亡くなった人たちの遺骨収集が行われるようになり、その遠い思いが最近になって蘇ってきたような印象を受けます。

なお、上の写真は記事と関係ありませんが、我が菜園の不老長寿の実と言われるクコの実の様子です。私ことですが、クコの実を食べ、ここ数年、カゼひかず、です(笑)。


日本史ランキング
[ 2017/12/01 09:09 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(0)

神武東征とイモガラ木刀愚考(日本人のルーツ)

サトイモの掘りあげた株


神武東征とイモガラ木刀愚考(日本人のルーツ)

古事記と日本書紀によりますと、神武天皇は、宮崎県(日向国)高千穂の峰から降り立ったと言われます。そして、その日向国を平定すると、日本国を統合するため九州を北上し、そして、東へ向かい、幾多の困難を乗り越え、奈良の地に 我が国最初の統一王朝(大和朝廷)を作られたと言われます。

その勇猛果敢な神武天皇を祖先にいただく宮崎県民ですが、今はイモガラ木刀と呼ばれていることを2日前に紹介しました。一説によれば、神武東征のときに、勇猛果敢な人たちは皆出て行ってしまい、残ったのはイモガラ木刀ばかりだったということです。(ほんとかい?)

一方、宮崎県の県民性を表す言葉に「よだきんぼ」(よだきい)があります。その意味は、暑い気候なので、疲れるね、だるいね、やる気出ないね、という感じの言葉でしょうか。

また、宮崎県では「お疲れ様です」という挨拶が朝から聞かれます。私は、着任したばかりのとき、朝から疲れて1日もつのか、と心配したことがあります(笑)。

これらのことから想像しますと、イモガラ木刀のルーツは宮崎の暑い気候にあるのではないかと思われます。すなわち、昔は勇猛果敢な性格であったが、暑い気候のなかで暮らすうちに、宮崎の男はイモガラ木刀になってしまった、という感じでしょうか(笑)。

なお、上と下の写真は、イモガラ木刀関連というわけではありませんが、自然との共生を目指す我が菜園のサトイモ栽培の様子です。今年は、前半は低温乾燥で生育が遅れましたが、後半は雨が多く豊作になりました。

サトイモ菜園10月の様子


日本史ランキング
[ 2017/11/13 07:37 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(2)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR