2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

秋田美人のルーツは縄文時代最盛期の日韓交流時代にある(北方系と日本人)

古代の人口変動(北陸と東海)


秋田美人のルーツは縄文時代最盛期の日韓交流時代にある(北方系と日本人)

拙ブログでは、秋田美人のルーツは北方系のツングース系民族であること、関連し、日本海は美人の山地であることを紹介してきました。今回は、小山(1984)の古代人口資料から、何時頃来たのか愚考します。

北方系民族の大半は、食料を求め、4200年前の寒冷化時代から来たと拙ブログでは推察しております。しかし、少しですが、それ以前も来た感じがします。それは縄文時代最盛期の5000年前頃のことです。

小山(1984)の資料ですが、5000年前の状況を日本海側(北陸)と太平洋側(東海)で比較しますと、北陸は東海と比較し大きく人口が増えています(上図参照)。この差は自然増加以上のこと、すなわち移民があったことを伺わせます。

そこで考えますと、当時は、山内丸山遺跡から分かりますように東北の縄文時代最盛期です。海洋交易も盛んで、富山の翡翠、遼東半島の円筒土器などが山内丸山遺跡で出土しています。すなわち、この時代、遼東半島や朝鮮半島からツングース系民族も、日本海側の各地に移住してきた可能性があります。

そして、秋田について言えば、アイヌ系の人々が山間部に住んでいたことは明らかですが、海岸に近いところでは少ない可能性があり、そこへ比較的多くのツングース系民族が渡来してきたのではないかと推察されます。そして、そうした関係から色白高身長の秋田美人が生まれたのではないかと推察されます。

なお、下の写真は記事と関係ありませんが、自然との共生を目指す我が菜園の菊の花の様子です。放置栽培ですが、晩秋となると毎年、美しい花を見せてくれます。

有機菜園の菊11月


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/11/17 07:51 ] 北方系と日本人 | TB(-) | CM(2)

ツングース系到来と日本美女伝説愚考(北方系と日本人)

マダガスカル薬用クモ


ツングース系到来と日本美女伝説愚考(北方系と日本人)

前回(11月2日)、ツングース系の人達が日本に来て人口の半分近くになったことを紹介しました。今回は、浮世絵等を例に、その影響について検討します。

北方では冬の寒さが厳しく、それに適応した身体的特徴として、体が大きくなり(高身長)、足は短く(胴長)、眼は細く一重瞼になった、と言われており、これがツングース系民族の特徴ともいわれております。

この観点から浮世絵美人画を見ますと、色白、高身長、胴長、細い目一重瞼で、これらの特徴は北方系すなわちツングース系民族の特徴と一致します。

拙ブログでは、秋田美人にも、これらの特徴が表れていることを以前(2017年8月26日)に紹介しました。

何故、浮世絵は北方系なのか、個人的愚考ですが、日本人とくに色黒の縄文人は、移住してきたツングース美女を初めて見たとき、その肌の美しさに驚き、色白女に対する憧れが増幅したのではないかと思われます。古くからある言葉ですが、「色白女七難隠す」とか、「美人とは皮一枚のいたずらなり」と、言われてきました。

それは、初めに平安絵巻に現れましたが、そのイメージが江戸時代まで続き、浮世絵として登場したのではないかと思われます。さらに、近代においては、谷崎純一郎の小説「春琴抄」には、その様子が如実に表現されていた感じがします。そして、「春琴抄」は何度も映画化されていますが、そこでは、「美人とは皮一枚のいたずらなり」という日本人の美意識が象徴的に表現されていた感じがします。

また、日本各地に雪女伝説がありますが、その描写にも似たようなところがあります。

まとめますと、日本の美女伝説に関し、北方系美女というのは重要な役割をしていると思われます。拙ブログでは、ツングース系民族の影響は多数来た割には日本の歴史や社会には大きな影響は残していないと判断しておりますが、美女伝説には大きな影響を残していると思われます(笑)。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、マダガスカルの薬用のクモです。食べることができ、健康に良い、美肌に良いということでしたが、私には食べることはできそうもありませんでした(笑)。

マダガスカル薬用クモと住まいの木


日本史ランキング
[ 2017/11/15 08:10 ] 北方系と日本人 | TB(-) | CM(2)

古代にツングース系民族が来た人数は年平均100人程度か(北方系と日本人)

古代におけるツングース系民族の日本移住


古代にツングース系民族が来た人数は年平均100人程度か(北方系と日本人)

前回(2日前)、ツングース系民族が、地球寒冷化に伴い4000年前頃から朝鮮半島から日本に来て人口の半分ぐらい占めるようになったことを、Y染色体ハプログループ解析から推定しましたが、この関係を上の地図に示しました。

今回は、いつ頃、どのくらいのツングース系民族が日本にきたのか愚考します。

古代の人口を遺跡から推測した小山氏の資料(小山修三著 中公新書 1984)によりますと、2000年前頃の弥生時代初期の日本の人口は約60万人です。ここから推定しますとツングース系の人数は、その割合は全人口の半分ですので、30万人と推定されます。

そこで、寒冷化が始まった4000年前から寒冷化が終わった2000前に新天地を求めて大半の人が来たとすると、渡来人の年間数を単純計算しますと、30万人/2000年で150人/年になります。この時期、平均すると1年当たり150人ぐらい日本に移動してきたと推定されます。この数字には移住後の自然増は含まれていませんので、それを考慮すると実際に移動してきたのは年間100人前後と予想されます。

関連し、ツングース系民族が朝鮮半島南部から移入してきたことから推察しますと、移入地域は、北陸、近畿、中国、四国、九州が考えられます。そこで、上記の小山氏の資料を詳しく見ますと、4000年前(BC2000年)と3000年前(BC1000)を比較しますと、2回の冷害の影響を受け、いずれの地域も人口が減っておりますが、九州は減り方が少ないことが分かります(下図参照)。すなわち、ツングース系民族はまず九州を中心に移入してきた可能性があります。

古代における九州など各地域の人口変動


一方、その後の3000年前(BC1000年)と2000年前(0年)の比較ですが、冷害が無かったためか、いずれの地域も人口が増えています。なかでも、九州と近畿が増えていますが、これは、ツングース系民族は、まず九州に移入し、その後、近畿に移入したためと推察されます。

さらに、この九州と近畿の著しい人口の増加は、ツングース系民族が鉄器を持ち込み食料増産に貢献したためと推察されます。稲作には、耕起、除草、水路開発などが求められますが、鉄器なしにはこれらの作業は簡単にはできません。鉄器導入は2500年前頃ですので、3000年前頃から移入してきたツングース系民族が、このために重要な役割をしたと推察されます。

まとめますと、ツングース系民族が年間に平均100人程度、継続的に来たという推定から考えますと、日本社会への文化的影響は小さかったことが予想されます。例えば言葉です。日本語に対するツングース系言語の影響は僅かしか認められません。日本の言語はアイヌ系言語が基層となり確立してきたと言われますが、それを変えるほどの影響は無かったことになります。

しかし、2500年前からの移入では、鉄器導入に関与し、農業とくに稲作の発展に寄与したと思われます。なお、稲作導入に関しては、先に朝鮮半島と九州に移入してきたマレー系民族が主として関与したと、拙ブログでは指摘しております。


日本史ランキング
[ 2017/11/05 15:05 ] 北方系と日本人 | TB(-) | CM(2)

ツングース系の人達は西から少しずつ東へ広がった(北方系と日本人)

韓国、関西、関東のツングース系割合


ツングース系の人達は西から少しずつ東へ広がった(北方系と日本人)

前回(2日前)、モンゴル系と中国系の混合混血民族のツングース系民族が寒冷期の4000年前頃から少しずつ日本に移住し、その割合が日本人の半分になったことを紹介しました。今回は、この関係を、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)から愚考します。

Kimら(2011)は、韓国のモンゴル系(ハプログループC)は13%、中国系(ハプログループO2)は44%としております(下表参照)。一方、Nonakaら(2007)は、関西はモンゴル系が7%、中国系24%、そして、関東はモンゴル系が4%、中国系15%、としております。

これらのことは、ツングース系民族のベースのモンゴル系も中国系も、朝鮮半島から西日本(関西)に移住し、その後、関東にも少しずつ移住してきたことを示唆します。この関係を上の図に示しました。

弥生遺跡では、北九州を中心に高身長の遺体が散見されますが、それは、高身長のツングース系が日本に移住してきた証拠と思われます。そして、拙ブログでは、ツングース系民族の日本移住は2000年前の弥生後期にほぼ終わったと推測しております。その根拠は次のとおりです。

1. 弥生後期には鉄器が導入され、稲作の食料生産が朝鮮半島でも安定し、食料問題が無くなった。
2. 4200年前~4000年前と3500年前~3200年前のような深刻な寒冷期は、その後起こっていない。
3. 2000年前頃から朝鮮半島は国家の建設が進み、その後の歴史資料に、朝鮮半島から日本への極端な民族移住の記録はない。

まとめますと、ツングース系民族の日本への移住は2000年前(弥生時代後期)に終わり、一方、日本に移住した人々は、関西に居住し日本人と混血し、その後少しずつ東方面(関東)に移住し、現在の日本の状態ができあがった、と思われます。

韓国、関西、関東の民族のルーツ割合


日本史ランキング
[ 2017/11/04 08:06 ] 北方系と日本人 | TB(-) | CM(0)

ツングース系の人達は日本人の半分になった(北方系と日本人)

ツングースの発生と日本への道


ツングース系の人達は日本人の半分になった(北方系と日本人)

秋も深まる11月となり、肌寒くなってきたこの頃です。

さて、拙ブログでは、ツングース系民族は満州辺りで発生したモンゴル系と中国系の混血民族であること、そして、朝鮮民族は、その北方由来のツングース系民族70%と南部由来のマレー系民族30%の混血であり、その関係から言語はツングース系の言語であり、ツングース系民族に分類されることも指摘してきました。

さらに、地球の寒冷化に伴い、ツングース系民族は4000年前頃から南下し、朝鮮半島を経て日本にもくるようになったことを指摘しております。

今回は、どのくらいの人達がきたのか、ハプログループの解析から推察したことについて紹介します。

最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)で、Hammerら(2005)は、中国系(ハプログループ O2)の人達が20%も日本に居ることを報告しております。一方、ツングース系と言われる韓国ですが、Kimら(2011)によれば、中国系は日本の2倍の44%も居ます。この数値が4000年前も同じであったかは定かでありませんが、ツングース系の民族が朝鮮半島にその頃から居たことが知られていますので、似たような割合かと思われます。

そこで、当時、日本では中国系は0%であったと仮定し、40%の中国系を含むツングース系民族が朝鮮半島から日本にきて、その半分の20%に日本で薄まったと仮定しますと、ツングースの人達は、当時の日本人の半分に相当する人たちが来たことになります。

また、同じように、ツングース系の中のモンゴル系のハプログループ(C)について検討しますと、韓国でモンゴル系の割合は13%(Kimら 2011)です。そこで同じく、そのモンゴル系も日本で半分に薄まったとすると、日本でのその割合は約7%になります。この数値は、現在の日本のモンゴル系は9%(Hammerら 2005)ですので、かなり近い数字になります。

以上のことから、日本にツングース系の人達が、4000年前頃から移動してきているうちに、日本人口の半分を占めるようになった、と推察することができます。

関連し、ウエブ検索しますと、縄文時代から弥生時代にかけ渡来人が多数きているという専門家の報告は多数ありますので、ツングースの人達が日本人の半分を占めたという拙ブログの仮説は妥当かもしれません。

関連し、ツングース系民族の日本への移住経路について上の地図に示しました。また、民族別の人口の割合変化をHammerら(2005)とKimら(2011)の報告を基に下表に示しました。

それぞれの時代の民族別人口比

さらに、関連し、日本に、アイヌ系、マレー系、ツングース系が移住してきた時代の特徴を下表にまとめました。すなわち、日本は、当初アイヌ系が住み着き人口の90%を占め、ついでマレー系が住み着き人口の30%を占め、最後にツングース系がきて人口の半分(50%:中国系20%+モンゴル系10%+韓国由来マレー系15%)を占め、現在に至ったと推察されます。

それぞれの時代の民族構成特徴

DNA研究、Y染色体ハプログループ解析とは?

参考までに、Y染色体ハプログループ解析について、初めての人のために紹介しますと、次のような感じです。

男性か女性を決める染色体にXとYがあります。XYが男性、XXが女性になるわけですが、Y染色体は男性にだけあり、父親から男の子供に引き継がれることになりますので、そのY染色体をたどると父親のルーツが分かることになります。

このY染色体は、巨大なDNA配列の塊からできておりますのでそのDNAの配列から種類を細かく分類でき、人類の祖先のDNAを分類するのに最適と言われております。

たとえば、Y染色体ハプログループがD型ですと、それはアイヌに多い型ですので、その人の男親のルーツはアイヌ系となります。そして、このD型という分類は、10万年経過しても、マイナー変化はありますが、D型のままで変わることはありません。


日本史ランキング
[ 2017/11/02 07:57 ] 北方系と日本人 | TB(-) | CM(6)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR