2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

仏教は不殺生、自然との共生思想と違う(縄文思想と日本人)

サツマイモの葉の虫食われ


仏教は不殺生、自然との共生思想と違う(縄文思想と日本人)

「落語的笑いのすすめ」(桂文珍著 平成18年)を読んでいたら、立松和平さんが四万十川のヤマメを食べ、「必要以上にとってはいけません」と言っていたことが紹介されていました。

そして、「これは仏教の考えでしょう、おそらくは無駄な殺生をしないということなんでしょう」と桂文鎮さんが解説していました。

関連し、これは、仏教の考えでなく、日本人の自然との共生思想だと思ったところです。関連し、今回は、この仏教と自然との共生の考えの違いについて愚考します。

まず、仏教の教えは不殺生です。人は死ぬと別の生き物に生まれ変わるという輪廻の考えです。すなわち、生きているものは別の生き者に生まれ変わるのだから、どのような生きもの、虫も殺してはいけない、ということだと思います。

一方、日本人の考えは、自然との共生がベースにあり、人間は自然の一部であり、食べるために生き物を少し殺生するのは問題ない、という感じでしょうか。

日本人の思考様式は、私もそうですが、不殺生の仏教よりも、この自然との共生という考えに近いのではないでしょうか。最初に出てきた立松和平さんも、名前のとおり「和平」(自然との共生)の考えだと思われます(笑)。 

また、関連し、日本人は食事前に「いただきます」と言いますが、その言葉には植物や動物の生命をいただくことに感謝の意味が込められていること、それは縄文時代から続いていることを拙ブログで紹介したことがあります。

まとめますと、生き物を殺すことに関し、日本人は深層心理として、自然との共生という縄文時代からの思想を強く残している、と思われます。このため、仏教の不殺傷は受け入れられなかったと思われます。

関連し、上の写真は、サツマイモの葉を食べる夜盗虫が激しく発生した昨年の菜園の様子です。妻は、300匹ぐらいの虫をハサミで切って殺し、収まったと言っていました。これだけの生き物を殺しても平気ですから妻は仏教徒ではありません(笑)。

この妻の努力のためかサツマイモは、下の写真のように大豊作でした(笑)。

サツマイモ収穫物


日本史ランキング

スポンサーサイト
[ 2017/11/19 07:17 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(0)

「墓なし坊主なし弔い」愚考(縄文思想と日本人)

アケビ収穫物


「墓なし坊主なし弔い」愚考(縄文思想と日本人)

墓なし・坊主なしの弔いをやってわかったこと」という記事がダイヤモンドオンラインに出ておりました。前回(2日前)の葬式記事に通じるところがありますので、続編として今回は「墓なし坊主なし弔い」について愚考します。

まず、その記事の一部(末尾)を紹介しますと次のとおりです。

母は、実家の仏壇も撤去し、縁の近い先祖数人の写真を箪笥の上の目立つ場所に飾って、毎日、写真に向かって語り掛けている。彼女は、「狭い仏壇の中に閉じ込めておくよりも、はるかにご先祖様に対して親しみが湧くし、彼らのことを思い出す」と言っている。気が向いたら、飲み物や食べ物をお供えすることも勝手にできる。

 彼女も彼女の子どもたちも無宗教だが、先祖に対する親しみや感謝の念は大いに持っている。また、冒頭にも述べたように、筆者は他人の信仰心を否定しようとは思っていない。生きている者の気持ちが整い、気が済めばいいのだ。
 ただ、宗教及び「宗教ビジネス」を介在させなくとも、心のこもった弔いはできるし、先祖を思い出して感謝する生活をすることができる、ということをお伝えしたいだけだ。

 父の遺骨は、しばらく自宅に置かれる予定だ。どこかに散骨するのがいいか、自分も一緒に埋葬してもらえるようにどこかの施設に埋葬するか、遺骨の処置を、母はゆっくり考えるという。

 息子としては、もちろん散骨で構わないし、あるいは、母親も彼女の子どもも都会の賑わいと人間が好きなので、彼女の娘と息子が暮らす東京都下の共同埋葬施設に納めてもらうのがいいかもしれない、とも思っている。

 明日あたりは、父の写真が実家のどこかに飾られるはずだ。父の写真にあれこれ語り掛けながらの、母の新しい生活が始まる。(引用終了)

まとめますと、「心のこもった弔い」は、宗教及び「宗教ビジネス」を通じて行なわなくても、家族葬でできるということだと思います。

前回の報告でも紹介しましたが、日本の葬式は通夜と仏教式の二つを行いますが、通夜は日本古来の縄文時代からある儀式で「あの世への送る儀式」、仏教式は新しい儀式で「極楽浄土へ送る儀式」で、内容が違います。

本記事にあります「墓なし坊主なし弔い」は、どちらかと言うと日本古来の葬式に近いと思われます。

以上、「墓なし坊主なし弔い」愚考でした。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、自然との共生を目標に日々遊んでいる我が菜園のアケビの様子です。種があり食べにくいですが、ジュウシイで甘くたいへん美味しいです。これを食べるたびに山で遊んだ少年時代を思い出します(笑)。

アケビの実10月


日本史ランキング
[ 2017/10/31 07:20 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(2)

通夜は縄文時代の葬式(縄文思想と日本人)

菜園の草葉の陰2


通夜は縄文時代の葬式(縄文思想と日本人)

拙ブログでは、日本の言語、文化、宗教について、それらは縄文時代までたどれることを検討しております。今回は通夜の由来について愚考します。

故郷の福島の田舎に帰り、葬式に参列したときのことですが、会席で若い人たちに、なぜ通夜は夜に行われるかについて聞いたところ、高校で先生をしている人さえ知らないと言われ、驚きました。

日本人でありながら、通夜の意味も知らないで葬式に出ているのは問題ですので、今日は、その意味について愚考します(笑)。

哲学者、梅原猛の研究によりますと、通夜は縄文時代からあり、それは、死者を「あの世」に送る儀式であります。「あの世」は現世と逆(あべこべ)の世界で、現世が夜なら「あの世」は昼になります。すなわち、もし、昼に通夜(葬式)を行うと、「あの世」は夜であり、暗くて行けないことになり、昼はできないとなります。

その後、仏教が日本に伝わり、仏教式による葬式が主流になりましたが、「通夜」の儀式が仏教に取り込まれ現在に至ったと言われます。

日本人は、あの世のことを「草葉の陰」とも言います。そして、「草葉の陰から両親が見守っている」というような言い方もあります。

関連し、上と下の写真は我が菜園における草葉の陰の風景ですが、縄文時代においては、「草葉の陰」は身近な世界で、菜園の隣の草葉という感じでとらえていたのではないかと想像しています。

菜園の草葉の陰1


日本史ランキング
[ 2017/10/27 07:42 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(4)

レットイットビーと縄文思想(縄文思想と日本人)

菜園のコスモス10月1


レットイットビーと縄文思想(縄文思想と日本人)

明日は衆議院投票日です。より良い政治を期待し、自然との共生に共感できる当選可能な候補者に投票予定です。

さて、前回(2日前)「ジョン・レノンの縄文思想」について、「イマジン」の詩を例に紹介しました。

続いて今回は、ジョン・レノン作詞の大ヒット曲の「Let it be!」の縄文思想について愚考します。

「Let it be!」を直訳しますと、「自然にまかせろ」、「自然のままが良い」、という感じでしょうか。この詩も拙ブログのテーマでもあります「自然との共生思想」(縄文思想)を感じさせます。

イギリス人なのに、何故、ジョン・レノンは、そのような考えを持っているのでしょうか、調べたところ、次のような感じでした。

 1940年 イギリスのリバプールで生まれる。
 1962年 ビートルズ結成
 1966年 キリスト教批判(キリストに問題がないが・・・)
 1966年 日本文化に興味、日本画家のオノヨーコに会う(1969年結婚)
 1969年 「イマジン」発表(正式発表は1971年、反戦歌と評価される) 
 1970年 「Let it be!」発表
 1971年 2回目の日本訪問
 1980年 ニューヨークのアパート前で暗殺される

この年表から愚推しますと、「キリストに問題はないが現在のキリスト教には問題がある。一方、戦争を求めない縄文思想には共感できる。」、という感じでしょうか。

まとめますと、ジョン・レノンが、「イマジン」や「Let it be!」を作詞作曲した背景には、日本人の縄文思想に共感していたことが感じられます。

そして、前回の繰り返しになりますが、キリスト教批判と反戦思想(縄文思想)のため、ジョン・レノンは暗殺されたと思われます。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、現在の我が自然との共生をめざしている菜園の様子で、コスモスの花咲く秋の様子です。秋も深まってきました。

菜園のコスモス2


日本史ランキング
[ 2017/10/21 08:07 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(3)

ジョン・レノンの「イマジン」と縄文思想(縄文思想と日本人)

キウイ10月無農薬


ジョン・レノンの「イマジン」と縄文思想(縄文思想と日本人)

青春時代に流行ったビートルズの曲に「イマジン」という曲がありますが、イギリス人の作品なのに縄文思想が入っているのでないかと思います。関連し、今回は、そのジョン・レノンの「イマジン」と縄文思想について愚考します。

まず、その詩を引用しますと次のとおりです。

Imagine there is no heaven
It’s easy if you try
No hell below us
Above us only sky
Imagine all the people living for today aha-ha

Imagine there’s no countries
It isn’t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people living life in peace yu-huh

そこで、詩の内容ですが、次のような感じでしょうか。

想像すると、この世には地獄も天国もない、上に空があるだけだ。そして、国がなければ人々は殺し合いもせず平和で幸せに暮らすことができるのだが・・・。

まとめますと、これは、まさに、私たち日本人の祖先が自然と共生していた縄文時代そのものの平和な時代の姿ではないかと思います。

一方、阿修羅掲示板に、「ジョン・レノンは世界を支配している人たちが誰なのかを知っていました」 という記事があり、その記事では、ジョン・レノンは暗殺されたということが紹介されていました。

そこで暗殺された理由について推察しますと、ジョン・レノンの「イマジン」の詩の意味すること、すなわち既存の宗教(キリスト教)や体制(国)の否定にあったのではないでしょうか。

それは日本では何でもない思想です。しかし、一般民衆の音楽の頂点に立っている者がそのような思想を歌い、そのような思想が自然と民衆に広まってしまうことは、欧米の支配者から見ると許されないことだったと思われます。地動説のガリレオの例を出すまでもなく、中世ヨーロッパでしたら魔女狩り裁判にかけられたところです。

一方、ジョン・レノンの自然と共生し平和を愛する思想のルーツですが、結婚した日本人女性画家(オノヨウコ)の影響があったと思われます。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、自然との共生を目標にしている我が菜園の様子で、キウイとカキの収穫直前の様子です。無農薬ながら、美味しい果実が採れております(笑)。

カキ10月無農薬


日本史ランキング
[ 2017/10/19 08:43 ] 縄文思想と日本人 | TB(-) | CM(4)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR