2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
月別アーカイブ  [ 2017年09月 ] 

毛人の国愚考(アイヌ系と日本人)

毛人の国7世紀(地図)

中国の「旧唐書」に、倭国に代って新しく朝貢を始めた大和政権の記述が有り、「その国の境界は東西南北とも数千里ある。西と南はそれぞれ大きな海が境界となり、東と北には大きな山があり境界となっている。その山の外側は毛人の国である」、と紹介されています。

この毛人の国はアイヌ系(蝦夷)の国であると推察されますが、今回は、その毛人の国の範囲について愚考します。

「旧唐書」は945年に完成したとあります。おそらく、遣隋使や遣唐使の情報も含めて、大和政権(7世紀頃)の日本国の情報が記されたのだと思われます。

そして、日本には3世紀頃朝貢してきた倭人の国があったが、新しく朝貢してきたのは倭国を統合した新しい政権の日本(大和政権)である、と中国側が理解している様子がうかがえます。こうした状況について、「唐の時代の正史では倭国と日本国とは別の国である~~大和朝廷の統一2」http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-8.htmlに詳しい解説があります。

そして、「旧唐書」から当時の日本人について推察しますと、九州にいた倭人は大和政権に統合され日本人と呼ばれるようになり、一方、それと別に大和政権の支配が及ばない毛人の国があった、と理解されます。

そして毛人の国ですが、関東地方に毛の国(群馬県当たり)があったことから推察しますと、「旧唐書」にある東の大きな山は、箱根あたりをさすと思われます。また、大和の北にある大きな山は、北アルプスと推察されます。

ということは、7世紀頃の大和政権は、東は東海地域、北は北陸の福井・石川当たりまでが支配地域であり、その他の地域は毛人の国であった、と推察されます。

最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)でNonakaら(2007)は、関東人の50%近い人が今でもアイヌ系であることを示しておりますが、当時はアイヌ系の比率はもっと高かったと推察されます。

関連し、「旧唐書」に基づいた奈良時代(7世紀)の様子を図解しますと、上図の感じになると思われます。

そして、8世紀(奈良時代)に入りますと、大和政権は奥州支配に本格的に乗り出し、毛人の国のほとんどが大和政権に入り、従わない毛人の国(蝦夷)の地域は少なくなり、越国(北陸)や関東(坂東)に関しては中央から国司が任命されるにいたりました。

関連し、9世紀の平安時代(京都政権)の様子を下の地図に示しました。

蝦夷アテルイが朝廷軍を破った巣伏の戦いが8世紀(789年)にありましたが、9世紀(平安時代)に入ると抵抗する蝦夷も少なくなり、大和政権の奥州支配が完了したと思われます。

しかし、関東で独立の動きをした平将門の乱(939年)、京政権から独立していた藤原3代の欧州支配(12世紀)などの動きを見ると、もと毛人の国は京都政権に完ぺきには支配されてはいなかったと思われます。

蝦夷の抵抗9世紀(地図)


日本史ランキング

スポンサーサイト
[ 2017/09/07 07:08 ] アイヌ系と日本人 | TB(-) | CM(2)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR