fc2ブログ

Archive2024年01月 1/1

北九州倭国の繁栄と滅亡 2.北九州人のDNA、方言、博多美人

北九州倭国の繁栄と滅亡 2.北九州人のDNA、方言、博多美人前回、北九州倭国のルーツは中国南部由来のマレー系稲作民族であることを紹介しました。 このことについて、今回は、Y染色体ハプログループ分類のデータ、マレー系の低身長で可愛らしい顔立ち(博多美人)、残されたマレー系の言語(方言)、の観点からさらに検討します。 まず、Y染色体ハプログループ分類のデータですが、下表にありますように、Satoら(2014)のデータ...

  •  4
  •  -

北九州倭国の繁栄と滅亡 1.倭国のルーツは北九州のマレー系

北九州倭国の繁栄と滅亡 1.倭国のルーツは北九州のマレー系北九州倭国と邪馬台国については、歴史の舞台が同じ北九州であったことから、関連があるように受け取られてきました。また、そのような報告もあります。 一方、3世紀の邪馬台国時代、邪馬台国は大分当りにあったことを拙ブログでは紹介してきました。詳しくは拙ブログのカテゴリ「邪馬台国の真相」を参照願います。 そして、邪馬台国が滅びた後、北九州には倭国が登場...

  •  3
  •  -

北九州倭国の繁栄と滅亡 はじめに

今回から「北九州倭国の繁栄と滅亡」について記事アップします。今回は初回「はじめに」です。北九州倭国の繁栄と滅亡 はじめに北九州に倭国(北九州倭国)があったことは、中国南朝の歴史書、さらには百済の歴史書に書いてあることから間違いないことと思われます。 中国南朝の歴史書(宋書等)にある北九州倭国の上奏文には、高句麗に圧迫されている百済への支援と、朝鮮半島南部を支配している北九州倭国の承認(官位)があり...

  •  2
  •  -

十五朗穴横穴群に葬られた人々愚考

十五朗穴横穴群に葬られた人々愚考東京新聞(2023.10.22)に茨城地域情報として「十五朗穴横穴群国史跡へ」という記事が掲載されていました(上図参照)。十五朗穴横穴群は横穴古墳ですが、記事によれば次のとおりです。 古墳時代末期から平安時代初頭まで使用されていた東日本最大級の横穴墓群「十五朗穴横穴群」・・・土に埋まっている部分を含めると、総数500基以上と推定されている。(以下略) 以上の記事では、そこに葬ら...

  •  2
  •  -

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年(2024年)の豊富について紹介したいと思います。 昨年は、「天皇家はアイヌ系」を軸に、記事アップしてきましたが、そのことが一般にはほとんど知られていない状況です。そこで、このコンセプトをさらに続けていきます。 そして、これからのまとめ予定ですが次のとおりです。 まず、年末にアップする予定だった「十五朗穴横穴群に葬られた人々愚考」について1月4日頃にアップします。 つ...

  •  0
  •  -