FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

神社と日本人のルーツ愚考(日本人のルーツ)

マダガスカル石海岸の夕暮れ


神社と日本人のルーツ愚考(日本人のルーツ)

神社信仰は日本独自の精神文化の象徴とも言われます。世界宗教の範疇で言えば、3大宗教とは別のもので、多神教あるいは原始宗教の一部と分類されます。今回は、神社のルーツについて、日本人のルーツ、すなわち、アイヌ系、マレー系、ツングース系、それぞれの神社との関りについて、2回に分けて愚考します。

まず、拙ブログで何度も紹介していることで恐縮ですが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)から、日本人のルーツは、最初に来たアイヌ系が35%、次いで南方から来たマレー系が30%、最後に朝鮮半島から来たツングース系が30%、その他が5%と分類されます。

まず、アイヌ系と神社の関りですが、縄文時代に自然との共生をベースにした社会を作りました。そして、あらゆる自然のものに怖れをいだき神的なものを感じる世界観を持つようになりました。その世界観は、次にきたマレー系民族とツングース系民族にも広がり、現在の日本人の精神世界となっていったと思われます。

そこでは、それらの中でも人が特に怖れをいだくもの、例えば神々しい山、巨大な岩などに強い神の存在を感じ、そこを祈りの場所にしていき、そこが神社の場所になっていった、と予想されます。

ブログ仲間に「神秘と感動の絶景を探して」がありますが、そこではそのような縄文時代からある場所に神社があることを紹介しております。

次にマレー系の民族ですが、彼らは神社のなかでもその入り口となる鳥居を導入したと思われます。このことは、照葉樹林文化導入と関係しておりますが、次回紹介したいと思います。

最後に、ツングース系民族ですが、彼らは、中国文化の影響を強く受けていますので、神社の境内に、その中国にあるような立派な様式を求めたのではないかと思います。孔子廟のようなものを真似たものと思われます。

まとめますと、神社の祖型は縄文時代にあり、祈りの場がまずでき、そこへ簡単な鳥居が作られ、最後に、稲作の導入で富が増えると拝殿が作られ、現在の神社になっていった、と思われます。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、先日紹介のバオバブの林の近くのマダガスカル西海岸の夕暮れと昼の様子です。夕暮れは神秘的と思われます。

マダガスカル西海岸の昼


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/12/03 08:18 ] 日本人のルーツ | TB(-) | CM(4)
こんにちは(o^―^o)
神社は、アイヌ系、マレー系、ツングース系が、
うまく混ざった日本にだからこそ生まれた ということでしょうか。
非常に興味深いです。

海に沈む夕日、とってもきれいですね~♪
[ 2017/12/03 16:18 ] [ 編集 ]
Re: pilさん、神社のルーツ
pilさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

神社のルーツ、ご指摘のとおりです。
そして、縄文思想がベースであること、これが決定的だと思っています。
草々

> 神社は、アイヌ系、マレー系、ツングース系が、
> うまく混ざった日本にだからこそ生まれた ということでしょうか。
> 非常に興味深いです。
>
> 海に沈む夕日、とってもきれいですね~♪
[ 2017/12/03 22:34 ] [ 編集 ]
こんにちは

先日はコメント有難うございました。
以前からレインボーさんの経歴は凄いなぁと密かに思っていました。
全く私の知らない世界を記事にしているので、とても勉強になります。
と言いますか海外すら行った事がありません(お恥ずかしい限り・・・)

リンク貼り付け有難うございます。レインボーさんのリンクも当ブログに貼らせて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。
[ 2017/12/04 09:25 ] [ 編集 ]
Re: 芽吹さん、感謝
芽吹さん
コメントへの返事、ありがとうございます。

嬉しいですね、こうしたコメントをいだだけるのも。
なお、リンクですが、いいブログには勝手ながらリンクさせて頂きました(笑)。
草々

> こんにちは
>
> 先日はコメント有難うございました。
> 以前からレインボーさんの経歴は凄いなぁと密かに思っていました。
> 全く私の知らない世界を記事にしているので、とても勉強になります。
> と言いますか海外すら行った事がありません(お恥ずかしい限り・・・)
>
> リンク貼り付け有難うございます。レインボーさんのリンクも当ブログに貼らせて頂きます。
> 今後とも宜しくお願い致します。
[ 2017/12/04 17:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR