FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

鳥居のルーツは照葉樹林文化地帯の原始宗教か(南方系と日本人)

ミャンマー山中の神社


鳥居のルーツは照葉樹林文化地帯の原始宗教か(南方系と日本人)12.5

拙ブログでは、日本人の深層心理には縄文思想、すなわち自然との共生思想が流れていることを検討しています。関連し、この世界観が神社信仰のベースであることを前回紹介しましたが、今回は、神社の入り口と言われる鳥居のルーツについて愚考します。

まず、上と下の写真は、私が仏教国ミャンマーの田舎に稲の調査で行ったとき、山中で撮ったもので、現地の人に聞いたところ、仏教でなく在来宗教(原始宗教)の神社の入り口だと言われました。この神社の入り口の様子が日本の神社の鳥居と同じルーツか分かりませんが、日本の神社の祖型かと思いました。

ミャンマー山中神社の入り口(鳥居)

調べますと、鳥居のルーツは照葉樹林文化地帯にあるという報告があります。例えば「鳥居論---ニッポン人の鳥信仰とその出自」です。私がミャンマー山中で見たのもそれかもしれません。

拙ブログでは照葉樹林文化地帯と言われる中国南部にマレー系の人々が多数居ることを紹介してきました。その最南端に海南島がありますが、魏志倭人伝によれば倭人はその海南島の人々に似ているという記述があります。

ということは、照葉樹林文化地帯に住んで居たマレー系の人々(倭人)が、日本に来て、そこにあった鳥居様式を導入した可能性があります。初めは粗末なもので遺跡には残りませんでしたが、古代になると立派なものを作るようになったと思われます。

そこで、前回の報告を含め、まとめますと、神社のルーツは、アイヌ系の自然との共生思想に由来する神々、マレー系の人々が照葉樹林文化地帯から導入した鳥居、そして、中国の廟様式を真似た境内が合体し、できあがってきたものと思われます。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/12/05 08:30 ] 南方系と日本人 | TB(-) | CM(2)
鳥居の始原
本殿?の前に、独立して立っているのですから、ほんとに鳥居のルーツの可能性が高いですね。アイヌ系、マレー系、中国系を三本柱に熟成したのが日本の神道なら、まだまだ細部の共通項が出てきそうで楽しみです。

(拙ブログの紹介をしていただき、ありがとうございました。)
[ 2017/12/05 15:06 ] [ 編集 ]
Re: sazanamijiro 様、鳥居のルーツですが
sazanamijiro 様
貴重なコメント、ありがとうございます。

鳥居のルーツですが、マレー系民族の所産かと思います。
そして、神社のルーツはsazanamijiro様のご指摘のとおり、縄文時代の日本人の信仰にあると思います。

さらに、狛犬とか拝殿とか、どのように発展していったのか興味深いところです。
これからもよろしくお願いします。
草々


> 本殿?の前に、独立して立っているのですから、ほんとに鳥居のルーツの可能性が高いですね。アイヌ系、マレー系、中国系を三本柱に熟成したのが日本の神道なら、まだまだ細部の共通項が出てきそうで楽しみです。
>
> (拙ブログの紹介をしていただき、ありがとうございました。)
[ 2017/12/05 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR