FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

古代北九州ではマレー語が使われていたようだ(日本語のルーツ)

マレーシアのマラッカのサンチャゴ砦


古代北九州ではマレー語が使われていたようだ(日本語のルーツ)

拙ブログでは、日本語は最初に住み着いたアイヌ系の言語がベースになり、次いで来たマレー系が中国との交流を経て万葉仮名を導入し、その発音様式が日本語発音となり、現代の日本語が形成されるに至ったと推察しております。

すなわち日本語は、文法はアイヌ系、発音はマレー系となります。そして、単語は、アイヌ系を基本に、マレー系、ツングース系、中国系、欧州系などが加わっていったと思われます。

今回は、北九州方言「ソウヤロ」等の語源はマレー語だったことについて愚考します。

魏志倭人伝に、倭国の人々の習慣や容姿は中国海南島の民族に似ている、とあります。拙ブログでは、そこにはマレー系の人々が今でも多数住んでいますので、倭国の人々は海南島由来のマレー系の人々であると推察しております。

また、倭国の場所ですが、女王国(倭国)の境は奴国(今の博多市南部辺り)ということですので、倭国は現在の福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県を含んだ地域、その中心地は、今でも稲作が盛んな筑紫平野かと思います。ということは、そこでは、マレー系民族の国ですので、古代ではマレー系言語が話されており、それに由来する方言が残っているものと期待されます。

偶然にも、仕事の関係で、その筑紫平野の中心地の筑後市に私は4年間住みました。そして、その方言にも接したわけですが、そこでは、ソウヤロ、バッテン、カタラント(参加しない)、など東北生まれの私には馴染みのない言葉で出くわしました(笑)。

そこで、まず、「ソウヤロ」をマレー語で直訳しますと、ソウ(Sah)=妥当(valid)、ヤ(Ya)=Yes、ロ(Roh)=精神(sprit)で、「Yesでしょう」という意味になります。すなわち、方言と同じ意味です。

次いで、バッテンですが、バッテン(Batin)=異世界、あの世(Otherworldly)で、方言とほぼ同じ意味になります。

そしてカタラントですが、カタ(Kata)=言語(Word)ですから、方言とほぼ同じ意味になります。

以上の例から察しますと、北九州方言にはマレー系言語の影響が残っていると思われます。

ということは、魏志倭人伝にある倭国は、拙ブログ推察のとおり、それはマレー系民族の国であり北九州にあったと思われます。

なお、上と下の写真は記事と関係ありませんが、マレーシアの古都マラッカにあるサンチャゴ砦です。この砦はポルトガルによって作られたものですが、この門をくぐり、上に登っていくと、最上階にフランシスコ・ザビエル像が立っていました。彼は日本にキリスト教を布教した人物として有名ですが、案内には、「ポルトガルは商売熱心でキリスト教の布教には熱心で無かったとザビエルが嘆いた」、とありました。

マレーシアのマラッカのザビエル像


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/12/17 08:02 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR