FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

エカタシロ(ワカタケル)大王の意味(邪馬台国と日本人)

5~6世紀の日本とエカタシロ大王


エカタシロ(ワカタケル)大王の意味(邪馬台国と日本人)

前回(4日前)、埼玉古墳で見つかった「稲荷山古墳出土鉄剣の碑文」について、そこに記されている王の名前はワカタケルでなくエカタシロであったことを紹介しました。

今回は、エカタシロ大王の意味について愚考します。

まず、埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣の碑文の「獲加多支鹵」大王ですが、これは、万葉仮名では「ワカタケル」と読めない。あえて読めば「エカタシロ」、あるいは「エツカタシロ」であることを、「獲加多支鹵の訓は "ワカタケル" で正しいか -銘文を中古音で訓む-」の情報から指摘しました。

一方、「獲加多支鹵」大王の名前については、熊本県の江田船山古墳出土の鉄刀銘文にも同じ名前があることが知られております。古墳の時代が5世紀末~6世紀初ですので、埼玉古墳と同時期のものと思われます。そして、これも「ワカタケル」と読み、幼武(わかたける)と呼ばれていた雄略天皇のことでないかと言われております。

しかし、当時の5世紀後半の状況は、熊本(九州)も埼玉(関東)も畿内の支配が及んでいなかったことが明らかです。因みに、拙ブログでは、熊本は倭国の大王(武)の支配下にあったという説を支持しております。また、関東には別の大王が居たと考えています。

一方、鉄剣碑文文字は万葉仮名が使われていますが、当時、北九州の倭国に居たマレー系の民族がマレー語の万葉仮名を使い、中国と交流していたことを拙ブログでは指摘してきました。

そこで、「エカタシロ」大王の意味をマレー語で翻訳しますと次のようになります。

エカ(eka)=一つ(single)、タシ(tasih)=愛(love)、ロ(roh)=精神(spirit)、すなわち、エカタシロ=愛の精神をもった者=慈悲深い者(大王)

そして、この解釈を取るなら、「エカタシロ」大王は、個人を表す固有名詞でなく、偉大な大王を表現するときの枕言葉となります。すなわち、九州にも、関東にも、それぞれの固有名詞を持った慈悲深い(エカタシロ)大王が居たと思われます。

そして、なぜ、エカタシロというマレー語表現が関東でも使われたのかですが、それは、稲作拡大とともに、稲作を担っていたマレー民族が関東にも拡大し、九州の倭国のエカタシロ大王が関東にも知られていたからと思われます。詳しくは後ほど紹介したいと思います。

なお上の地図は、それらの状況を示した5世紀末~6世紀初頭の日本の状況です。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/01/22 08:24 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(3)
獲加多支鹵
こんにちは。

「獲加多支鹵」の名前を見たとき

私は広東語で「ウォㇰガドジロウ」と読みました。
ワカタシロに似ていますね。

獲[wok9]古代の奴婢の呼び名
加[ga1]家とか加冠
多[do1]多い
支[dzi1] 之
鹵[lou5]老

広東語は中国語の古語なので少し面白いと思いました。
[ 2018/01/23 11:46 ] [ 編集 ]
Re: メロンボール さん、広東語は中国語の古語
メロンボール さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

広東語は中国語の古語とは知りませんでした。
当然のことながら万葉仮名の使い方にも影響してくると思われます。

広東語風に万葉仮名読みするとエカタシロは「ウガドジロ」という感じになりますね。
検討してみます。
草々

> こんにちは。
>
> 「獲加多支鹵」の名前を見たとき
>
> 私は広東語で「ウォㇰガドジロウ」と読みました。
> ワカタシロに似ていますね。
>
> 獲[wok9]古代の奴婢の呼び名
> 加[ga1]家とか加冠
> 多[do1]多い
> 支[dzi1] 之
> 鹵[lou5]老
>
> 広東語は中国語の古語なので少し面白いと思いました。
[ 2018/01/24 08:03 ] [ 編集 ]
WEB小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
グーグルやスマホでヒットし、小一時間で読めます。
北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。
重複、既読ならご免なさい。
[ 2018/01/28 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR