FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

水田稲作は鉄の農具があって初めて可能(稲作と日本人)

稲と鉄の書物


水田稲作は鉄の農具があって初めて可能(稲作と日本人)

稲作と関連し、弥生時代開始期を3000年前からとするのは早すぎることについて前回(1月10日)検討しました。今回は、水田稲作は鉄の農具があって初めて可能であることについて愚考します。

水田稲作は、畑作と比較し、水が栄養を運ぶため肥料を入れなくとも収量があり、日本の歴史を作った作物と高く評価され、そのためか、古代稲作について調べますと、その水田稲作のルーツは何処か、誰が持ち込んだか等の議論が多い感じがします。

一方、古代稲研究者の佐藤洋一郎らの研究により、稲が4000年以上前から他の作物に混じって畑地で栽培されていたことは周知の事実になりつつあります。最近の研究を見ますと、縄文稲と弥生稲は日本型の稲で同じという結論になっています。ということは、弥生時代に水田が作られましたが、そこに先に導入されていた縄文稲が作られた可能性があります。

一方、水田を考えた場合、水を貯めるための畦作り、水路の造成、いわゆる土木工事が必要となります。しかし、水田を作るための鉄製の農具がなければ、それはできません。木製の農具とか木を伐採するための石器はありましたが、それらで水田を作ることは困難です。

そこで、2500年前頃、鉄製の農具が中国から入ってきて、水田稲作が初めて可能になった、と言えましょう。前回紹介の弥生時代の人口変化で、鉄の導入時期から増加に転じたのは、そのことの証拠と思われます。

鉄については、「稲と鉄」(さまざまな王権の基盤)という書物が1983年(昭和58年)に出版され、それに詳しく研究の結果が紹介されています(上の写真参照)。それによると、鉄利用には、①製品を大陸から導入し利用、②鉄を加工し利用、③鉄を生産し利用、の3段階があり、①の時期は短く弥生初期の時代だけで、②の時期が弥生中期に起きている、とあります。

弥生中期を1世紀頃としますと、日本では、九州で人口増大が進み、奴国が中国に朝貢したときであります。この時代、奴国で鉄加工ができていた時代であり、原料の鉄を求めて、朝鮮半島を経て、中国と交流しようとしていた様子を想像することができます。

まとめますと、水田稲作は鉄の農具があって初めて可能であり、それを大陸から移入できた北九州において、2500年前頃から水田稲作が開花し、さらに1世紀には鉄加工技術が加わり、水田稲作と、それを支える鉄が全国に広がっていったと予想されます。

なお、下の写真は、「稲と鉄」にある図表および写真で、水田稲作は北九州から広がった様子、その下の写真は鉄を使った農具で、木製の鋤(すき)の先端に鉄をはめ込んであります。

稲作が北九州から伝播した様子

鉄をはめこんだ古代の鋤


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/02/03 08:19 ] 稲作と日本人 | TB(-) | CM(4)
弥生人って?
つまるところ弥生時代に縄文人が稲作をやっていた、というところで落ち着くのでは?
縄文時代は東日本が時代の先鋒だったようですね。
あのド派手な縄文土器をつくる技術があるんですから、
タタラ製鉄じゃなくて、砂鉄を採取し溶かして固めるぐらいできたのでは?
三内丸山遺跡を見ると、縄文時代に鉄があったのではと想像します。
[ 2018/02/03 20:45 ] [ 編集 ]
Re: aoi さん、弥生人って?
aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

「弥生時代に縄文人が稲作をやっていた」というご指摘、そのとおりだと思います。
一方、鉄ですが、縄文時代の遺跡からは見つかっていません。
草々

> つまるところ弥生時代に縄文人が稲作をやっていた、というところで落ち着くのでは?
> 縄文時代は東日本が時代の先鋒だったようですね。
> あのド派手な縄文土器をつくる技術があるんですから、
> タタラ製鉄じゃなくて、砂鉄を採取し溶かして固めるぐらいできたのでは?
> 三内丸山遺跡を見ると、縄文時代に鉄があったのではと想像します。
[ 2018/02/03 22:25 ] [ 編集 ]
そうなんですよね、
特に東北方面は火山がありますから、製鉄があったとしても痕跡がでないんでしょうね。
それと、東北の縄文遺跡は発見されるとなぜか隠ぺいされるといいますね。
古代史の研究者が学者ではなくレインボーさんのように市位の人が多いのも謎ですね。
[ 2018/02/04 17:02 ] [ 編集 ]
Re: aoi さん、古代史の研究者
aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

古代史の研究者ですが、大学の先生には、大先生の従来説を否定する勇気のある人は少ない感じです。
学会でたたかれたら生きていけないのでしょう。

一方、小生のように自由な人は何でも言えるのが長所だと思います(笑)。
ブログ関係者には小生のような自由人がかなり居る感じです。
草々

> そうなんですよね、
> 特に東北方面は火山がありますから、製鉄があったとしても痕跡がでないんでしょうね。
> それと、東北の縄文遺跡は発見されるとなぜか隠ぺいされるといいますね。
> 古代史の研究者が学者ではなくレインボーさんのように市位の人が多いのも謎ですね。
[ 2018/02/04 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR