FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

関東の大王は太田天神山古墳に眠っている(邪馬台国と日本人)

「関東古墳散歩」(相原精次・三橋浩著、増補改訂版 2009)


関東の大王は太田天神山古墳に眠っている(邪馬台国と日本人)

埼玉古墳出土鉄剣碑文に記されている大王については、有名な古田武彦氏の「関東に大王あり」が知られております。そこでは、大王は栃木県藤岡町辺りに居たと推定されておりますが、古墳の分布から見ますと、当時の中心地は毛の国(群馬県)であり、決定的な結論にはなっていない感じがします。

一方、関東には多くの古墳があることが知られておりますが、それらをまとめた「関東古墳散歩」(相原精次・三橋浩著、増補改訂版 2009)という書籍(上の写真参照)が出ております。今回は、この書籍を参考に関東の大王墓はどこにあるのか、愚考します。

まず、拙ブログでは埼玉古墳出土鉄剣碑文について記されている大王の名(獲加多支鹵)は、通説の「ワカタケル」でなく「エカタシロ」であり、慈悲深い大王の意味であることを指摘してきました。そして、畿内大和政権とは別に関東に大王が居たことを示唆しました。そして、前回、そのエカタシロ大王は倭王武であったことを紹介しました。

碑文入り鉄剣は、エカタシロ大王の時代に関東の大王に使えた者が、自分と家族を称えるために残したもので、大王の墓は鉄剣の出た埼玉古墳とは別の所にあることになります。このため、その大王墓の前提条件として、①鉄剣碑文の出た古墳と同築造年代であること(5世紀後半)、②鉄剣碑文の出た古墳に近い所、③大王に相応しい大規模古墳であること、が求められます。

そこで、上記書籍を参考に、古墳を選定しますと、「太田天神山古墳」が有力と思われます。これしかないという感じでもあります(笑)。まず、①の築造年ですが、5世紀中期~後期とありOKです。ついで、②の場所ですが、群馬県東部の太田市ですのですぐ近くという感じでOKです(下の地図参照)、そして、③規模ですが、墳長210mで関東最大、大王の墓として申し分ないサイズとおもわれます。

毛の国大王墓

さらに詳しく検討しますと、鉄剣作成年ですが、辛亥年とあります。辛亥年は471年か531年ですが、鉄剣出土の稲荷山古墳の築造年代は5世紀末ですので、鉄剣製作年は471年が妥当と思われます。

一方、上記書籍によれば、6世紀頃のこととして、稲荷山古墳近くの埼玉県笠原の地あたりに居た武蔵国造の笠原直使主と同族の小杵が争いをし、笠原は大和朝廷に、小杵は上毛野(群馬県)に助けを求めた、という常陸国風土記の記事が紹介されております。このことは、群馬県に大和朝廷とは別に地域のリーダー(大王)が居たことを示します。

以上のことから推察しますと、5世紀、群馬に巨大な古墳を残すような大王が居て、その力は6世紀まで続いたと思われます。そして、その大王こそが鉄剣碑文にある関東の大王であったと思われます。

一方、中国の旧唐書の記述をもとに、6世紀頃、「関東地方は大和政権に属さない毛の国」であったことを拙ブログでは紹介したことがありますが、上記「毛の国の大王」の存在は、この旧唐書の記事とも合致します。

以上、関東の大王の墓愚考でした。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/03/07 08:14 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(4)
こんにちは。

「毛の国の大王」についてのご考察、なかなか奥深いですね。

歴史好きの僕にはとても新鮮です。群馬は隣県でよく通るところです。今度、太田天神山古墳に行ってみたくなりました。

今回も興味深い記事に感謝です。
[ 2018/03/08 13:00 ] [ 編集 ]
前方後円墳
太田天神山古墳、初めて聞きましたw
ググってみたら前方後円墳なんですね、大和朝廷から許されないと作れない形ではないですか?
[ 2018/03/08 16:20 ] [ 編集 ]
Re: 大川原英智さん、毛の国の大王
大川原英智さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

毛の国の大王ですが、興味をもっていただき、ありがとうございます。
まだ、この指摘、多数派になっていませんが、さらに追求していきたいと思っているところです。
草々

> こんにちは。
>
> 「毛の国の大王」についてのご考察、なかなか奥深いですね。
>
> 歴史好きの僕にはとても新鮮です。群馬は隣県でよく通るところです。今度、太田天神山古墳に行ってみたくなりました。
>
> 今回も興味深い記事に感謝です。
[ 2018/03/08 22:23 ] [ 編集 ]
Re: aoi さん、前方後円墳
aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

前方後円墳ですが、最近の報告では、大和政権ができる前から、かなりのところで作られており、
大和朝廷と関係なく築造されているようです。
草々

> 太田天神山古墳、初めて聞きましたw
> ググってみたら前方後円墳なんですね、大和朝廷から許されないと作れない形ではないですか?
[ 2018/03/08 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR