FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

聖徳太子の遣隋使派遣と国書の未熟さ愚考(日本語のルーツ)

聖徳太子の遣隋使派遣と国書


聖徳太子の遣隋使派遣と国書の未熟さ愚考(日本語のルーツ)

比恵遺跡群(奴国)で古墳時代(3世紀後半)の石製すずりの一部が発見された」という記事では、そこは奴国(福岡市博多区)のあった場所で、3世紀の邪馬台国時代に文字が使われていたと指摘しております。その文字を使った理由の一つとして、中国に朝貢するときの上表文(国書)を作ったことが考えられます。

一方、「百済の部寧王が日本の継体王に五経博士を派遣し文書作成を可能にしたこと」を前回紹介しました。それは6世紀の前半のことですが、その後、畿内政権でも文字を使い、外交文書など記録を残すようになったと拙ブログでは推察しております。

関連し、今回は、聖徳太子の時代、文書の作成は始まったばかりで、未熟であったことについて愚考します。

聖徳太子は、603年、冠位十二階を、604年、十七条憲法を制定した、と言われます。これは漢文で書かれておりますが、日本で初めて書かれた政府の公的文書と思われます。

さらに、聖徳太子の時代、第1回遣隋使が600年に派遣されましたが、随書倭国伝によれば、国書(上表文)は持っていなかったとあります。このため、日本側の遣隋使は気まずい思いをしたことが指摘されております。

そこで、第2回遣隋使(607年)では国書を持たせましたが、「日が昇るところの天子が書を日の沈むところの天子に届けます。お変わりありませんか。云々」を隋の皇帝に届け、激怒をかった話は有名です。

一方、倭国の倭王武が宋に478年に遣使して上表文を奉り、高句麗に侵略されている百済の現状を憂い、百済への支援を上表文で求めたことが明らかになっております。

以上の倭国の倭王武の上表文(478年)と聖徳太子の遣隋使(600年、607年)の国書の内容を比較しますと、倭国では文字の使用や国書の作成がきちんと行われていたが、日本では文字の使用は始まったばかりで外交文書作成は未熟であったことが伺えます。

これらの事情から推察しますと、継体王の時代に、百済の武寧王の支援を得て五経博士を受け入れ、文書作成が可能になり、その後、それは、聖徳太子の遣隋使や政治刷新に生かされていった、と思われます。しかし、当時、文字を理解できる者は少なく、その意味で、日本の畿内政権は聖徳太子の時代にあっても、文書作成については北九州の倭国に追い付いていなかったレベルと判断されます。

関連し、上の地図は、7世紀初頭の聖徳太子の遣隋使派遣の様子です。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/04/08 08:18 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(2)
隋書の記述を見る限り、そこには日本という国は有りません。肝心な聖徳太子をはじめ推古天皇や蘇我馬子らの名前は一切存在しないんです。あくまでもタイ国→大委国つまりは倭国を指しているんです。北九州の地理情報がありはしますが畿内を指していないんです。日本書紀の記述には唐との追従外交はありますが隋との対等外交は記されていないんです。これは後の中国史書である旧唐書・新唐書へのつながりを考えると矛盾が少ない。日本書紀は歴史の勝者の目線で書かれていますから倭国などなかったかのような印象を受けますがこれらを総合してみると日本書紀に遣隋使が記述されていないことに合点がいきます。
[ 2018/04/20 12:29 ] [ 編集 ]
Re: 無名さん、倭国と日本書紀
無名さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

倭国と日本書紀の関係ですが、ご指摘のとおりで、拙ブログもそのような観点から記事をアップしております。
よろしくお願いします。
草々


> 隋書の記述を見る限り、そこには日本という国は有りません。肝心な聖徳太子をはじめ推古天皇や蘇我馬子らの名前は一切存在しないんです。あくまでもタイ国→大委国つまりは倭国を指しているんです。北九州の地理情報がありはしますが畿内を指していないんです。日本書紀の記述には唐との追従外交はありますが隋との対等外交は記されていないんです。これは後の中国史書である旧唐書・新唐書へのつながりを考えると矛盾が少ない。日本書紀は歴史の勝者の目線で書かれていますから倭国などなかったかのような印象を受けますがこれらを総合してみると日本書紀に遣隋使が記述されていないことに合点がいきます。
[ 2018/04/20 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR