fc2ブログ

継体王より前の天皇は創作か(邪馬台国と日本人)

4 Comments
レインボー
継体天皇前後の天皇の年代と王宮場所


継体王より前の天皇は創作か(邪馬台国と日本人)

畿内政権の王ですが、6世紀初頭に現れた継体王は、実在が確認できる王、初めて行政と地方の制度を作った王、初めて外交を行った王、百済の五経博士を受け入れ文書を作ることができるようになった王、その意味で、王宮は小さいながらも、初めての国らしい組織と制度を持った王として位置付けられることを紹介してきました。

このことは、それ以前の王(天皇)は、行政組織、地方組織も持たない王であり、政権があったのかも疑わしいことになります。このため、実際の初代天皇は継体天皇という見解がありますが、この見解を拙ブログでも支持しているところです。

そこで、継体王以前の王(天皇)は、どのように観たらいいのでしょうか。今回は、この問題について愚考します。

まず、継体王以前の王は日本書紀と古事記に記載されている王ですが、彼らの存在を確認できる証拠は見つかっておりません。

因みに、中国の歴史書で5世紀後半に登場する倭王武は雄略天皇にあたると推定され、例外的に実在が確認できる王という見解がありますが、確かな証拠はありません。まず、雄略天皇が何処に居て、何処に王宮があり、どのような政治を行い、なぜ中国に朝貢したのか、まったく分かっていないのです。

逆に、雄略天皇でないかと言われている倭王武ですが、彼は畿内政権の王ではなく、倭国の王として北九州に居て、5世紀後半、歴史的関係から百済と連合して、高句麗に対抗するため中国に救いを求めていたことが分かっています。それを裏付ける証拠として、中国に手渡した上表文があります。また、王宮跡として大宰府が推定されています。

関連し、北九州の倭国を除くと、その頃(雄略天皇時代、5世紀後半)の日本はまだ文字はなく、文書をもって中国に朝貢する能力がなかったと拙ブログでは指摘しております。

これらのことから、6世紀初頭の継体王より以前の王は、記紀だけに現れる王であり、実在を証明されていないと思われます。また、実在したとしても、大規模古墳を作った地域の大王としての意味があるだけで、日本の歴史の中心に居たとは考えられません。

そこで、日本書紀成立の意味について愚考しますと、次のようなことが考えられます。

まず、日本書紀の完成したのは720年、当時は奈良時代です。中国の唐をモデルにした奈良の都に外国の要人も多数来るようになり、外国人のために日本紹介の書として日本書紀が作られました。このため、外国人が読めるように漢文で書かれており、かつ日本が中国と同じように長い歴史を持っている大国であるかのように見せるねらいがありました。

このため、紀元前の時代から天皇が居るという荒唐無稽のことが書かれております。さらに、この荒唐無稽の創作を本当のことのように見せるため、北九州にあった倭国は大和政権の国(日本)だったかのように書かれております。ウソの上塗りが行われたことになります。日本書紀の内容が歴史的事実と異なるのは、このためと言われますが、拙ブログでも、そのような観点から日本書紀を観ています。

まとめますと、継体天皇以前の歴代天皇は実在が不明と結論されます。関連し、上の表は、継体天皇前後の天皇です。Wikipedia の記事をまとめたものです。継体天皇の前の天皇については、在位期間と王宮場所について推定はありますが、証拠はまったく発見されていないことから、現状では不明とするのが正しいと思われます。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 4

There are no comments yet.
aoi

古代史を勉強していると、現在表れてるの事象とリンクすると言われてます。
事象を読み解くには日本書紀や古事記ではダメだそうです、藤原不比等の意向が入った書だからでしょうね。
神話の世界も荒唐無稽な話しではなくイザナミイザナギも実在の人(一人ではなく複数)で読めるそうです。

戦後GHQ によって日本の本当の姿が隠されてしまっています。

pil
おはようございます♪

日本最大の前方後円墳『仁徳天皇陵』
私が子供の頃はそう習いましたし、
実家からそう遠くないんで、慣れ親しんだ名前なのですが、
今では『大仙陵古墳』と呼ばれていることを、最近知りました。
仁徳天皇が実在したかどうかまで不明だったんですね。
驚きました!

  • 2018/04/29 (Sun) 15:37
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: aoi さん、古代史の見方

aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

古代史の見方ですが、ご指摘のとおりで、日本書紀や古事記は創作部分が多いので注意が必要だと思います。
草々


> 古代史を勉強していると、現在表れてるの事象とリンクすると言われてます。
> 事象を読み解くには日本書紀や古事記ではダメだそうです、藤原不比等の意向が入った書だからでしょうね。
> 神話の世界も荒唐無稽な話しではなくイザナミイザナギも実在の人(一人ではなく複数)で読めるそうです。
>
> 戦後GHQ によって日本の本当の姿が隠されてしまっています。

  • 2018/04/29 (Sun) 22:14
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: pil さん、日本最大の前方後円墳『仁徳天皇陵』

pil さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

日本最大の前方後円墳『仁徳天皇陵』についてはご指摘のとおりです。
そして、その他の古墳も見直しが続いています。

その意味で古代史の見直しの時期と思われますが、日本の古代史学会は相変わらずという感じでしょうか。
草々


> 日本最大の前方後円墳『仁徳天皇陵』
> 私が子供の頃はそう習いましたし、
> 実家からそう遠くないんで、慣れ親しんだ名前なのですが、
> 今では『大仙陵古墳』と呼ばれていることを、最近知りました。
> 仁徳天皇が実在したかどうかまで不明だったんですね。
> 驚きました!

  • 2018/04/29 (Sun) 22:18
  • REPLY