FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

記事のまとめについて(ごあいさつ)

自然との共生菜園のグミの実


記事のまとめについて(ごあいさつ)

早いもので、6月となり、今年も1年の半分が終わろうとしています。そして拙ブログですが、開始は昨年(2017)4月でしたので、1年2か月が過ぎました。記事アップは170回を越え、紹介したい記事は、ほぼ出尽くした感じがします。そのためか、似た記事が多くなってきた、あるいは記事のマンネリ化が起きていると思われます。

そこで、こうしたマンネリ化を打ち破るため、カテゴリーことに今までの記事をまとめ、新たな出発の基礎資料としたいと思います。

それらの内容(カテゴリー)は次のとおりです。

1.日本人は、アイヌ、マレー、ツングースの混血(日本人のルーツ)(次回)
2.稲作のルーツは氷河期のスンダランド(稲作と日本人)
3.邪馬台国の場所と卑弥呼の墓は北九州(邪馬台国と日本人)
4.奈良の纏向遺跡は神武天皇の王宮跡(邪馬台国と日本人)
5.倭国の滅亡と日本統一のさきがけ継体王(邪馬台国と日本人)
6.日本語のルーツはアイヌ語とマレー語(日本語のルーツ)
7.日本人の宗教は自然崇拝がベース(縄文思想と日本人)

そして、まとめを終わった7月からの課題ですが、それぞれのカテゴリーの内容をより充実させる予定です。具体的なデータをベースに、拙ブログの課題である「日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツ」について迫ります。

例えば「秋田美人のルーツ」ですが、拙ブログでは「ツングース由来の色白高身長」と指摘してきました。そこで、本当に高身長なのか、現在のデータから検討します。ご期待ください。

なお、上と下の写真は、「自然との共生」を目標にしている我が菜園の5月下旬のグミの様子です。グミの実には、ガン抑制効果のあるビタミンEがたっぷりのほか、免疫力を高めるβカロテン、そして赤い色にはトマトと同じリコピンが含まれ、高齢者には重宝な老化防止食材です。このため、私ことですが、毎日食べました(笑)。

自然との共生菜園グミの木


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/06/11 07:59 ] ごあいさつ | TB(-) | CM(4)
こんばんは^^
カテゴリー分けがあると、
読者にとっては、とても
わかりやすくなって
いいですね(^^)

とれたてのグミ、
とっても美味しそうですねo(^▽^)o
[ 2018/06/15 04:09 ] [ 編集 ]
データに基づいた奥深い貴ブログの記事を、毎回楽しく読ませていただき感謝いたしております。
グミもすごいですね。びっくりです。
[ 2018/06/15 06:14 ] [ 編集 ]
Re: 坊主おじさん、こんばんは^^
坊主おじさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

カテゴリーは工夫しているつもりですが、まだ未完成の感じです。
グミ、お褒めいただき、ありがとうございます。
グミは健康にいいようです(笑)。
草々

> カテゴリー分けがあると、
> 読者にとっては、とても
> わかりやすくなって
> いいですね(^^)
>
> とれたてのグミ、
> とっても美味しそうですねo(^▽^)o
[ 2018/06/15 17:22 ] [ 編集 ]
Re: 大川原英智 様、感謝
大川原英智 様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

今年のグミは、まぐれかもしれません(笑)。
草々


> データに基づいた奥深い貴ブログの記事を、毎回楽しく読ませていただき感謝いたしております。
> グミもすごいですね。びっくりです。
[ 2018/06/15 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR