fc2ブログ

狗奴国はバカ国愚考(邪馬台国と日本人)

2 Comments
レインボー
邪馬台国と狗奴国の対立


狗奴国はバカ国愚考(邪馬台国と日本人)

前回、邪馬壱国(邪馬台国)は、マレー系民族の国であり、国名はジャワ国の可能性について紹介しました。

一方、魏志倭人伝には邪馬台国連合(女王国連合)に対立している国として狗奴国が紹介されています。その狗奴国は邪馬台国の南にあると記載されています。

今回は狗奴国のマレー語の意味を検討します。

前回同様、狗奴国を北方型漢音読みしますとコウド国またはコド国になります。マレー語のコド(Kodoh)は英語でFoolishですので、日本語読みではバカ国、すなわち蔑称になります。

おそらく、女王国に属さない国はバカな国という意味で使った可能性があります。当時、倭国は大乱があり、激しい戦闘があったことが遺跡でも確認されています。そして、倭国の大乱は女王卑弥呼を立て収まったようですが、それでも女王国に属さない国は、まだ戦いを止めないバカな国という意味があるのかと思います。

まとめますと、魏志倭人伝の国名を北方型の漢音読みをし、その意味をマレー語で検討しますと、その意味が理解できることが分かりました。

前回検討した邪馬壱国の邪馬はジャワと読み、意味は雨の多いところで稲作に適している国、一方、狗奴国はコド国と読み、戦いを止めないバカな国という解釈が可能になります。

なお、拙ブログでは、倭国は稲作民族のマレー系民族の国ということを仮説にし、このような検討を行っておりますが、その可能性をさらに続けていく予定です。

関連し、上の地図は邪馬壱国と狗奴国の場所(推定)です。

また、下のマンガ絵で笑っていただければ幸いです(笑)。

狗奴国の意味はfoolish


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 2

There are no comments yet.
熊襲、隼人
狗奴国

熊本では銅剣の遺跡がちょっとしか出土してない。
http://www.himiko.kingchin.jp/doutaku_bunbpu_-0photo.gif
長期にわたって筑紫国に対抗し得る軍事勢力だったとはとても思えない。

レインボー
レインボー
Re: 熊襲、隼人様、狗奴国

熊襲、隼人様
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

狗奴国ですが、御指摘の点は当たっています。
拙ブログでは、その勢力について言及していませんが、倭国の南部の一国と観ています。

おそらく熊本一帯あるいは南部辺りの広い面積をもっていた国で、鹿児島など九州南部との関係もあり、
無視できない存在だったと思われます。

弥生時代遺跡数からも人口が少なかったことは推定され、ご指摘の点と一致します。
草々


> 熊本では銅剣の遺跡がちょっとしか出土してない。
> http://www.himiko.kingchin.jp/doutaku_bunbpu_-0photo.gif
> 長期にわたって筑紫国に対抗し得る軍事勢力だったとはとても思えない。

  • 2019/10/27 (Sun) 07:20
  • REPLY