FC2ブログ
2018 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 02

百済亡命移民は何故東国に移されたのか(邪馬台国と日本人)

百済亡命移民の受け入れ


百済亡命移民は何故東国に移されたのか(邪馬台国と日本人)

白村江の敗戦で百済が滅び、多数の百済人が日本に亡命移民したと言われます。関連し、「古代から難民を受け入れた日本人」によれば、次のとおりです。

武蔵の国の百済人入植地記録には、
666年(天智5年)……「百済人男女2千余人東国移住」
684年(天武13年)……「百済人僧尼以下23人を武蔵國へ移す」
(中略)
崩壊した百済の支配層を受け容れるため、国の司を百済人と決め、日本各地の渡来人を東国の武蔵にまとめた記録です。(引用終了)

一方、「移民渡来人ゆかりの地名 」によれば、次のとおりです。

660 百済滅亡                                         
663 白村江の戦いで、日本・百済連合軍大敗                           
666 百済人2千余人を東国に移す                                
668 高句麗滅ぶ                                        
669 近江国蒲生郡に百済人700余人を移す
 滋賀県日野町から東近江市にかけて百済人が配され、旧愛東町には名高い「百済(ひゃくさい)寺」がある。(引用終了)     

                          
以上の2報告をまとめますと、百済の亡命移民者の多くが、666年、辺境の地の東国(関東)に2千余人が写されましたが、669年に、関東から近江に700余人が移されたことになります。

今回は、何故、そのような配置になったのか、その実情について愚考します。

まず、当時の国際状況ですが、百済は唐・新羅連合軍に攻められ、660年に滅びました。また、百済支援に向かった北九州の倭国軍は663年の白村江の戦いで大敗し、倭国も滅びました。

このような状況のなか、亡命移民は当初、友好国の倭国に移ったと思われます。しかし、その倭国が663年の白村江の戦いで敗戦すると、彼らは行き場を失い、畿内政権の管理下に置かれたと思われます。

拙ブログでは、当時、日本には倭国(北九州政権)と日本(畿内政権)があったと観ていますが、以上の結果、倭国が滅び、日本(畿内政権)は残りました。

そこで、残った畿内政権の状況ですが、日本は、遣唐使を第4回(659~661年)、第5回(665~667年)と派遣しており、唐とは友好関係にありました。

また、百済滅亡の戦後処理のため、665年、唐より劉徳高という使節がきており、日本と唐の関係は友好的だった様子が伺えます。むしろ、日本は北九州の倭国が滅び、そのことから日本統一が進んだことを唐と確認した印象を受けます。

以上の状況から百済移民を考慮しますと、彼らは唐と戦った反逆者であり、都の側には置けない存在であり、このため、僻地(関東)に移されたと思われます。

しかし、唐の使節が665年に帰国し、しばらくすると状況は変わり、もとから百済帰化人の多かった近江に住むことが700人に669年に許されたではないかと思われます。この700人は学識があり、有能で、畿内政権で使えそうな人物であったことが推察されます。

まとめますと、百済滅亡の戦後処理として、亡命移民は当初、関東の僻地に移されましたが、しばらくして、状況が落ち着くと、一部の移民に近江の地での移住が認められるようになったのが真相と思われます。

なお、百済人亡命移民は数万人という説もありますが、百済が滅んだ660年の6年後の上記記録、また、百済民衆は百済の支配者層を支持していなかったこと等から見て、2千人程度というのが実情でないかと思われます。

関連し、これらの様子を上トップの図に示しました。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2018/10/08 11:34 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(10)
おはようございます
初めてコメントさせていただきます
歴史は好きですが齧る程度
いろんな方の本やブログを読ませていただき「なるほど!!」などと
レインボー様の記事興味深いです
北九州と畿内とに政権をお考え
確かにそうですね
[ 2018/10/12 07:28 ] [ 編集 ]
Re: MOKUZOUSI 様、北九州と畿内とに政権
MOKUZOUSI 様
貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の、北九州と畿内とに政権、ですが、そこが古代史のポイントと思っております。
草々

> おはようございます
> 初めてコメントさせていただきます
> 歴史は好きですが齧る程度
> いろんな方の本やブログを読ませていただき「なるほど!!」などと
> レインボー様の記事興味深いです
> 北九州と畿内とに政権をお考え
> 確かにそうですね
[ 2018/10/12 08:27 ] [ 編集 ]
朝鮮半島は1万2000年前から7000年前まで無人地帯でした。朝鮮半島南西部に7000年前から4000年前まで住んでいたのは北九州から移り住んだマレー人です。百済亡命移民は3000年ぶりに日本に戻って来た倭人であり、朝鮮人ではありません。
[ 2019/01/13 10:52 ] [ 編集 ]
魏志東夷伝によると朝鮮人は昔から文明水準(マナー)が日本(奴国・邪馬台国)よりかなり低かったようですね。百済マレー人は白村江の戦い以後、朝鮮半島で相当残虐な仕打ちに合ったようです。
[ 2019/01/13 11:44 ] [ 編集 ]
日本は内戦が少ない国
海外ではサムライ文化が有名でして戦前の日本は野蛮人の国だったと誤解されがちですが、古代から江戸時代までの日本はヨーロッパや中国などと比較して内戦の数が少なく内戦の規模も小規模なものでした。
壬申の乱は日本書紀で書かれてるような大規模な戦いではなかったですし、天慶の乱で最後まで戦った兵はごく少数、保元の乱で動員された兵は300名。川中島の戦いで直接両軍が交戦したのは2回だけ。関ヶ原の戦いはたった数時間。
[ 2019/01/13 18:41 ] [ 編集 ]
百済時代のマレー文化
朝鮮半島は中世の時代、国民の半分は奴隷でした。日本では戦国時代に既に大部分の男女が寺小屋や旅の僧呂から読み書き・和歌や連歌、漢詩を教わっていました。中国では知識人=儒学者だった。科挙の制度を導入していた韓国も同じ。科挙という官僚試験ではテキストの丸暗記と詩を書く事がテストされ、論理的に物事を考える事はテストされなかった。韓国中国が近代化に遅れたのはそのせいでしょう。ところが江戸時代の日本には既に数学者や自然科学者がいた。日本がいち早く近代化出来たのはしっかりした科学的精神の土台があったから。百済時代のマレー文化を受け継いだのは日本のように思えます。
[ 2019/01/13 18:56 ] [ 編集 ]
Re: 名無し さん、朝鮮半島のマレー人
名無し さん
貴重なコメント、ありがとうございます。

朝鮮半島のマレー人ですが、拙ブログでは、マレー系民族は南方からきた稲作民族、弥生遺跡の古さから、日本と同時期に稲作を始めたと観ています。
草々

> 朝鮮半島は1万2000年前から7000年前まで無人地帯でした。朝鮮半島南西部に7000年前から4000年前まで住んでいたのは北九州から移り住んだマレー人です。百済亡命移民は3000年ぶりに日本に戻って来た倭人であり、朝鮮人ではありません。
[ 2019/01/14 07:39 ] [ 編集 ]
Re: 名無しさん、魏志東夷伝の朝鮮人
名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

魏志東夷伝の朝鮮人ですが、弥生時代は、ほぼ日本と朝鮮半島で同時期に始まっています。
しかも、それを始めたのはマレー系民族です。その意味で、文明水準は同じようなものと思っております。

百済マレー人が迫害を受けたのは、ご指摘のとおりと思われます。
草々

> 魏志東夷伝によると朝鮮人は昔から文明水準(マナー)が日本(奴国・邪馬台国)よりかなり低かったようですね。百済マレー人は白村江の戦い以後、朝鮮半島で相当残虐な仕打ちに合ったようです。
[ 2019/01/14 08:07 ] [ 編集 ]
Re: 名無しさん、日本は内戦が少ない国
名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

日本は内戦が少ない国というのは、ご指摘のとおりだと思います。
草々


> 海外ではサムライ文化が有名でして戦前の日本は野蛮人の国だったと誤解されがちですが、古代から江戸時代までの日本はヨーロッパや中国などと比較して内戦の数が少なく内戦の規模も小規模なものでした。
> 壬申の乱は日本書紀で書かれてるような大規模な戦いではなかったですし、天慶の乱で最後まで戦った兵はごく少数、保元の乱で動員された兵は300名。川中島の戦いで直接両軍が交戦したのは2回だけ。関ヶ原の戦いはたった数時間。
[ 2019/01/14 08:18 ] [ 編集 ]
Re: 名無しさん、百済時代のマレー文化
名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

百済時代のマレー文化ですが、日本が技術立国になったのは、百済から導入した仏教や文字文化のほか、ベースに自然との共生という縄文文化があったとめと、拙ブログでは観ています。
草々


> 朝鮮半島は中世の時代、国民の半分は奴隷でした。日本では戦国時代に既に大部分の男女が寺小屋や旅の僧呂から読み書き・和歌や連歌、漢詩を教わっていました。中国では知識人=儒学者だった。科挙の制度を導入していた韓国も同じ。科挙という官僚試験ではテキストの丸暗記と詩を書く事がテストされ、論理的に物事を考える事はテストされなかった。韓国中国が近代化に遅れたのはそのせいでしょう。ところが江戸時代の日本には既に数学者や自然科学者がいた。日本がいち早く近代化出来たのはしっかりした科学的精神の土台があったから。百済時代のマレー文化を受け継いだのは日本のように思えます。
[ 2019/01/14 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR