fc2ブログ

寒冷化時代、関東の縄文人は何処に住んで居たのか

2 Comments
レインボー
縄文時代晩期の関東と日本人


寒冷化時代、関東の縄文人は何処に住んで居たのか(縄文時代と日本人)

前回は、縄文晩期、寒冷化による植生の変化、そして火山灰の影響で食料が減少し、関東縄文人が激減したことを紹介しました。関連し、今回は、関東縄文人は何処に住んで居たのか愚考します。

まず、関連する「縄文時代後期 の関東地方における漁労活動(著者:内山純蔵)」の報告の一部(考察部分)を紹介しますと次のとおりです。

内因的理由。漁労活動の比重を高めなければならなくなるような社会内的状況が当時の関東地方にあり,その結果として外海漁場への進出が行われた可能性がある。この問題を生業の観点から解決するためには,漁労活動 のみではなく,狩猟・採集など,他の生業との関連を今後の研究で追及する必要がある。ここでは,人口の問題を提示しておきたい。

  従来から,縄文文化の中心であった東日本で遺跡数が中期を頂点に減少に転じ,晩期には中期の10分の1以下にまで落込む ことが知 られてい る。小山修三は遺跡の数が全体とし当時の人口の多寡を反映している と考えてよいと論じている【KOYAMA 1978;小 山 1979]。小山に よると,人口の減少は縄文中期以降に気候が寒冷化して,食料資源,なかでも植物資源などの陸上資源が減少したことに起因する可能性があるという【 小山1979:176-199】。

  図11は中部地方(長 野県,13585平 方 キ ロ)と関東地方の海岸部(茨城県・千葉県,11244平 方キ ロ)の1平方キロあたりの縄文時代遺跡密度の変化を示したものである。これによると,中 期から後期にかけて,海 のない中部地方では遺跡密度が急減しているのに対し,海 のある関東地方の海岸部ではそれほどの減少ではなかったために,後期には中部地方を上回る結果 になったことがわか る。遺跡の増減が人口の増減とほぼ比例するものであるならば,関 東地方の海岸部が中部地方ほどの人口減に見舞われなかった原因を考えなければならない。筆者は,陸上資源の不足分を漁労活動に比重を移すことで海産資源によって補充しえた可能性を,今後検討すべき選択肢のひとつとして提示しておきたい。陸上 資源 の減少が,漁 労の必要性を増大させることとなり,結果として漁労活動の外海への拡大を促した一要因となったのではなかろか。
(引用終了)

以上の引用の内容をまとめますと、次のような感じかと思います。すなわち、縄文晩期、長野県など内陸部では寒冷化などの影響で食料不足となり、遺跡数が激減した。一方、海岸のある茨城県は漁労で食料を確保し遺跡減は長野県より少なかった。そして、さらに食料をさらに確保するため漁労活動を進歩させ、その活動範囲を外界まで広めた。

そして、前回報告を含めて検討しますと、関東の縄文人の生活場所は次のような感じであったと思われます。

縄文時代、関東地方は5000年前に黄金時代(最高期)を迎えましたが、その後、寒冷化による植生の変化、さらには火山灰の影響で、特に主食であった栗が激減し、人口は、5000年前の9.5万人から3000年前の0.8万人に激減した。残された人々は主に海岸部で漁労により食料を得て生き延び、かつ漁業活動を活発に行い、その範囲を外界まで行うことができるようになった。一方、内陸部に残された人々は、僅かな食料を頼りに細々と生き抜いた。

関連し、この様子を上トップ地図に示しました。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 2

There are no comments yet.
名無し

寒冷化時代の東日本人の一部は西日本に移住したんでしょうね。朝鮮半島から来たツングース系は冷涼な気候に慣れていたので日本海側に移住したんでしょうね

  • 2019/01/13 (Sun) 12:41
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: 名無しさん、寒冷化時代の東日本人

名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

寒冷化時代の東日本人の移住ですが、東北で人口があまり減っていないので、移住があったかは分かりません。
ツングース系が日本海側に移住したのは、ご指摘のとおりと思われます。
草々

> 寒冷化時代の東日本人の一部は西日本に移住したんでしょうね。朝鮮半島から来たツングース系は冷涼な気候に慣れていたので日本海側に移住したんでしょうね

  • 2019/01/14 (Mon) 08:12
  • REPLY