fc2ブログ

九州の稲作開始時期は3000年前と思われる

8 Comments
レインボー
鉄製農具導入と東アジア3000年前


九州の稲作開始時期は3000年前と思われる(西日本の古代)

弥生時代は生産性の高い水田稲作が導入され、人口が増大し、古代国家建設の基礎が作られた時期です。このため、水田稲作開始時期は古代の重要事件と言われます。関連し「水田稲作で何故人口が増えるのか」についてはすでに紹介したとおりです。

今回は、先に検討した人口データを用い、水田稲作による人口急増時期を明らかにし、関東、近畿、九州の稲作開始時期について愚考します。

まず、解析のための基礎人口資料は下表のとおりです。縄文時代の中晩期と晩期はKoyama(1978)、弥生時代と古墳時代は前回紹介の拙ブログデータ、奈良時代は鬼頭(1986)のデータを用いました。

関東、近畿、九州の古代人口

次に人口変動散布図を下に示しました。この図では、3000年前(BC1000年)を境に、いずれの地域も人口が増大します。3000年前は、おそらく、縄文時代から弥生時代に続く中間点と思われます。この時期、何があったのか想像しますと、気候の温暖化、そして、鉄製農具の導入が考えられます。

関東、近畿、九州の古代人口急増時期

まず、気候の温暖化ですが、縄文時代晩期(4000年~3000年前)は冷害のため、東日本、とりわけ関東は打撃を受け、人口が激減したと言われております。このため、温暖化は関東など東日本の回復に貢献したと思われます。しかし、西日本、特に九州は冷害の影響は弱かったと言われておりますので、もう一つの要因、すなわち鉄製農具の導入効果が大きかったと思われます。

そこで、鉄製農具ですが、中国に鉄器が持たされたのは3000年前頃と言われております。そして、中国は、周王朝の勃興など3000年前頃から躍動し始めます。そうした流れの中、おそらく、日本に居て中国と交易していた海洋民族のマレー系民族は、その鉄製農具を日本(九州)に一早く導入したのではないかと思われます。

日本に鉄器が導入されたのは2500年前が通説となっておりますが、このデータを見るかぎり、それ以前、すなわち3000年前の可能性が高いと思われます。

3000年前の遺跡として佐賀県の菜畑遺跡が知られておりますが、この遺跡に水田の畦が発見されております。畦が立派なため拙ブログでは水田よりも養魚場でないかと愚推しておりますが、鉄器で作られた可能性は否定できない建造物と思われます。

次にで水田稲作開始時期ですが、水田稲作により人口が飛躍的に増加する時期としますと、九州は2900年前(紀元前900年)頃となります。水田稲作の試作期間を100年間としますと、水田稲作開始は3000年前頃となります。おそらく、鉄器が導入され、稲作民族のマレー系民族が居た地域、すなわち北九州ではすぐ水田稲作は始まったと思われます。

国立歴史民俗博物館(歴博)が弥生時代は3000年前頃に始まる説を2003年に発表しましたが、拙ブログ記事は、その説と一致します。

一方、近畿ですが、3000年前から増大しますが、これは温暖化の影響と思われます。そして、2200年前頃(紀元前200年頃)急激に増大し始めます。この急激な増大が水田稲作の定着時期としますと、水田稲作はその100年以上前の2300年前頃から開始されていたと思われます。

また、関東ですが、3000年前から増大しますが同じく温暖化の影響と思われます。そして、2000年前頃から急激に増大し始めますが、これを水田稲作定着時期としますと、水田稲作はその100年以上前の2100年前頃から開始されていたと思われます。

関東で最初の水田稲作遺跡は2100年前の「中里遺跡」という報告がありますが、この報告は、今回の拙ブログ記事と一致します。

まとめますと、九州の水田稲作は3000年前に始まったというのは、現在の人口変動データからも確認されたと思われます。

一方、近畿の稲作の始まりは2300年前、九州より700年の遅れがあります。この遅れは、おそらく、拙ブログが指摘しております民族の違いにあったためと思われます。すなわち、北九州は稲作民族のマレー系が多く水田稲作導入が速やかに行われ、一方、近畿は水田稲作を知らないアイヌ系と北方系ツングース系が多く、水田稲作導入が遅れたと思われます。

なお、後ほど報告したいと思いますが、彼らはもともと畑作系で水田とは縁の無かった民族です。そして、鉄器導入効果ですが、鉄製農具は畑作に使われ、これが3000年前以降の人口増加にささやかながらも貢献したと思われます。

拙ブログでは、北九州に稲作民族(マレー系民族)が多数居たことを指摘してきましたが、今回の記事は、このことを再確認することになったと思われます。また、これらの事情を総合すると、3000年前に稲作が始まりましたが、これは北九州だけの特殊事情で、近畿など多くの地域は、700年遅れで始まったのが真相と思われます。

これらの事情を、鉄器導入と関連し、上トップに示しました。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 8

There are no comments yet.
-
-

鉄器伝来についてはロシア沿海州経由の日本海ルートを排除しがちですがアムール川流域では約3千年前の鉄器が発見されてます。
http://hensuiryuu-taijyutu.seesaa.net/article/121335540.html

レインボー
レインボー
Re: 名無しさん、九州北部は水田耕作には不向きな土地柄

名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

九州北部は水田耕作には不向きな土地柄、ですが、参考にさせていただきます。
草々

> 九州北部は水田耕作には不向きな土地柄でした。
> https://www.xhimiko.com/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD/%E5%BD%93%E6%99%82%E3%81%AE%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%AF/ 

  • 2019/05/01 (Wed) 08:01
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: 名無しさん、アムール川流域では約3千年前の鉄器

名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

アムール川流域では約3千年前の鉄器、ですが、参考にさせていただきます。
草々

> 鉄器伝来についてはロシア沿海州経由の日本海ルートを排除しがちですがアムール川流域では約3千年前の鉄器が発見されてます。
> http://hensuiryuu-taijyutu.seesaa.net/article/121335540.html

  • 2019/05/01 (Wed) 08:03
  • REPLY
-

甘木・朝倉地区で紀元前の鉄製農具は見つかってません。

レインボー
レインボー
Re: 名無しさん、 甘木・朝倉地区で紀元前の鉄製農具

名無しさん
貴重なコメント、ありがとうございます。参考にさせていただきます。

なお、甘木・朝倉地区の古代のことは詳しく知りませんが、
紀元前の鉄製農具については、福岡県の多く弥生遺跡で見つかっていると理解しております。
草々

> 甘木・朝倉地区で紀元前の鉄製農具は見つかってません。

  • 2019/05/16 (Thu) 10:23
  • REPLY
aoi
水田稲作

土器を基準とした弥生のはじまりはBC500年。現在ではBC1000年までさかのぼっているとのこと。
縄文人が水田稲作をやっちゃってたからだ。おまけに弥生米と縄文米は一致するが、朝鮮半島のそれは別物。BC4500年ごろにはじまる縄文の陸稲栽培が継続したかどうかは意見がわかれるとこだけど、伝播ルートは中国江南からの海をこえた直輸入の可能性が高まっているそうです。

ブログにありますように、水田の遺構は現時点で佐賀県唐津市の菜畑遺跡や、福岡市博多区の最大規模の板付遺跡がBC700年ごろで最古とされているが、岡山でも同時期の遺構が見つかってるようで、いずれもっと遡るだろうということだそうです。
青森県南津軽郡垂柳遺跡の区画された水田はAD0年、弘前市砂沢遺跡の水田はBC300年ごろ。有名な静岡の登呂遺跡はAD100年。西日本で水田稲作が本格化する時期には、東北の最果ての津軽にも水田の風景があったそうです。

縄文から弥生の変節はやはり鉄器の伝来時期でしょうか。

  • 2019/05/24 (Fri) 16:54
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: aoi さん、縄文から弥生の変節はやはり鉄器の伝来時期

aoi さん
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

縄文から弥生の変節はやはり鉄器の伝来時期か、ですが、そのとおりだと思います。
そして、拙ブログの話ですが、北九州で3000年前に水田稲作が始まったのは、そこは中国とリンクしていた
マレー民族の影響だと思っております。
 草々

> 土器を基準とした弥生のはじまりはBC500年。現在ではBC1000年までさかのぼっているとのこと。
> 縄文人が水田稲作をやっちゃってたからだ。おまけに弥生米と縄文米は一致するが、朝鮮半島のそれは別物。BC4500年ごろにはじまる縄文の陸稲栽培が継続したかどうかは意見がわかれるとこだけど、伝播ルートは中国江南からの海をこえた直輸入の可能性が高まっているそうです。
>
> ブログにありますように、水田の遺構は現時点で佐賀県唐津市の菜畑遺跡や、福岡市博多区の最大規模の板付遺跡がBC700年ごろで最古とされているが、岡山でも同時期の遺構が見つかってるようで、いずれもっと遡るだろうということだそうです。
> 青森県南津軽郡垂柳遺跡の区画された水田はAD0年、弘前市砂沢遺跡の水田はBC300年ごろ。有名な静岡の登呂遺跡はAD100年。西日本で水田稲作が本格化する時期には、東北の最果ての津軽にも水田の風景があったそうです。
>
> 縄文から弥生の変節はやはり鉄器の伝来時期でしょうか。

  • 2019/05/24 (Fri) 19:05
  • REPLY