fc2ブログ

弥生時代が3000年前に始まったのか

6 Comments
レインボー
水田稲作開始時期と普及


弥生時代が3000年前に始まったのか(西日本の古代)

「水田稲作が3000年前に始まり、このことから弥生時代は3000年前に始まった」と国立歴史民族博物館(歴博)が主張しております。

従来の説では弥生時代の開始は2500年前ですが、3000年前が妥当なのか、今回は、この問題について愚考します。

まず、最近の報告「西日本の弥生稲作開始年代(藤尾慎一郎 2014)」によれば次のとおりです。

・・・さらに鳥取平野の弥生稲作が,近畿よりも早い前7世紀前葉には 始まっていた可能性のあること,徳島平野では奈良盆地や伊勢湾沿岸地域と同じ前6世紀中頃に なって弥生稲作が始まっていたことを再確認した。九州北部を出発点とする,山陰ルート,瀬戸内 ルート,高知ルートという3つの弥生稲作の東進ルートのうち,山陰ルートも他の2ルートとほぼ 同時に拡散したことを意味する。 伊勢湾沿岸地域で弥生稲作が始まるまでの約400年のうちの約250年間,九州北部玄界灘沿岸地 域にとどまっていた弥生稲作は,玄界灘沿岸地域を出ると,一気に鳥取平野~岡山平野~香川平野 ~高知平野を結ぶ線まで広がり,その後も5~60年で神戸,さらに70年で徳島,奈良盆地,伊勢 湾沿岸まで急速に広がっていった。このことは,玄界灘沿岸地域と西日本では,縄文人の弥生稲作 の受け入れ方になんらかの違いがあった可能性を示唆している。(引用終了)

この記事をまとめますと、2900年前に始まった水田稲作は250年間、北九州に止まっていたが、その後、一気に鳥取平野~岡山平野~香川平野 ~高知平野を結ぶ線まで広がったことになります。

ポイントは、3000年前という時期の評価と思われます。

拙ブログでは、「3000年前に北九州では水田稲作が始まったこと」を人口増加の点から確認しました。

しかし、他の地域では、人口増加が始まるのは2300年前頃、すなわち北九州と比較し700年の遅れがあります。このため、西日本全体で観ると、水田稲作が導入され始めたのは2500年前頃、定着し確立したのは2300年前頃になると思われます。

上記記事によれば、2900年前に始まった水田稲作は250年間北九州に止まっていたが、その後、一気に西日本各地に広がったことになりますが、それでも実際に普及した場所は点であり、多くの人々が稲作を実際に受け入れ定着したのは2300年前頃だったことになります。

弥生時代というのは、水田稲作導入のため社会が変わったと認められる時期、すなわち、縄文時代の小さな集落から大きな集落が形成され始めた時期です。その意味で、弥生時代というのは、単純に点として稲作が試験的に始まった時期ではないと思われます。

例えば、東北では最古の水田跡に2500年前の砂沢遺跡であることが知られていますが、東北でこのときから弥生時代が始まったとは言われておりません。

その意味で、弥生時代の始まりは、従来通り、早くても2500年前頃とするのが妥当と思われます。

なお、「水田稲作でなぜ人口がふえるのか」について以前に紹介しましたが、水田稲作の長所は畑作と違い無肥料で連作できる点にあります。この優れた水田稲作がなぜ一気に普及しなかったのか、次回に検討します。

なお、上記の記事をもとに水田稲作普及の様子を上トップ図に示しました。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 6

There are no comments yet.
形名
稲作開始定着

こんにちは。
1970~80年頃は確か稲作開始は2500年前の九州で、たったの100年で青森まで達したなんて話で教わりましたが、最近はゆっくり説が主流なんですね。定着が2300年いうと弥生中期前半になりますか。歴博の3000年前の話も聞いてから久しいですが、稲作に関してはまだ議論があるのですね。
もっとも土器に残った炭化米の単独炭素14では今でも誤差が大きい。それに各地方でサンプルがあるとは限りませんね。良好な木材サンプルと同時に出土すれば、ウイグルマッチング法による炭素14測定で精度は上がると思いますが、都合よくは出土しない。直接測定するのは難しいから、やはり人口推移などと合わせるのが確実なんでしょうね。

  • 2019/08/28 (Wed) 16:30
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: 形名 様、稲作開始定着

形名 様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

弥生時代開始の年代ですが、しっかり議論してほしいと思ってます。
その議論では、稲作だけでなく、縄文じだいからある畑作も検討してほしいと思っています。

また、人口推移ですが、最新の情報をもとに検討が必要と思われます。
草々

> こんにちは。
> 1970~80年頃は確か稲作開始は2500年前の九州で、たったの100年で青森まで達したなんて話で教わりましたが、最近はゆっくり説が主流なんですね。定着が2300年いうと弥生中期前半になりますか。歴博の3000年前の話も聞いてから久しいですが、稲作に関してはまだ議論があるのですね。
> もっとも土器に残った炭化米の単独炭素14では今でも誤差が大きい。それに各地方でサンプルがあるとは限りませんね。良好な木材サンプルと同時に出土すれば、ウイグルマッチング法による炭素14測定で精度は上がると思いますが、都合よくは出土しない。直接測定するのは難しいから、やはり人口推移などと合わせるのが確実なんでしょうね。

  • 2019/08/28 (Wed) 17:41
  • REPLY
aoi
サイエンスZERO

NHKの番組で、縄文時代が16000年前から2300年前だと放映されてました。
弥生時代は2300年前からなんでしょうね。

  • 2019/08/29 (Thu) 15:54
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: aoi さん、サイエンスZERO

aoi さん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

テレビ情報ですが、テレビでは新情報でなく古い情報で報道する傾向があると思います。
例えば、邪馬台国の場所ですが、ほとんどのニュースでは、今でも、邪馬台国は大和(奈良)に会ったと報道しています。
草々


> NHKの番組で、縄文時代が16000年前から2300年前だと放映されてました。
> 弥生時代は2300年前からなんでしょうね。

  • 2019/08/29 (Thu) 19:15
  • REPLY
aoi

そうなんですよね、古代史に限りませんね。
N局などどこの国のテレビ局なんだ!とおもうことがあります。
古代史など写真の差し替えやごまかし平気でやりますね。

  • 2019/08/30 (Fri) 09:54
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: aoi さん、古代史放送

aoi さん
追加コメント、ありがとうございます。

古代史テレビ放送ですが、ご指摘のとおり、かなりいい加減だと思います。
昨年の「世界不思議発見」ですが、邪馬台国をテーマにして大和の遺跡を紹介していましたが、
現地を調査している研究員は困った感じの様子でした。
草々


> そうなんですよね、古代史に限りませんね。
> N局などどこの国のテレビ局なんだ!とおもうことがあります。
> 古代史など写真の差し替えやごまかし平気でやりますね。

  • 2019/08/30 (Fri) 21:03
  • REPLY