fc2ブログ

水田稲作普及はなぜ遅れたのか

0 Comments
レインボー
稲作と畑作の導入と民族


水田稲作普及はなぜ遅れたのか(西日本の古代)

前回、弥生時代開始と関連し、水田稲作は、北九州で2900年前頃に始まったが、北九州に250年間留まり、他の西日本地域にすぐには普及しなかったことを紹介しました。

関連し、今回は、「水田稲作普及はなぜ遅れたのか」について愚考します。

結論から行きますと、二つの理由が指摘されます。第1は北九州以外では畑作が先行していたため、第2は、水田稲作の水路造成などに必要な鉄製農具普及の遅れです。

まず、第1の理由ですが、拙ブログでは、北九州には稲作民族のマレー系民族が多数いて、このため水田稲作の普及が早かったことを指摘してきました。一方、他の地域の民族構成について検討しますと次の通りです。

日本人のルーツは、Y染色体ハプログループ分類によれば、アイヌ系が35%、マレー系が30%、ツングース系(韓国系:中国系とモンゴル系の混血)が30%、その他5%となっています。そして、移住経路の関係から、アイヌ系は太平洋側に、マレー系は西日本に、ツングース系は日本海側に多い特徴があります。

そして、民族の生業ですが、アイヌ系は自然採集、マレー系は稲作、ツングース系は畑作に特徴があります。マレー系が北九州で水田稲作を始めたのは3000年前頃ですが、その頃、その他の地域では、おそらく、アイヌ系とツングース系が畑作に馴染んでいた頃と思われます。畑作については拙ブログでは次の課題として検討中ですが、畑作は縄文時代からあったことが分かっています。

すなわち、日本には、稲作民族のマレー系が南方から北九州へ、畑作民族のツングース系が朝鮮半島から北陸など日本海沿いに移住してきましたが、水田稲作を開始したのはマレー系でした。水田開発は水路造成など土木工事が必要なことから、それができたのは、水田稲作を知っていた北九州のマレー系だけでした。

一方、北九州を除くその他の地域は、マレー系は少なく、ツングース系とアイヌ系が主体でしたので、縄文時代からあった畑作が優先しており、もともと水田作への関心は無かったのが実情と思われます。

関連し、水田稲作が始まった3000年前頃の、稲作民族のマレー系と畑作民族のツングース系の様子について上トップ図に示しました。

第2の鉄の普及ですが、鉄製農具が3000年前からあったのか検討しますと次のとおりです。

大陸では殷王朝時代(紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年)からあるのが知られております。しかし、実際に普及したのは中国でも春秋時代(BC770 - BC450)と言われています。

一方、日本の状況ですが、鉄の輸入は青銅器と一緒でBC300年(2300年前)と言われています。このことから、鉄製農具の普及は早くても2300年前以降となります。鉄製農具は水田稲作に不可欠ですから、その意味で本格的に稲作が普及するのは2300年前以降となります。

まとめますと、稲作が始まった北九州においてさえ、水田稲作に不可欠な鉄製農具との関連で観るなら、稲作が本格的に普及したのは2300年前以降、他の地域においては、鉄製農具に加え畑作先行が水田稲作の普及をさらに遅らせたと思われます。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.