fc2ブログ

弥生時代の関東・中部地域の水田作と畑作の割合

0 Comments
レインボー
関東・中部各県の「古墳時代遺跡数・弥生時代遺跡数割合」


弥生時代の関東・中部地域の水田作と畑作の割合(関東・東北の古代)

前々回、東京の弥生時代遺跡数事例から弥生時代は水田作よりも畑作が多かったことについて検討しました。関連し、今回は、関東および中部地域の各県について東京と同じ状況であったのかについて愚考します。

まず、文化庁の参考資料: 平成24年度 周知の埋蔵文化財包蔵地数によれば、各県それぞれの遺跡数は下表のとおりです。

関東・中部地域の古代遺跡数

この図表では、台地と低地の区分がありませんが、古墳時代遺跡数と弥生時代遺跡数の関係から水田稲作の多少を推定しました。その方法は次のとおりです。

まず低地ですが、生産力の高い水田稲作を行い、その結果、人口が増え、集落ができ、首長が発生し、古墳が多くなる関係になります。一方、台地は、畑作が多いので生産性が低く、人口増大は少なく、この結果、古墳を作る社会の発展が遅れます。

こうした関係は、「古墳時代遺跡数/弥生時代遺跡数」という数値で見ると分かりやすくなります。すなわち、この数値が大きいと、弥生時代から古墳時代の発展度合いが大きいので水田稲作が多いと判断されます。この計算値は上表のとおりです。

また、この数値と各県の関係を上トップ図に示しました。この図では、関東・中部各県は2群に分けられることになります。

すなわち、「古墳時代遺跡数/弥生時代遺跡数」の大きい県は、茨城、栃木、千葉、群馬、埼玉、一方、小さい県は、東京、神奈川、長野、山梨、岐阜と分類されます。

すでに、東京は低地利用が少ないことを明らかにしてきましたが、これを基準に考えると、神奈川、長野、山梨、岐阜は、山間地(台地)が多く、東京類似で畑作優先地域と思われます。一方、茨城、栃木、千葉、群馬、埼玉の5県は稲作に適した低地が多く、順調に弥生時代を経過し、古墳時代を迎えたと思われます。

関連し、弥生時代遺跡数と古墳時代遺跡数の関係を下図に示しました。この図でも、当然のことですが、関東・中部各県は上トップ図と同様に2群に分けられます。すなわち、古墳時代遺跡数が多いグループは低地平野部の多い地域(水田作適地)であったと観ることができます。

関東・中部地域の古墳時代遺跡数と弥生時代遺跡数の関係

以上のことをまとめますと、東京の遺跡から東京の台地上では弥生時代に畑作が行われていたと推察しましたが、この推察は当たっている感じがします。すなわち、関東近辺では、東京と同様な県として、神奈川、長野、山梨、岐阜が指摘され、これらの県は、山間部が多く、水田稲作に適した平野部が少ない特徴があります。



日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.