fc2ブログ

出雲にはツングース系の人々が多かったのか

4 Comments
レインボー
鳥取、島根、福岡の伸長(図)


出雲にはツングース系の人々が多かったのか(西日本の古代)

前回、出雲国の特徴は、朝鮮半島由来のツングース系の影響が大きかったところにあると指摘しました。

関連し、今回は、現在の出雲の人達にも、その影響があるのか検討します。

まず、DNAですが、「DNA鑑定・因幡の弥生人」 によれば、2世紀の弥生時代末期の青谷上寺地遺跡(因幡)から出土した人骨でY染色体ハプロタイプ分類可能な4人について調べたところ、3人はアイヌ系、1人は渡来系(おそらくツングース系)とあります。

また、「関東在住の出雲出身者のDNA分析」によれば、データは示されていませんが、「その結果は、予想とは大きく異なり、関東ヤマト人よりも縄文人に遺伝的に少し近く、東北の人たちの位置と似てるということがわかりました。」とあります。

データが示されていないので明確でありませんが、現在の島根県人はY染色体ハプロタイプはD型(アイヌ系)が多いということと思われます。

次に、出雲と近い地域にY染色体ハプロ分類例がないか探しますと、金沢市と福岡市があります。拙ブログで以前に紹介した「福岡と金沢2地点の解析事例」ですが、再度紹介しますと下表のとおりです。

福岡市と金沢市と日本人のY染色体ハプロタイプ分類

金沢は越国とも呼ばれ、四隅型突起古墳も多くあり、古代は出雲に近い状況にあったと推察されます。一方、福岡は、拙ブログで稲作民族マレー系の多い地域と観ている地域です。

ツングースはモンゴル系と中国系の混合混血民族ですので、そのツングース系の割合は「モンゴル系+中国系」になります。すなわち、ツングース系の割合は、金沢で32.2%、福岡で24.6%、日本人全体(平均)で28.6%ですので、金沢は福岡よりツングース系が多いと判断されます。また日本人平均よりもやや多い傾向があります。

以上のDNA情報から、島根と金沢市を古代遺跡から同じグループと見ますと、島根は金沢市と同じくツングース系が比較的多い地域だったと推察されます。なお、拙ブログでは、日本海側はツングース系民族の多かった地域と観ています。詳しくは「色白高身長、秋田美人のルーツ愚考」を参照願います。

一方、ツングース系の特徴として高身長性が知られておりますが、出雲地域も高身長か検討しますと次のとおりです。

鳥取、島根、福岡の17歳男子身長ですが、下表とおりです。データは「都道府県別!日本人の全国平均身長一覧」から得ました。

鳥取、島根、福岡の男子身長

また、平均身長を棒グラフにしますと、上トップ図のとおりです。

鳥取と島根は、福岡と比較し、高身長の傾向があり、高身長ツングース系のDNAが残っている可能性があります。逆に、マレー系は低身長の傾向がありますが、福岡はマレー系の影響の多い地域とも推察されます。

まとめますと、出雲人は、福岡人と比べると、ツングース系のDNAが現在でも多い傾向にあります。すなわち、古代の出雲国は、ツングース系民族割合が相対的に大きく、朝鮮半島東側(後の新羅)のツングース系の影響が強かった地域と思われます。

なお、ツングース系民族に興味のある方は、拙ブログ左側にあります検索欄に「ツングース」と入れクリックしますと、今までのツングース関連の記事を見ることができます。



日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 4

There are no comments yet.
aoi
出雲地方と東北弁は似てるらしい

出雲族はツングース系だと思いますが、ルートは樺太―小樽―日本海側を経て最終は出雲に辿りついたのではと、たぶん梅原先生が仰ったような。。。
出雲地方の言葉と東北弁は似ているらしいです。

  • 2020/02/02 (Sun) 17:07
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: aoi 様、出雲地方と東北弁は似てるらしい

aoi 様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ツングースのルートですが、北方ルートは少しはあったと思われますが、
ツングースは朝鮮半島多く居ましたので多くは朝鮮半島経由と思われす。

東北のズーズー便ですが、ツングースは日本海を北上し、青森、岩手にも畑作物をもって移住していますので、
畑作の普及から観ても 朝鮮半島由来が多いと判断しております。
草々

> 出雲族はツングース系だと思いますが、ルートは樺太―小樽―日本海側を経て最終は出雲に辿りついたのではと、たぶん梅原先生が仰ったような。。。
> 出雲地方の言葉と東北弁は似ているらしいです。

  • 2020/02/02 (Sun) 22:24
  • REPLY
銅鐸
複雑な土地です

この地に生を受け、代々この地に暮らしてきた古い家系の者です。とりわけ
平地において、古代から中世、戦前・戦後~現在に至るまで、継続して外部から
異なる人々の流入が続いています。これが身長その他に反映されているかと
思います。ツングース系が混入しているかどうかの度合いは
平野部・出雲西部・東部・南部で全く異なります。複雑な土地柄です。

レインボー
レインボー
Re: 銅鐸様、 複雑な土地です

銅鐸様
たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

複雑な土地、よく理解できました。
特に身長ですが、鳥取と島根の違いも大きいこと、その理由が少し理解できた感じがします。
草々

> この地に生を受け、代々この地に暮らしてきた古い家系の者です。とりわけ
> 平地において、古代から中世、戦前・戦後~現在に至るまで、継続して外部から
> 異なる人々の流入が続いています。これが身長その他に反映されているかと
> 思います。ツングース系が混入しているかどうかの度合いは
> 平野部・出雲西部・東部・南部で全く異なります。複雑な土地柄です。

  • 2020/02/23 (Sun) 08:08
  • REPLY