fc2ブログ

朝鮮半島からのツングース系民族は水田作を受け入れ西日本で発展した

0 Comments
レインボー
ツングース系王家の支配地拡大(3~5世紀、推定)


朝鮮半島からのツングース系民族は水田作を受け入れ西日本で発展した(稲と鉄)

前回まで、巨大古墳建造と関連し、近畿地域にツングース系が弥生時代に多く移住したことを指摘しましたが、ツングース系は畑作民族で、弥生時代の水田稲作との関わりは強くなかったことが予想されます。

関連し、今回は、「ツングース系民族は水田稲作を受け入れ発展したこと」について、全国的視点から愚考します。

まず、弥生時代の特徴ですが、生産性の高い水田稲作の導入があります。これは中国南部のマレー系稲作民族の「越人」が北九州に移住して、もたらした技術で、3000年前から北九州にその遺跡が認められます。しかし、人口増大の観点から見ると、それが普及し始めるのが2300年前頃です。この年代は、日本に鉄製農具がもたらされた頃です。

水田稲作には、水を引くための水路造成、水を貯めるための畔(あぜ)造成が必要であり、鉄製農具無しにはできない農法でした。その意味で、水田稲作は、栽培技術だけでなく、それを可能にする鉄製農具の導入が不可欠でした。

この鉄製農具は、朝鮮半島の鉄の産地「慶州」で作られたものと思われます。詳しくは「稲と鉄は別々に導入された」を参照願います。

そして、その鉄製農具を日本にもたらしたのが、朝鮮半島先住民族のツングース系民族です。彼らは、モンゴル人と中国人の混血から中国の東北部(満州)で発生した新民族で、モンゴル系言語を話し、畑作と狩猟を生計とする民族でした。

彼らは、高身長の民族で、そのことは6000年前の縄文時代人骨から確認できますので、縄文時代から移住してきたことが分かっています。詳しくは「縄文時代から高身長の人は居た」 を参照願います。

そして、彼らの朝鮮半島の中心地は鉄の産地の慶州(もと新羅の中心地)でしたが、日本に本格的に移住してきたのは、弥生時代、特に中期以降の2300年前頃と思われます。

その理由として、弥生時代中期ごろから人口増大が日本全国で認められます。これは明らかにツングース系民族が鉄製農具を持って移住し日本を耕した結果と思われます。

関連し、Koyama(1978)の地域別人口データを下表に示しました。

各地域の縄文・弥生人口

そして、弥生時代の人口増大を「弥生時代人口/縄文時代人口」の値で観ると、下図のとおりです。

各地域の弥生時代・縄文時代人口比(図)

この図から、特に近畿、中国、四国地域は、弥生時代の人口増加が顕著です。おそらく、ツングース系の移住により、低地では水田稲作、山間地では畑作が行われた結果と思われます。

一方、東海を含む東日本と九州は、弥生時代の人口増大が少なくなっています。特に東北は弥生時代に人口が減っています。

東日本の弥生時代人口の停滞は、採集経済という縄文社会の影響で鉄器と水田稲作の導入の遅れが原因と思われます。

また、同様に、縄文時代と弥生時代遺跡数を下表に示しました。弥生時代遺跡数の増加も、近畿、中国、四国地域で顕著です。これは上記の人口の変化と一致します。

各地域の縄文・弥生遺跡数

また、関連し、ツングース系の特徴である方形周溝墓(方墳の原型)ですが、Wikipediaによれば、弥生時代末に多くなっているとあります。

以上の結果、ツングース系は、特に近畿、中国、四国地域でマレー系の協力を得て、水田稲作を始め、人口が増えた可能性が高くなります。

そこで、当時の水田稲作ですが、その栽培法は乾田直播であることを紹介してきました。この方法は、除草後、畑状態のところに掘り棒で穴を空け、そこに種を播き、発芽した後、水を入れる方法です。詳しくは「弥生時代稲作に田植えは無かった」 を参照願います。

この方法は、水管理を除くと畑作と変わりありませんので、畑作民族ツングース系の人たちも受け入れやすかったと思われます。

その結果、ツングース系は日本の主役に躍り出たのではないかと思われます。特に近畿地域は、縄文人が少なかったことと関係し、農耕により人口が増えたと思われます。

なお、水田稲作を北九州に導入したマレー系ですが、Y染色体ハプログループ分類では日本に30%居ることが分かっています。このうち、縄文時代に来たのが20%(マレー系A、海洋系)、弥生時代に来たのが10%(マレー系B、水田稲作系)と推察されます。

すなわち、水田稲作系(マレー系B)は10%という少数派で、かつ鉄製農具も持っておらず、日本全域で水田稲作を普及するパワーは弱かったと思われます。詳しくは「海洋系と稲作系のマレー系が別々に渡来してきた」を参照願います。

まとめますと、ツングース系は畑作民族ですが、当時の「稲の乾田直播栽培法」は受け入れやすく、これが水田稲作普及に役立ったと思われます。この結果、ツングース系は弥生時代の主役に躍り出たと思われます。

そして、まず近畿地域を支配する大王が生まれ、その支配は、東は東海、北は北陸、西は中国・四国に広がっていったと思われます。そして、東海を除けば、これらの地域は、もともと縄文人が少ない地域でした。

関連し、これらのツングース系王家の広がり(推定)を上トップ図に示しました。

なお、上記データで、「弥生時代/縄文時代」の数値について、Koyama(1978)による人口比と文科省(2012)による遺跡数比の二つのデータがありますが、両者が同様な傾向を示しました。このことは、Koyama(1978)の人口推定は、40年前のものですが、ほぼ適正なデータであったことを示すものと思われます。



日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.