fc2ブログ

継体天皇の系譜の真実性愚考

2 Comments
レインボー

継体天皇の系譜


継体天皇の系譜の真実性愚考(古代史の問題)

前回、日本書紀の記述、特に、26代の継体天皇以前の天皇は創作、または別の王家の大王名であったことを指摘しました。

今回は、記紀にある継体王の系譜の真実性について、さらに検討します。

まず、日本書紀では、継体天皇は、応神天皇から傍系の5代目の子孫とされています。その系譜を上トップ図に示しました。

この系譜図の流れから見ますと、継体天皇は応神天皇5代目の血縁者になります。しかし、応神天皇と継体天皇の間には天皇になった者はおらず傍系になります。

継体天皇は、大和の王家から請われて大王になったと言われておりますが、王宮は従来の大和王家と別の大阪北部等に作られていて、奈良・大阪の旧勢力と対立していた印象を受けます。詳しくは「継体王、小さな王宮、初代天皇か」を参照願います。

また、武烈天皇(25代)に後継者が居なかったことから想像しますと、常識的には、20代の安康天皇、22代の清寧天皇、23代の顕宗天皇、24代の仁賢天皇の子孫が次期天皇候補に挙がります(上図参照)。

また、100歳以上の天皇は創作と思われることを指摘してきましたが、継体天皇の祖先の応神天皇も111歳と100歳を超えていて年齢に疑問があり、実在性が怪しくなります。

また、最近分かったことですが、継体天皇のDNAはアイヌ系です。これまで指摘してきたように応神天皇がツングース系王家の大王であるとすると、継体天皇とは系譜が違うことになります。

以上のことから推察しますと、継体天皇が応神天皇の系譜という説明は、継体天皇を無理に応神天皇の系譜に押し入れた感じがします。

そこで、15代応神天皇~25代武烈天皇までを継体王とは別の奈良・大阪のツングース系王家としますと、次のように考えることができます。

継体天皇直前の天皇9名(17代~25代)は、年齢や在位期間がとても実在らしく見え、実在した可能性があります。特に、それら9名の在位年数の合計は103年です(下表参照)。

応神天皇由来の天皇一覧

関連し、継体天皇(在位:507-531年)前の5世紀の100年間に200mを超える巨大古墳が奈良・大阪で17基建造されています。この中のいくつかが、実在した王の陵墓とすることができ、その時代に建造された巨大古墳との関係に矛盾はありません。

問題は、それぞれの陵墓と天皇名の関係がまったく分からないことで、継体天皇とそれ以前の天皇の間に深い闇があります。

また、最後の25代の武烈天皇ですが、18歳の若さで亡くなっています。この理由として、継体天皇に滅ぼされた可能性があります。

そして、継体天皇の治世から、200mを超えるような巨大古墳建造はしばらくなくなります。その意味で、民衆を疲弊させる巨大古墳建造という悪政をストップさせたのが継体天皇になります。まさに、ここから新王朝が始まった雰囲気が感じられます。

以上の推察をまとめますと、継体天皇直前の天皇9名(17代~25代)は、朝鮮半島由来で巨大古墳建造ツングース系王家の大王となり、一方、継体天皇は、それらを滅ぼしたアイヌ系の大王となります。

結論として、前回指摘のように、日本書紀は、継体天皇を応神天皇の末裔としていますが、矛盾が多く、歴史改竄があったと思われます。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 2

There are no comments yet.
motomasaong
応神、仁徳は何故、こんなに長命にされたのでしょう?

 なるほど。確かに明治天皇が45年も在位していたお蔭で、大正天皇の在位はたった15年、平成天皇も64年も在位したから平成天皇は既に初老です。おそらく令和は短く終わり、また馬鹿げた時代に合わない新元号で各界が混乱するでしょう。

 御指摘通り、在位期間が整合性がある天皇達は理解できますが、何故、応神、仁徳だけは化け物のように長命だったという変な記録が残っているのでしょう? 歴史改竄はまず間違いあるまいと思われますが、継代以前に既に変な記録が残っていたのでしょうか? 継代が改竄したとしても、こんな変な改竄をするとは思えませんから。

 考え得るのは旧約聖書と同じで、神の化身か地上の神だったから長命だったと言う発想です。
 創世記から出エジプト記までしか読んでいないのですが、旧約聖書では、アダムは930歳で死に、ノアは950歳、モーゼは120歳で死んだとされているようです。もちろん、全くの嘘っぱちです。

 元々、ツングース系の侵略者であった応神を神格化するために最初の歴史改竄が行われ長命だと記載された。継代も自分の正当性を主張するため、天皇家であるという嘘を付き、天皇家の正当性を保障するため、元々の嘘だった応神の寿命をそのまま継承した、そんな所でしょうか?

 今の感覚で言えば、こんなバカげた寿命や神話は信用せず、それどころか嘘だと思う賢い人もいるでしょうか、たった今でもNHKは伊勢神宮を紹介するにあたって「天孫降臨したアマテラスが天皇の先祖だ」と戯言を騙り、嬉しそうに国民が日章旗を振っていました。今の日本人でさえこんなにも愚かなのですから、当時の人々は苦も無くだまされたのでしょう。哀れですね。

  • 2020/07/14 (Tue) 14:44
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: motomasaong 様、応神、仁徳は何故、こんなに長命にされたのでしょう?

motomasaong 様
たびたびの貴重なコメント、ありがとうございます。

何故、応神、仁徳だけは化け物のように長命だったか、ですが、
すべては、奈良時代にできた記紀(古事記、日本書紀)の記事ですので、当時の政権が作った話です。

ご指摘のとおり、支配者は歴史もかってに改竄するということだと思います。
騙されないように、すべての著作は、疑ってみる必要があります。
草々

  • 2020/07/15 (Wed) 07:30
  • REPLY