fc2ブログ

学研まんが(古代編)の問題点

0 Comments
レインボー

学研マンガ日本の歴史(古代、旧版)


学研まんが(古代編)の問題点(古代史の虚像と書籍)

七月になりました。関東地方は梅雨真っ最中という感じです。

さて、拙ブログでは、日本の古代史について、「日本古代史は戦前と変わっていない」という大問題を検討してきました。特に邪馬壱国(邪馬台国)所在地論争ですが、大和にあったという通説はまったくの虚構であるにもかかわらず、依然として関連の出版物が出ていることはいかんともしがたく絶望的な感じを禁じえません。

関連し、そうした私たちが聞きかじりしてきた通説の基と思われるものに小学生向け歴史書があります。その代表的なものとして、「学研まんが」があり、病院の待合室など多くのところで見ることができます。そうした関係から、おそらく多くの小学生や、その後、大人になった多くの人たちが見たことがあると思われ、歴史関係の重要書籍と思われます。

マンガで読みやすい関係から我が家では全巻(1982年発行)を揃え、子供に与えたことがあります(笑)。子供の評判では第1巻「日本のあけぼの」が面白いようでした(上の写真参照)。

しかし、その内容は、最近の研究成果が反映していない問題があることが分かりました。調べますと、改定版が「NEW日本の歴史」(2012年発行)として出ておりました(下の写真参照)。

学研マンガ(古代、新版)

読んでみましたところ、問題点で訂正されているところもあれば、訂正されていないところもありました。

間違っているのに訂正されていない、学研マンガを読み、知らないうちにウソを教えられてしまう。これは明らかに問題です。

そこで、拙ブログでは、旧著と新著のこれら問題点について検討し、歴史の虚構問題に迫りたいと思います。

なお、それらの記事は次の8点で、次回から順次、紹介していきます。

1. 学研まんが「NEW日本の歴史」で訂正、縄文時代の主食はドングリの実ではない
2. 学研まんが「NEW日本の歴史」で訂正、稲作伝来と栽培法
3. 学研まんが「NEW日本の歴史」で訂正、鉄器伝来
4. 学研まんが「NEW日本の歴史」、弥生稲作普及が早すぎる問題
5. 学研まんが「NEW日本の歴史」、邪馬台国の卑弥呼の墓の形の問題
6. 学研まんが「NEW日本の歴史」、倭の五王は大和の王でない問題
7. 学研まんが「NEW日本の歴史」、鉄剣碑文はワカタケルと読めない問題
8. 学研まんが「NEW日本の歴史」、ヤマト王権開始年代の問題


なお、こうした「古代史の虚像と書籍」に関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリ「古代史の虚像と書籍」をクリックしますと今までの記事を見ることができます。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.