fc2ブログ

神武東征の時代背景の矛盾

4 Comments
レインボー

神武東征時期の西日本(3世紀)


神武東征の時代背景の矛盾(日本書紀は創作)

拙ブログでは、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)を基に、現天皇家のルーツはアイヌ系であることが分かったことを紹介しています。

日本の正史と言われる日本書紀では神武天皇が初代天皇となっていますが、万世一系の天皇家ですので神武天皇もアイヌ系になります。

また、日本書紀では、神武天皇は、宮崎県の高千穂に降臨し、東征し、奈良(ヤマト)の反対勢力に打ち勝ち、奈良に都を建設したと述べています。

当然のことながら天孫降臨は創作ですが、このストーリイは時代背景にも矛盾が多い内容となっています。

関連し、今回は、神武東征の時代背景の矛盾について検討し、古代史の真相に迫ります。

まず、神武東征の時期ですが、ヤマト(奈良)に最初の巨大古墳(箸墓古墳)が建造されたのが3世紀ですので、この古墳を最初の天皇の陵墓、すなわち神武天皇の陵墓と見ることが一般的な感じです。

また、3世紀は邪馬台国大乱の時期で、北九州では争いごとが多いが、東に争いのない平和な地があるので、神武天皇はそこに都を構えようとしたと日本書紀から読みとれます。その意味で神武天皇東征時期は3世紀と見ることができそうです。

しかし、その後の内容が歴史的事実と合致しません。

まず、宮崎(日向)から船で大分に向かったとありますが、当時3世紀は、まだ多数の人数を乗せることができる構造船はできていません。構造船が現れるのは5世紀からです。詳しくは「馬とツングース系王家」を参照願います。

次に、吉備国(岡山)を経てヤマト(奈良盆地)に向かい、旧ヤマト勢力と激しい戦いになります。この戦いでは、兄が戦死し、やむを得ず後退しました。そこで、戦術を変え、紀伊半島南岸を通り、東の三重に上陸し、そこから攻め入り、激しい戦いをし、勝利しました。

この場面での問題は、3世紀に、神武天皇が激しく戦わなければならない巨大な勢力がヤマトにあったかどうかです。

3世紀は、ヤマトではツングース系王家が多数の人員を動員し巨大古墳を建造し始めた時代です。すなわち、神武天皇が戦った相手はツングース系王家になります。

しかし、史実から見て、アイヌ系の神武天皇が3世紀あるいはそれ以前にツングース系王家と戦って勝利したというストーリイはあり得ません。その後に建造された古墳の中にある遺跡物は朝鮮半島由来のものばかりで、それらのことが、アイヌ系王家が3世紀には無かったことを物語っています。

以上、まとめますと、アイヌ系の神武天皇が3世紀にツングース系王家と戦い勝利し、ヤマトで新王家を始めたというストーリイはあり得ません。

そこで、この神武東征の時期を、大勢の人が乗ることのできた構造船が開発された5世紀としますと、それはアイヌ系の継体王(在位:507-531年)が王家を開いた直前のこと、かつ、日向(宮崎)、吉備(岡山)、ヤマトでそれらの王家が滅びた時期であり、史実と一致します。すなわち、神武天皇=継体王になりますが、この続きは次回に報告します。

なお、神武東征と関連し、3世紀の状況について、上トップ図に示しました。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 4

There are no comments yet.
motomasaong
科学的事実による歴史観と偽造と捏造による歴史観。

「天皇はアイヌ系である」 これが科学的事実であり、その事実に基づけば、レインボーさんの学説、「3世紀にはツングース系の朝鮮半島由来の遺物しか存在しないから、アイヌ系朝廷が東征したという日本書紀の記載は、アイヌ系天皇家が後世に捏造した虚偽である事が証明される」となります。
 
「天皇は天孫降臨した神の子孫である」 この単なるファンタジーでありこの作り話を根拠にすれば、現行の天皇が神の子孫である事になります。
 さらに天皇が神の子孫であると記載している古事記には、天皇の先祖のイザナギ・イザナミが実の兄と妹で近親相姦でアマテラスとスサノオが生まれ、さらにアマテラスとスサノオも近親相姦関係にあり、姉と弟で子どもを何人も作ったと書いてあります。こんな近親相姦を繰り返していた異常な連中を神と呼び神の子孫と呼んで何とも思わないのが、天皇が天孫降臨した神の子孫であるとする現在の恥ずべき歴史観です。

 日本の歴史学者は、全員、正常な思考力もない人々であるようです。

  • 2022/03/03 (Thu) 14:40
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: motomasaong様、科学的事実による歴史観と偽造と捏造による歴史観。

motomasaong様
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

御指摘の「科学的事実による歴史観と偽造と捏造による歴史観」ですが、
「科学的事実による歴史観」はまだ少数派と思われます。

その意味で拙ブログは少数派に属しますが、微力ながら頑張って行きます。
草々

  • 2022/03/04 (Fri) 08:15
  • REPLY
佐々木修一

現天皇系がアイヌ系とは・・・おどろきです('Д')
てっきり大陸系かと思っていました。

  • 2022/03/08 (Tue) 00:22
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: 佐々木修一様、現天皇家のルーツはアイヌ系

佐々木修一 様
コメント、ありがとうございます。

最近まで、小生も現天皇家のルーツは大陸(朝鮮半島)系と思っておりました。
しかし、最近のDNA研究は現天皇家のルーツはアイヌ系であることを明らかにしました。

この結果、日本語や神社等のルーツがアイヌ系であることがすっきりと理解できるようになった感じがしています。
草々

  • 2022/03/08 (Tue) 08:07
  • REPLY