fc2ブログ

朝鮮半島由来ツングース系のルーツ

3 Comments
レインボー

ツングース系民族のルーツと移住


天皇家はアイヌ系、1. 日本民族のルーツ

4)朝鮮半島由来ツングース系のルーツ

日本にはツングース系が25%居ると推察されます。アイヌ系が35%、マレー系が30%ですので、日本3大民族の一つと分類されます。

ツングース系は、中国東北部(満州)に多く、言葉はモンゴル系、生業は北方系畑作あることが分かっておりましたが、20年前まで、彼らがどこから来たのか謎に包まれていました。

最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)は、この問題を解決しました。すなわち、ツングース系民族は、モンゴル系と中国系の混合混血民族であることが明らかになりました。Y染色体ハプログループはモンゴル系がC2、中国系がO2です。

このため、ツングース系の割合は、朝鮮半島や日本ではモンゴル系+中国系(C2+O2)で算出されます。このツングース系の日本での割合は、中国地域で35%と多く、東北地域で10%と低い傾向があります。おそらく、ツングース系は朝鮮半島から日本に移住したとき、中国地域にまず定住し広がったと推察されます。

DNA研究によれば、モンゴル系C2はアフリカで分化し、ルートは不明ですが長い年月をかけてモンゴルに着いたと推察されています。一方、中国系O2は、マレー系O1bと同じく東南アジアがルーツで、東南アジアに広がり、次いで北上し、黄河流域に広がったと推察されています。

ツングース系の言葉はモンゴル系で、文法は、主語+目的語+述語で日本語と同じです。文法が英語に近い中国語と明らかに異なります。

また、モンゴル系と中国系の比率はモンゴル系1:中国系2ですが、おそらく、放牧民族のモンゴル系の地域に中国系が流入し、中国系は畑作農耕民族ですので、ツングース系民族が確立する過程でしだいに中国系が多くなったものと推察されます。この「1:2」の比率は、日本のツングース系もほぼ同じで、日本のツングース系は朝鮮半島であることは明らかです。

5000年前頃から寒冷化時代が始まり、ツングース系は南方に移住し、現在の朝鮮人のもとになりました。また、5000年前頃、南方系のマレー系民族(マレー系A)が朝鮮半島南部の海岸部に移住してきました。さらには、3000年前頃、中国南部からマレー系Bが水田稲作を持って朝鮮半島南西部に移住してきました。

これらの結果、朝鮮半島ではツングース系とマレー系の混合混血が進み、現在の朝鮮民族ができあがりました。

日本への移住ですが、縄文時代の人骨にツングース系らしき長身のものが中部地域に散見されますので、おそらく5000年前にはツングース系の一部が渡来して居たと思われます。

彼らが多数来たのは、人骨に長身の者が多くなる2500年前以降と思われます。彼らは農耕に必要な鉄器を持っておりました。その鉄の産地として慶州(後の新羅の王都)が有名です。

当時、日本は、中山間地にアイヌ系、海岸地にはマレー系が居住し、平野部は人口希薄地帯でした。彼らは、この人口希薄地帯の平野部に入り、農耕により生計を立てたと推察されます。その後、マレー系から水田稲作を学び、稲作を広めたのがツングース系と思われます。

畑作は、肥切れや連作障害があり、連作不可能です。一方、水田稲作は、肥料は森から流れてくる水に含まれており、また、水は土壌消毒の効果があり、連作可能です。すなわち、水田は一度作ると毎年収穫があることになり、食料が安定し人口が増えやすくなります。

この水田稲作を最初に始めたのが中国南部由来のマレー系Bと思われますが、彼らは日本では10%程度の少数派です。また、鉄器はなく水田や水路を開発することはできませんでした。彼らは北九州で水田稲作を始めましたが、それは石器による稲作でした。このため、水田稲作のさらなる発展普及はマレー系Bには困難であったと思われます。

一方、ツングース系は鉄器があり、水田や水路を開発することができました。さらに、当時の稲作は、畑地に播種し、芽が出たところで水を入れる乾田直播栽培だったため、畑作民族のツングース系にも違和感なく導入できたと推察されます。

以上の結果、彼らは平地に水田を開き、日本の新しい時代と言われる弥生時代を作ったことになります。

ツングース系の日本移住で興味深いことに、日本美人のルーツがあります。すなわち、彼らの多くは、島根、京都、石川、新潟、秋田と日本海を北上しましたが、日本海美人地帯を遺しました。日本海美人の特徴に色白、高身長がありますが、それらはツングース系の特徴で、まさに、日本海美人はツングース系民族移住の証拠と思われます。

縄文時代の主要民族はアイヌ系とマレー系Aですが、どちらかと言えば、彼らは低身長、色黒です。そんななか、ツングース系の高身長、色白の姿は魅力的だったかもしれません。因みに、アイヌ系男性とツングース系女性の混血による1800年前の男性子孫の遺骨が鳥取県青谷上寺地(鳥取市)で出土して話題になりました。

関連し、以上の経過のツングース系の日本移住経過を上トップ図に示しました。


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 3

There are no comments yet.
-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2022/08/28 (Sun) 00:44
  • REPLY
motomasaong
融和と敵対

 異民族と敵対するのか融和するのか、これは全世界の歴史的大問題です。
 国境地帯で複数の民族が仲良くしていれば、若い世代は互いの言語が話せるようになりますから、当然、婚姻によって互いの民族と生活する事になります。
 2世は国境地帯ならバイリンガルになりますから、さらに意思疎通が容易になったでしょう。
 ただ、アメリカのように、白人が黒人や有色人種を差別し、黒人やヒスパニックがアジア人と敵対しているような場合もあります。
 マレー系が稲作を伝え、ツングース系が鉄製農具の技術を広め、アイヌ系が栗や山の幸を物々交換している内は良かったのかもしれませんが、ツングース系だけが支配者化し、被支配者であったアイヌとマレーが結託してツングース系の天皇を滅亡して権力を奪ったわけですが、それでも25%ものツングース系が現在もいるわけですから、権力者がすげ変わっただけであって、普通の国民はこれまで通り暮らしていた事になります。
 日本ももともとはアイヌ、ツングース、マレーの混血であるにもかかわらず、愚かにも大和民族優秀説を持ち出して中国や韓国に惨い事を繰り返し、今でも国内のアイヌを差別しています。
 少なくとも、民族は敵対するだけではなく、融和と婚姻と混血の歴史によって今の世界が出来ているのですから、やはり差別は撤廃すべきです。
 レインボーさんの学説こそが、日本での差別の完全撤廃の原動力になると考えています。
 

  • 2022/08/30 (Tue) 15:20
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re:motomasaong様、融和と敵対

motomasaong様
いつも貴重なコメント、また応援ありがとうございます。

融和と敵対ですが、ごしてのとおり、歴史的にも世界的問題であり、重要と思われます。
そこで、この方面は拙ブログの本題ではありませんが、役に立てば幸いです。
草々

  • 2022/08/31 (Wed) 09:43
  • REPLY