fc2ブログ

これからの(12月)の記事アップ予定

2 Comments
レインボー

古代の真相(ツングース系王家からアイヌ系王家へ)

これからの(12月)の記事アップ予定

現天皇家はアイヌ系継体王によって507年に始まったこと、それ以前は朝鮮半島由来ツングース系王家であったことをまとめてきました。

そのツングース系王家の実在については、日本古代史では無視され、代わりに大和朝廷と呼称されていますが、現在ある天皇家はアイヌ系であり、それ以前にあったツングース系王家とは明らかに異なり区別されるべきです。

この違いは、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)や多数の遺跡から確実な歴史事実と判断されます。この様子を上トップ図に示しました。

このことがなぜ公表されないのかについてまとめますと、おそらく日本古代史学会の怠慢です。これまでの学説を変えたくないという学問とは言えないものが学会のなかに満ちあふれている、という感じでしょうか。おそらく、若手研究者は、教授に背くと危険なので、焦燥感を感じながら黙っているのでしょう。

このため、新聞テレビでも「現アイヌ系王家の前に朝鮮半島由来ツングース系王家があったこと」が公表されるそのようになるには、さらに10年以上かかると思われます。

しかし、拙ブログでは、微力ですが、このことについては、さらに検討していきます。

そして、拙ブログの次の予定ですが、「北九州倭国の繁栄と滅亡」について、来年1月からまとめる予定です。この「北九州倭国」の実在も一部の研究者が認めるだけで、日本古代史主流派から無視されていますが、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)の結果も踏まえ、真相に迫る予定です。

一方、来年までの1ヶ月(12月)予定ですが、次の4小課題について紹介する予定です。

① 「天皇家はアイヌ系」が無視されている現状(来週12月14日頃)
② 神武東征は本当だった愚考(12月21日頃)
③ 十五朗穴横穴群(横穴古墳)に葬られた人々(12月28日頃)
④ 年末のご挨拶(12月30日頃)

なお、下の写真は我が菜園のコスモス(10月)です。小生は家庭菜園を楽しんでいますが、歴史ブログの閑話休題として、ときどき、その様子を写真で紹介しています。

コスモス10月菜園(歴史ブログ)


レインボー
Posted byレインボー

Comments 2

There are no comments yet.
motomasaong
楽しみです。

 真実と言う物が表に出て常識となるには時間を要します。
 支配者や権力者にとって都合のいい学説や戦争の役に立つ核兵器の技術はすぐ実現します。
 ところが、地動説のように、権力者に不都合な学説は徹底的に弾圧されるか無視されます。
 医学でも、ずいぶん長い間、「児童虐待など存在しない」という「データ」と「証拠」と「反証」と「学説」を公表し続けている精神科医が大勢いました。
 困った事に、虐待とその影響を報告する論文が50本、虐待などないと言う論文が60本あると、多数決の理論では後者が真実だと誤認され、少なくとも虐待があると言う学説の価値が半減します。
 ただし、DNA分析の技術は否定しようがありませんから、右翼や自民党に出来るのは、徹底的な無視だけです。無論、教授連は天皇アイヌ系という事実を決して認めようとしないし、そう主張する学生には学位を与えないでしょう。
 それでも、一般の人々に理解出来るようにデータと学説を提供すれば、賢明な人ならば、むしろ歴史の専門でない人の方が、客観的にその真実性を看破してくれるでしょう。
 今後のご活躍に期待しています。

  • 2023/12/08 (Fri) 11:16
  • REPLY
レインボー
レインボー
Re: motomasaong 様、楽しみです。

motomasaong 様
いつもコメント、ありがとうございます。

ご指摘の「それでも、一般の人々に理解出来るようにデータと学説を提供すれば、賢明な人ならば、むしろ歴史の専門でない人の方が、客観的にその真実性を看破してくれるでしょう」ですが、まったく同感です。

そして、日本の大学教授というものの本質が、いつか明らかになってくることを期待しております。

  • 2023/12/09 (Sat) 08:00
  • REPLY