fc2ブログ

日本稲作ルーツのまとめ (稲作と日本人)

0 Comments
レインボー
稲の日本への道

日本稲のルーツと稲作のルーツについて、いろいろと愚考してきました。今回は、まとめをします。

まず、今までの拙ブログ報告を下の表のようにまとめてみました。また、日本への稲の道を上の地図に示しました。この表と地図の概要を説明しますと、次のとおりです。

日本稲作の由来と歴史

まず、稲の栽培種にはアジアのサテバ種とアフリカのグラベリマ種がありますが、日本稲の元になる日本型稲サテバは、氷河期にスンダランド(現在のインドネシア)というところに野生しておりました。そして、そこに住んでいたマレー系の人々がその稲籾を集め食料にしていました。

それは、ブル種と言われる種類で、籾は実ると自然と地上にこぼれ翌年の種子になりました。そして、雨期になると発芽し、乾期がくると実りました。雑草に負けない高さがあり、このため、雨が降ると毎年発芽し、自生することができました。

マレー系の人たちが、それを食料として利用し始めたのは、氷河期が一時的に終わる2万年前頃でした。

氷河期が本格的に終わる1.2万年前頃になると、スンダランドの大半は海に沈み、稲のあった低湿地も海の中に沈み、コメの収穫が少なくなりました。そこで、マレー系の人々は、その籾を使い、栽培を始めました。これが世界の稲作の始まりと思われます。

そして、さらに、マレー系の人たちは新たな居住地を求め、近くの中国南部に移住し稲作を広めました。その結果、山間地の照葉樹林文化地帯では陸稲、揚子江低地の江南地方では水稲として栽培されるようになりました。

とくに、揚子江流域の稲作は規模も大きく、収量も多く、世界初の稲作文化が開花し、これが世界稲作の始まりと評価されるようになりました。

一方、中国山東省当たりに広がった稲は、日本でも栽培できる早生品種でした。そこで、同じくマレー系の人々が、その種子を日本へ導入し、陸稲栽培が1万年前頃から始まりました。

そして、日本では、朝鮮半島からの鉄器導入で水路、畦、均平が可能になり、水田稲作(弥生時代)が始まりました。さらに、稲作の基本技術となる代掻きと田植えが平安時代後期から始まり安定収量を得るための稲作技術が確立し、その技術は中山間地では江戸時代に棚田開発を促進しました。

以上、簡単ですが、日本稲のルーツと稲作の発展経過は、最新の情報をまとめますと以上のような感じかと思われます。なお、このような日本への稲作導入に関心のある方は、拙ブログ左側にありますカテゴリーの「稲作と日本人」をクリックしますと今までの記事を見ることができます。

なお、下の写真は、マダガスカル低地のブエニイ(Boeny)の稲作地帯の様子です。日本稲の故郷スンダランド低地は、このような環境が広がっていたのではないかと思っています(笑)。

マダガスカル稲作地帯とブエニイ


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.