fc2ブログ

上からの命令に頼る日本人の性質は変わったか(縄文思想と日本人)

2 Comments
レインボー
新聞記事ドナルドキーン2017年8月12日

先日(2017年8月12日)の東京新聞2面に「色あせぬ72年前の忠告」と題し、ドナルド・キーン氏の「東京下町日記」が掲載されていました。

上の写真は今回の東京新聞の記事ですが、ドナルド・キーン氏は、戦争中は日本人捕虜の通訳の仕事で日本通になられた方で、彼の記事は、「日本人論」と関連し、いつも興味深いと思っているところです。

その記事では、「日本人が上からの命令に頼る性質を清算しなければ、ある一つの独裁政権から別の独裁政権に移行する可能性がある。連合軍からの布告がなければ何もできないようでは、日本国民が政治的自立に向かって歩き出すとは思えない」。と、通訳仲間テッド氏からの72年前(終戦直後)の手紙(忠告)を紹介しておりました。

前置きが長くなりましたが、今回は、その記事にあります「上からの命令に頼る日本人の性質」と拙ブログのテーマ「縄文思想」の関係について愚考します。

いきなり結論ですが、「上からの命令に頼る日本人の性質」のルーツ、これも「縄文思想」に由来すると思われます。「縄文思想」のベースは自然との共生ですが、この考えは対立よりも共生です。悪く言いますと自然にまかせるのが良い、その結果、自分であまり考えない、ということだと思います。この自分であまり考えない性質が「上からの命令に頼る日本人の性質」になっているのだと思います。

そして、ウソを平気で言う政府の政治家など、憂うる日本の現状をこの記事は示唆していたと思われます。

一方、その記事では、「(東条英機元首相について)、人々は「もう誰も元首相を相手にしない」と蔑視した。だが戦争初期には熱狂的に支持しながら、終戦後に罵声を浴びせることに苦言を呈する、冷静な人も少なからずいた」、という指摘もありました。

この「冷静な人も少なからずいた」ですが、先日の東京都議会選挙結果から判断しますと、この「冷静な人」が増えており、日本人の気質がいい方向に変わっているような気がします。

なお、下の写真は記事と関係ありませんが、自然との共生を目指した我が無農薬菜園の様子で、果樹キウイの木の様子で、10月が収穫期です。

無農薬菜園のキウイ2

無農薬菜園のキウイ1


日本史ランキング

レインボー
Posted byレインボー

Comments 2

There are no comments yet.
pil
こんにちは

「上からの命令に頼る日本人の性質」と「縄文思想」の関係、興味深く拝見しました。
自然に抗わない『共生』を基本とした考えが、結果的に成り行き任せ、他人任せの性質につながったというお考え。
よく日本人には『事なかれ主義』が多いと言われますが、そう考えるとルーツは深いですね。
そういう私も、流れに身を任せるタイプです^^

鈴なりのキウイ、収穫が楽しみですね♪ 

  • 2017/08/19 (Sat) 21:02
  • REPLY
レインボー
Re: pilさん、事なかれ主義

pilさん
いつも貴重なコメント、ありがとうございます。

ご指摘の「事なかれ主義」、
これも縄文思想と関係しているという見方は当たっていると思います。

なお、キウイは楽しみです(笑)。
草々


> 「上からの命令に頼る日本人の性質」と「縄文思想」の関係、興味深く拝見しました。
> 自然に抗わない『共生』を基本とした考えが、結果的に成り行き任せ、他人任せの性質につながったというお考え。
> よく日本人には『事なかれ主義』が多いと言われますが、そう考えるとルーツは深いですね。
> そういう私も、流れに身を任せるタイプです^^
>
> 鈴なりのキウイ、収穫が楽しみですね♪ 

  • 2017/08/20 (Sun) 06:40
  • REPLY