fc2ブログ

女性シャーマンのルーツ(北方系と日本人)

0 Comments
レインボー
マダガスカルの古代の女性像

日本語はアイヌ系、韓国語はツングース系(モンゴル系)であり、日本と韓国は言語や文化のルーツが異なることを拙ブログでは紹介しておりますが、非常に似た宗教観があることが分かりました。

それは女性シャーマン(女性祈祷師)ですが、今回は、この韓国と日本の女性シャーマンのルーツについて愚考します。

「韓国文化のシャーマニズムパワー」 http://www.toyo-keizai.co.jp/news/essay/2009/post_3697.php  )という韓国人の記事があり、「心配事があると母が女性祈祷師のところに頻繁に相談に行っていたこと」が紹介されていました。

一方、日本人の私の母の場合ですが、同じように「神様」(女性祈祷師)のところに、心配事があると頻繁に相談に行っていたことがあり、まったく同じことが紹介されていました。私の母によると、占い(予測やお祓い)はよく当たり信頼できる神様だったようです。

母が相談に行っていた神様に私も会ったことがあります。50年前のことですが、その神様は、色白で目が細く吊り上っていて、キツネ顔の容貌で、今思うと、ツングース系の神がかった容貌でした。

素人ながらシャーマンについて考えますと、アイヌにもシャーマンは居ますが、ほとんどが男性です。その影響なのか、日本のシャーマン(神主)の大半は男です。

また、世界を眺めますと、女性シャーマンはいろいろと知られておりますが、ヨーロッパの魔女の場合、魔術を使うとか言われ、社会から認められておりません。また、アフリカにもシャーマンがいますが、ほとんどは男性です。それらの人々は、地域の人から信頼されている韓国と日本の女性シャーマンとは違う感じがします。

そこで、日本の女性シャーマンのルーツについて推察しますと、ツングース系の韓国では古くからの土着宗教として女性シャーマンが知られております。拙ブログでは多数のツングース系の人達が日本へ移住してきたことを紹介しておりますが、その移住過程で、そのツングース系の女性シャーマン信仰が日本にもたらされ日本に広がったのではないかと思います。

また、拙ブログでは、ツングース系民族はモンゴル系と中国系の混血であることを指摘していますが、モンゴルにも多数の女性シャーマンが居ることが知られております。ということは、韓国の女性シャーマンのルーツはモンゴルにある可能性があります。

以上、日本と韓国の女性シャーマンの類似性とルーツ愚考でした。

なお、上と下の写真は、記事と関係ありませんが、マダガスカルの昔の人の女性像やお墓の様子です。

マダガスカルの古代の女性像ふんどし着

マダガスカルの古代のお墓


日本史ランキング
レインボー
Posted byレインボー

Comments 0

There are no comments yet.