2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

卑弥呼は北方系色白美人であった愚考(邪馬台国と日本人)


ツングースとマレー系と邪馬台国

邪馬壱国(邪馬台国)の場所はどこか、九州か機内か、未だに論争している感じがします。

今回は、その邪馬台国と関連し、素人ながら女王卑弥呼のルーツに迫ります(笑)。

卑弥呼は邪馬台国の女王ですが、「卑弥呼は鬼道に通じ人を惑わす」とあります。これは、卑弥呼が女性シャーマン(祈祷師)であり、その才能があり、女王として祭りあげられたのだと思います。

この女性シャーマンについて先日(2日前)、北方(韓国)にルーツがあることを紹介しました。一方、北方と関連し、秋田美人のルーツは色白長身の北方系であることも紹介しました。これらのことから愚推しますと、直感ですが(笑)、卑弥呼は北方系の色白長身美人の女性シャーマンであったことを想像させます。

倭国は倭人の国の呼称ですが、倭人とは低身長の人の蔑称で、倭国にはそのような人達が多く居るので倭国と言われていたと思われます。拙ブログでは、その低身長倭人のルーツは稲作民族のマレー系であり、彼らは当初は北九州に居住した、と紹介してきました。

低身長で色黒のマレー系の人達が多い倭国において、長身色白美人の卑弥呼は目立った存在、憧れの存在であったような感じがします。そして、マレー系の倭人にはない鬼道に通じており、多数の国をまとめるカリスマ性があったと想像できます。

なお、卑弥呼の鬼道について、呪術を用いることもある中国の道教と同じという説もありますが、卑弥呼が居た3世紀には道教は日本に入ってきた様子はなかったことから推察しますと、卑弥呼の鬼道はツングース由来と思われます。

まとめますと、卑弥呼は北方系の祈祷師であり、その能力とカリスマ性によって倭国を統合していたと思われます。一方、大和政権ですが、女性祈祷師の存在は弱く、祈祷師(神主)のほとんどは男性であります。女性に巫女という役柄がありますが、祈祷はまかされておりません。この意味において卑弥呼の倭国は、畿内の大和政権とは違う系統であり、その場所は九州にあったと思われます。

関連し、上の地図はその邪馬台国の場所と卑弥呼のルーツです。

また、下の写真は記事と関係ありませんが、我が有機菜園の隅に自生している秋の花の様子です。

菜園の雑草と花9月


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/09/11 06:52 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR