FC2ブログ
2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

イチ、ニ、サン、日本語になった中国語のルーツ(日本語のルーツ)

福建省と日本


イチ、ニ、サン、日本語になった中国語のルーツ(日本語のルーツ)

現在の標準中国語の数え方は、イー、リャン、サン、スーです。一方、日本語では、イチ、ニ、サン、シ、です。関連し、今回は日本語の中の中国語のルーツについて愚考します。

私は、マレーシア北部(ペナン島)に3年間住み、華僑(中国人)の人たちと付き合いました。そこにいた中国人はホッケン(福建省)出身の人々で、中国地方語のホッケン語を話していました。

そのとき、ホッケン語で1、2,3、4、5、6、7を、イー、ジー、サン、シ、ゴ、ラ、チと発音していました。その発音は日本語とほぼ同じで、日本語の起源はここにもあると思ったしだいです(笑)。

そこで調べますと、「<在日中国人のブログ>日本語と福建語の発音はなぜ似ているのか?」http://www.recordchina.co.jp/b49158-s0-c60.htmlという記事が見つかりました。

その記事では、現代日本語と福建語の発音が似ていることについて中国人も驚いたこと、調べるとそのルーツは呉の言葉が日本に仏教とともに入ってきたことに由来するようであること、呉の一部だった福建省の人は今でも呉の言葉(呉音)を使っていること、などが紹介されていました。

まとめますと、私がマレーシア北部(ペナン市)で聞いた中国語は、日本に仏教と共に入ってきた中国語で、昔の呉の国の言葉になります。中国の福建省の人達は、その言葉を今でも使っていることになります。

関連し、呉と福建省の場所を上の地図で示しました。

また、次の小話は、稲研究関係で中国南部(貴州省)を訪問したときのときの思い出です。これは本当にあった話です(笑)。

私   :向こうに見えるのは耕作用の牛ですか?
美人通訳:あれはミズウシ(水牛)です。(微笑)

私   :おや?今日の帰り道はいつもと違いますね。
美人通訳:こちらがキンドウ(近道)です。(笑)

さらに、下のマンガ絵でくつろいでいただければ幸いです。

マンガ絵困るなウオです。


日本史ランキング
スポンサーサイト
[ 2017/10/05 07:25 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(4)
こんにちは。

福健省とのつながり、地理的にも歴史的にも考えられますよね。

それにしても1.2.3・・・の発音、これほど似ているとは・・・

楽しくびっくりです。ありがとうございました。
[ 2017/10/05 14:58 ] [ 編集 ]
福建語、広東語
言語は面白いですね。
私は30年近く前、韓国に駐在家族で住んでから
日本語の教師の資格を取って日本で教えていました。
勉強をしているとき教授陣は普通語(呉音や漢音)だけに
目を向けていました。
香港でまた駐在家族で住んで10年近く。
韓国語と日本語の関係よりもっと深い関係があるように思います。
広東語は中国語の古語であることや官語であったことも知り、
多くの言葉が福建語を含めた広東語から来ていることに驚いています。
文語ではなく口語が主なので研究が進まなかったと思われます。
LIFE WORKとして何か形に残そうと思っているところです。
言葉は本当に面白いし、政治的背景も含め広東語が普通語に押されて
使う人がなくならないようにと思います。
10年勉強したので後10年あれば何か形になるかと思っています。
[ 2017/10/05 21:47 ] [ 編集 ]
Re: 大川原英智 様、福健省とのつながり
大川原英智 様
貴重なコメント、ありがとうございます。

福健省とのつながりですが、中国人も知らなかったようですから、
歴史というのは知らないことばかりですね。
草々

> こんにちは。
>
> 福健省とのつながり、地理的にも歴史的にも考えられますよね。
>
> それにしても1.2.3・・・の発音、これほど似ているとは・・・
>
> 楽しくびっくりです。ありがとうございました。
[ 2017/10/05 22:19 ] [ 編集 ]
Re: メロンボールさん、福建語、広東語、日本語の関係
メロンボールさん
貴重なコメント、ありがとうございます。

福建語、広東語、日本語の関係、面白いですね。
広東語については、マレーシア南部クアラルンプールで使われていました。

広東語と福建語、隣同士なのに全然違う、しかし漢字は同じ、面白いと思いました。
LIFE WORK、期待しております。
草々

> 言語は面白いですね。
> 私は30年近く前、韓国に駐在家族で住んでから
> 日本語の教師の資格を取って日本で教えていました。
> 勉強をしているとき教授陣は普通語(呉音や漢音)だけに
> 目を向けていました。
> 香港でまた駐在家族で住んで10年近く。
> 韓国語と日本語の関係よりもっと深い関係があるように思います。
> 広東語は中国語の古語であることや官語であったことも知り、
> 多くの言葉が福建語を含めた広東語から来ていることに驚いています。
> 文語ではなく口語が主なので研究が進まなかったと思われます。
> LIFE WORKとして何か形に残そうと思っているところです。
> 言葉は本当に面白いし、政治的背景も含め広東語が普通語に押されて
> 使う人がなくならないようにと思います。
> 10年勉強したので後10年あれば何か形になるかと思っています。
[ 2017/10/05 22:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR