2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

水田稲作は鉄の農具があって初めて可能(稲作と日本人)

稲と鉄の書物


水田稲作は鉄の農具があって初めて可能(稲作と日本人)

稲作と関連し、弥生時代開始期を3000年前からとするのは早すぎることについて前回(1月10日)検討しました。今回は、水田稲作は鉄の農具があって初めて可能であることについて愚考します。

水田稲作は、畑作と比較し、水が栄養を運ぶため肥料を入れなくとも収量があり、日本の歴史を作った作物と高く評価され、そのためか、古代稲作について調べますと、その水田稲作のルーツは何処か、誰が持ち込んだか等の議論が多い感じがします。

一方、古代稲研究者の佐藤洋一郎らの研究により、稲が4000年以上前から他の作物に混じって畑地で栽培されていたことは周知の事実になりつつあります。最近の研究を見ますと、縄文稲と弥生稲は日本型の稲で同じという結論になっています。ということは、弥生時代に水田が作られましたが、そこに先に導入されていた縄文稲が作られた可能性があります。

一方、水田を考えた場合、水を貯めるための畦作り、水路の造成、いわゆる土木工事が必要となります。しかし、水田を作るための鉄製の農具がなければ、それはできません。木製の農具とか木を伐採するための石器はありましたが、それらで水田を作ることは困難です。

そこで、2500年前頃、鉄製の農具が中国から入ってきて、水田稲作が初めて可能になった、と言えましょう。前回紹介の弥生時代の人口変化で、鉄の導入時期から増加に転じたのは、そのことの証拠と思われます。

鉄については、「稲と鉄」(さまざまな王権の基盤)という書物が1983年(昭和58年)に出版され、それに詳しく研究の結果が紹介されています(上の写真参照)。それによると、鉄利用には、①製品を大陸から導入し利用、②鉄を加工し利用、③鉄を生産し利用、の3段階があり、①の時期は短く弥生初期の時代だけで、②の時期が弥生中期に起きている、とあります。

弥生中期を1世紀頃としますと、日本では、九州で人口増大が進み、奴国が中国に朝貢したときであります。この時代、奴国で鉄加工ができていた時代であり、原料の鉄を求めて、朝鮮半島を経て、中国と交流しようとしていた様子を想像することができます。

まとめますと、水田稲作は鉄の農具があって初めて可能であり、それを大陸から移入できた北九州において、2500年前頃から水田稲作が開花し、さらに1世紀には鉄加工技術が加わり、水田稲作と、それを支える鉄が全国に広がっていったと予想されます。

なお、下の写真は、「稲と鉄」にある図表および写真で、水田稲作は北九州から広がった様子、その下の写真は鉄を使った農具で、木製の鋤(すき)の先端に鉄をはめ込んであります。

稲作が北九州から伝播した様子

鉄をはめこんだ古代の鋤


日本史ランキング
[ 2018/02/03 08:19 ] 稲作と日本人 | TB(-) | CM(4)

百済王の名前はマレー語で読める(日本語のルーツ)

百済王名と万葉仮名読みとマレー語の関係


百済王の名前はマレー語で読める(日本語のルーツ)

拙ブログでは、万葉仮名=日本語の読み=マレー語読みについて検討してきました。

今回は、マレー系民族の国と思われる百済の王の名前は万葉仮名で読めるのか検討します。

まず王命リストは「百済の歴代王年表」によります。そして、その王名のリストに万葉仮名読み(推定)とマレー語、その意味(English)を加えた表を作りました。その表は上のとおりです。

この表には31代の王命がありましたが、百済の初期の支配者がツングース系扶余族と言われているためか理解困難でしたので初代~14代は検討から外しました。さらに中国系と思われる名前、例えば武王など1文字の名前がありますが、これも検討から外しました。

この表から、百済王の15代以降の名前を万葉仮名で読むと対応するマレー語があることが分かります。さらに、その名前は王名にふさわしい名前であること、例えば、アカ王(国家の基本を作った王)、テシ王(前進続ける王)、クニシ王(武力の強い王)などがあります。これらを別に下表にまとめました。

百済の歴史を観ますと、3世紀頃の建国以来、隣国の高句麗、新羅、唐の圧迫を受け、戦争ばかりしている印象を受けます。その意味で、王は強いリーダーシップが求められ、強そうな名前の王が多くあるのではないかと思われます。

まとめますと、歴代の百済王の名前を万葉仮名で読むと、王名に相応しいマレー語になっています。前回(4日前)の報告とあわせますと、百済にはマレー語に因んだ地名と王名があり、かつ稲作民族の国であり、この意味で、百済王国は倭国と同じくマレー系民族によって作られた国である可能性があると思われます。

百済王のマレー語の意味


日本史ランキング
[ 2018/01/30 07:58 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(0)

百済王国地名はマレー語由来(日本語のルーツ)

百済関係地名入り地図


百済王国地名はマレー語由来(日本語のルーツ)

百済(くだら)王国は朝鮮半島南西部に3世紀頃から現れた国家です。その頃、日本では北九州に邪馬壱国(邪馬台国)があった時期ですが、百済と邪馬台国は、近接しており、かつ稲作民族国家であったことからたいへん似た要素をもっています。

日本人のルーツについては、最近のDNA研究(Y染色体ハプログループ分類)によれば、アイヌ系が35%、マレー系が30%、中国系とモンゴル系混血のツングース系が30%、その他5%です。マレー系民族は稲作民族であることを紹介してきましたが、拙ブログでは、日本稲作についても、そのマレー系民族が深く関わってきたことを紹介してきました。

一方、百済のあった朝鮮半島ですが、マレー系が日本と同程度の30%もいます。そして、百済王国後期の中心地域であった忠清南道扶余郡に約2500年前の松菊里弥生遺跡がありますが、この遺跡は北九州にある日本最古の弥生遺跡の菜畑遺跡や板付遺跡と同時代のものと評価されています。これらのことから、百済と邪馬台国(倭国)は、マレー系民族によって稲作が始まり、ほぼ同時代に同民族によって作られた国家と推察されます。

また、マレー語の発音が日本語と似ていると言われます。そこで考えますと、マレー語発音=漢字(万葉仮名)=日本語発音、の可能性がありますが、万葉仮名が、同じマレー系民族の国と思われる百済と倭国で使われていたことが分かれば、この謎は解けます。

そこで、今回は、百済の首都などの古代漢字地名を万葉仮名で読み、それがマレー語なのか愚考します。なお、百済の地名については、「百済の歴史」を参考にしました。

松菊里弥生遺跡を含め、調べた地名と場所を上の地図に示しました。そして、その地名と万葉仮名読みとマレー語の意味は下表のとおりです。

百済関係地名とマレー語の関係

まず百済の首都地名ですが、万葉仮名風に読めば、それに対応するマレー語があります。特に最後の首都となる泗沘城はサヒ城と読み、マレー語sahihの意味はauthentic(本物)であります。泗沘城は高句麗から追われて作った山城ですので、まさにサヒ城は本物の守りの城でマレー語のサヒ(authentic)であったと理解できます。

また、朝鮮半島南端にあった伽耶国ですが、カヤと読み、マレー語kayaの意味はrich(豊)でありです。魏志倭人伝で有名な「魏志」によれば伽耶は鉄を産出し農作物も豊かであることが紹介されています。まさに伽耶はマレー語のkaya(rich)であったと理解できます。

さらに、拙ブログでは、「魏志倭人伝に出てくる日本の地名はマレー系言語」であったこと紹介しましたが、百済の地名でも同じであったことが考えられます。

さらには、百済はクダラと万葉仮名で読めないことが知られておりますが、「クダラ(kudara)はマレー語でbrotherであること」、関連し、倭国の人達は同じマレー系の民族として百済を兄弟(クダラ=brother)と呼んでいたことから、そのような読みになったことを拙ブログで紹介してきました。

まとめますと、百済の国家は、初期は満州に居た扶余族が支配者となって形成されたと言われておりますが、周辺状況や残された地名から、ベースとなった民族はマレー系の人々であった可能性がさらに深まりました。


日本史ランキング
[ 2018/01/26 08:18 ] 日本語のルーツ | TB(-) | CM(2)

エカタシロ(ワカタケル)大王の意味(邪馬台国と日本人)

5~6世紀の日本とエカタシロ大王


エカタシロ(ワカタケル)大王の意味(邪馬台国と日本人)

前回(4日前)、埼玉古墳で見つかった「稲荷山古墳出土鉄剣の碑文」について、そこに記されている王の名前はワカタケルでなくエカタシロであったことを紹介しました。

今回は、エカタシロ大王の意味について愚考します。

まず、埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣の碑文の「獲加多支鹵」大王ですが、これは、万葉仮名では「ワカタケル」と読めない。あえて読めば「エカタシロ」、あるいは「エツカタシロ」であることを、「獲加多支鹵の訓は "ワカタケル" で正しいか -銘文を中古音で訓む-」の情報から指摘しました。

一方、「獲加多支鹵」大王の名前については、熊本県の江田船山古墳出土の鉄刀銘文にも同じ名前があることが知られております。古墳の時代が5世紀末~6世紀初ですので、埼玉古墳と同時期のものと思われます。そして、これも「ワカタケル」と読み、幼武(わかたける)と呼ばれていた雄略天皇のことでないかと言われております。

しかし、当時の5世紀後半の状況は、熊本(九州)も埼玉(関東)も畿内の支配が及んでいなかったことが明らかです。因みに、拙ブログでは、熊本は倭国の大王(武)の支配下にあったという説を支持しております。また、関東には別の大王が居たと考えています。

一方、鉄剣碑文文字は万葉仮名が使われていますが、当時、北九州の倭国に居たマレー系の民族がマレー語の万葉仮名を使い、中国と交流していたことを拙ブログでは指摘してきました。

そこで、「エカタシロ」大王の意味をマレー語で翻訳しますと次のようになります。

エカ(eka)=一つ(single)、タシ(tasih)=愛(love)、ロ(roh)=精神(spirit)、すなわち、エカタシロ=愛の精神をもった者=慈悲深い者(大王)

そして、この解釈を取るなら、「エカタシロ」大王は、個人を表す固有名詞でなく、偉大な大王を表現するときの枕言葉となります。すなわち、九州にも、関東にも、それぞれの固有名詞を持った慈悲深い(エカタシロ)大王が居たと思われます。

そして、なぜ、エカタシロというマレー語表現が関東でも使われたのかですが、それは、稲作拡大とともに、稲作を担っていたマレー民族が関東にも拡大し、九州の倭国のエカタシロ大王が関東にも知られていたからと思われます。詳しくは後ほど紹介したいと思います。

なお上の地図は、それらの状況を示した5世紀末~6世紀初頭の日本の状況です。


日本史ランキング
[ 2018/01/22 08:24 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(3)

関東地方に大王が居たのか(邪馬台国と日本人)

エカタシロ大王と古墳


関東地方に大王が居たのか(邪馬台国と日本人)

ブログ仲間が「古墳は語る(13)~前方後円墳の一番多い県はどこ?」で、1位が千葉、4位が奈良と、関東が畿内より前方後円墳が多いこと、関連し、前方後円墳が畿内政権(大和政権)の管理の下に作られたとは言えないことを紹介しておりました。

巨大な前方後円墳が作られた4世紀後半が畿内政権の確立した時期とみられますが、それ以前にも前方後円墳が各地で作られていることから推察しますと、前方後円墳というのは、地域大王の象徴であり、畿内政権とは独立した存在という指摘は、そのとおりの感じがします。

関連し、今回は、前回と同じく、遺跡の数から古代の人口を推定した小山(1984)のデータを用い、畿内と関東の古代の人口変化から、「関東地方に大王がいたのか」について、愚考します。

まず、それぞれの古代の人口変化を示しますと、下の図のとおりです。関東と畿内、それぞれ同じような変化ですが、弥生時代開始、すなわち、稲作が確立し人口が増加し始めるのは僅かに畿内が早く、2300年前頃、そして、50年遅れて関東で増加が始まる、という感じかと思います。

古代における関東と畿内の人口変動

ということは、人口が増え、国ができるときの年代差はわずか、関東においては50年遅れで大王が出現していた、と思われます。そこで、古墳時代初期の大王墓と思われる20m以上の前方後円墳をまとめますと、下表のとおりです。すなわち、畿内で最も古い前方後円墳はホケノ山古墳(奈良)で3世紀前半の建造、関東で最も古い前方後円墳が神門(こうど)15号墳(千葉)で3世紀中頃の建造です。 ここでも50年の遅れがある感じです。

最古の前方後円墳(全長20m以上)

一方、拙ブログでは、埼玉古墳で見つかった「稲荷山古墳出土鉄剣の碑文」から、そこに記されている王の名前はワカタケルでなくエカタシロで、6世紀に畿内政権に支配されていないことからエカタシロ大王が関東に居たと推察しました。

関連し、古墳数を入れた関東地図を作りますと上図のとおりで、埼玉古墳は畿内よりも多い古墳に囲まれていた地域であります。まさに、関東にエカタシロ大王が居たとすれば、畿内の大王と同じくらい大きな大王であったことを思わせます。

まとめますと、畿内と関東における弥生時代以降の古代の人口増加はほぼ同じで、畿内がわずかに早く、弥生時代と古墳時代が始まった。そして、それぞれの地域に大王が居て、関東にはエカタシロ大王が居た、と思われます。


日本史ランキング
[ 2018/01/18 08:31 ] 邪馬台国と日本人 | TB(-) | CM(4)
検索フォーム
日本人の縄文思想と稲作のルーツ
日本人のDNAと縄文思想と稲作のルーツについて海外経験と最新情報を元にユーモアをまじえて迫ります

レインボー

Author:レインボー

私は稲仕事の関係からいくつかのアフリカとアジアの国々で暮らし、日本人のルーツはアフリカまで辿れること、その思想は自然との共生思想(縄文思想)であること、稲はマレー系の人々が持ち込んだことを実感しました。その経験をベースに、日本人のDNAと稲作のルーツに迫ります。なお、ペンネームは、「虹を見る歴史思考」という拙ブログの手法と関連し「レインボー」とします。どうぞよろしく。
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR